ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  経営  新規事業開発  【オンライン】新規事業開発で活かせるコア技術の見極め方法

開催日 2022/02/04 (金) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

【オンライン】新規事業開発で活かせるコア技術の見極め方法

主催 一般社団法人 企業研究会 講師 古庄 宏臣 氏 受講料 46,200円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
本セミナーはWEB会議システム(ZOOM)を利用して開催いたします。
ご自宅やオフィスなどからご受講可能でございます。


社会の変化は激しく、変化のスピードも速くなっています。既存事業が他社の技術革新によって短期間で駆逐される厳しい時代となりました。企業は新規事業開発により進化していく必要があります。

しかし、闇雲に「ニーズがある」という理由で飛び込めばレッドオーシャンの中で自社が疲弊する可能性があります。これからは、自社のコア技術を強みとして活かすことで新しい事業を立ち上げて行くべきです。

このセミナーでは、新しい事業を起こす可能性のある自社コア技術とはどのようなものなのか理解頂くため、どのようにして自社コア技術の“新規事業性を評価”するのか、その評価したコア技術をどのように活かして“新規事業を構想”するのかを具体的な事例も交えて解説いたします。
それによって、これまで自社内で常識とされていた技術者目線とは異なる「技術に対する目線」を学んで頂きます。

セミナーの対象者はこんな方です

研究開発部門や新規事業開発部門の方
  特典
開催日時 2022/02/04 (金)     10:30~ 16:30     (受付  10:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/01/28
主催会社 一般社団法人 企業研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 46,200円
開講場所 ZOOM配信(会場での受講はございません)
  

講師
古庄 宏臣 氏 講師写真

古庄 宏臣 氏

知財務株式会社

カリキュラム、
プログラム
1.イントロダクション
  ・ニーズ起点での新規事業開発が限界にきている
  ・技術の棚卸とは


2.自社コア技術の新規事業性評価

 2-1.要素技術の分解
  ・技術レイヤーで分解する
  ・製品技術、コア技術、基盤技術
 2-2.技術の評価
  ・ユーザー目線で技術を評価する
  ・評価の要は「効能」
 2-3.技術の活かし方
  ・組み合わせによる新たな効能創出
 2-4.市場機会の考察
  ・社会の変化から生じる新たなニーズ
  ・ニーズの見極め
  ・市場性評価


3.コア技術を活かす新規事業構想

 3-1.新規事業の組み立て方
  ・効能の明確化による事業ドメインの検討
  ・競合の把握
  ・STP分析
 3-2.新規事業構想の評価


4.おわりに
セミナー参加費
支払い方法
着信確認のご連絡後、受講票と合わせて「請求書」をお送り致しますので、お振り込みください。
お知らせ 受講料(1名様につき)
一般のお客様 46,200円 (本体 42,000円)
企業研究会会員 41,800円 (本体 38,000円)

※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
  お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。