ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  経営  経営管理/戦略  【会場】親会社による子会社管理の法務と実務上のポイント

開催日 2022/10/18 (火) 開催地 東京都

~経済産業省「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針」も踏まえて~

【会場】親会社による子会社管理の法務と実務上のポイント

主催 一般社団法人 企業研究会 講師 塚本 英巨 氏 受講料 38,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
持株会社化やグループ経営の進展に伴い、子会社において発生した不祥事が親会社やグループ全体に対して重大な悪影響を及ぼす可能性が生じており、子会社管理の重要性がますます高まっています。もっとも、親会社として子会社をいかに管理すべきかは、実務上悩ましい点も少なくありません。そのような中、経済産業省は、2019年6月、コーポレート・ガバナンス・システム研究会(CGS研究会)での議論を踏まえ、「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針」を策定・公表しました。

そこで、本セミナーでは、CGS研究会の委員を務めた講師が、上記実務指針や実際の子会社の不祥事事例も踏まえながら、親会社による子会社管理の法務と実務上のポイントについて解説いたします。

セミナーの対象者はこんな方です

法務部門、総務部門、監査部門、経理部門、経営企画部門、経営管理部門など関連部門のご担当者
  特典
開催日時 2022/10/18 (火)     14:00~ 17:00     (受付  13:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/10/17
主催会社 一般社団法人 企業研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 38,500円
開講場所 ・会場名: 企業研究会セミナールーム(東京:御徒町)
・住所: 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13−7 ハナブサビル 
・交通アクセス: 

セミナー マップ

講師
塚本 英巨 氏 講師写真

塚本 英巨 氏

アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業 パートナー弁護士

カリキュラム、
プログラム
1.はじめに ~「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針」の概要~
 ・親会社は子会社を管理「しなければならない」のか?
  ①親会社取締役は、子会社における不祥事について法的責任を負うのか?
 ・「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針」の概要
  ①グループガイドラインの構成(グループ設計の在り方、グループ本社の役割等)

2.グループガバナンスの基本的な在り方
 ・親会社による子会社管理の在り方 ~中央集権型か、分権型か?~
 ・グループとしての共通プラットフォームの整備・浸透
  ①ソフト面の対応:グループ全体の経営理念・価値観の現場レベルまでの浸透
  ②ハード面の対応:親子会社間でグループ経営管理契約を締結するか?
 ・事業ポートフォリオマネジメントの基本的な考え方
  ①日本企業の取組例、欧米企業の取組例
 ・子会社管理の在り方とグループ内部統制システム
  ①3線ディフェンスの重要性、第2線・第3線の独立性確保・機能強化
  ②子会社を取締役会非設置・監査役非設置とすることの是非
 ・海外子会社の管理の特徴と留意点
 ・子会社の不祥事が発覚した場合における親会社の対応
 ・子会社管理に関する裁判例の紹介(最判平成30年2月15日など)

3.不祥事事例の検討
 ・不祥事事例の傾向
 ・なぜ不祥事が起きるのか?
  ①不正のトライアングルの概要
 ・不祥事の典型的ケースの紹介と再発防止策
  ①横領、着服系
  ②会計不正系
 ・不祥事事例から得られる教訓
お知らせ 受講料(1名様につき)
一般のお客様 38,500円 (本体 35,000円)
企業研究会会員 35,200円 (本体 32,000円)

※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
  お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。