ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  リスクマネジメント  法務/コンプライアンス/契約書  【オンライン/会場】従業員による『重要情報の漏えい・持ち出し』リスクへの実務対応

開催日 2022/12/09 (金) 開催地 東京都

顧客データ、営業戦略情報等の流出に対する企業の責任、法律上の規制と“現実的な対応策”

【オンライン/会場】従業員による『重要情報の漏えい・持ち出し』リスクへの実務対応

主催 一般社団法人 企業研究会 講師 梅林 啓 氏 受講料 38,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
◆オンライン配信  ◆会場受講  ご希望の受講形式を、備考欄にご記入ください。


【開催にあたって】

昨今、デジタル化された顧客データや技術情報、営業戦略情報など、機密性の高い情報を従業員(委託先も含む)が“故意に”漏えい・持ち出すケースが増えており、企業のリスク管理のあり方が改めて問われています。従業員のモラル頼みにも限界があり、漏えい後の対応如何では経営に深刻なダメージを及ぼしかねず、十分な対策が必要です。

本講座では、実際に起こり得る具体的事案を想定しながら、従業員による情報漏えい・持ち出しがもたらすリスクと企業の責任、及び実務対応で検討される法律上の規制と問題点を明らかにします。

更に、万が一漏えい問題が発生してしまった場合、被害を最小限に抑えるための対応について、“何をどこまで行うべきか”実践的に解説します。併せて、従業員による持ち出し行為そのものを防ぐために講ずべき対策についても、多角的に検証していきます。

セミナーの対象者はこんな方です

法務部門、監査部門、人事部門、知的財産部門、経営管理部門、総務部門など関連部門のご担当者様
  特典
開催日時 2022/12/09 (金)     13:00~ 17:00     (受付  12:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/12/08
主催会社 一般社団法人 企業研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 38,500円
開講場所 ・会場名: 企業研究会セミナールーム(東京:御徒町)
・住所: 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13−7 ハナブサビル 
・交通アクセス: ※会場でのご受講は、こちらの会場になります

セミナー マップ

講師
梅林 啓 氏 講師写真

梅林 啓 氏

西村あさひ法律事務所 パートナー/弁護士

カリキュラム、
プログラム
1.企業からの情報流出の現状
(1)典型的な事例(顧客データ、技術情報、営業戦略情報など)
(2)現在の情報流出(かつての情報流出とどう変わったか)
  ・重要情報のデジタル化・大量化と持ち出しの容易性、企業と従業員との関係の変化
  ・情報は金になり、持ち込まれる企業にとっても価値がある

2.情報漏えい・持ち出しによる企業のリスクと責任
(1)放置した場合のリスク、流出した情報が使われた場合のリスク
(2)個人情報保護法との関係
  ・個人情報の漏えい・持ち出しの事実を把握した場合、企業は何をしなければならないか
(3)企業の情報管理体制に関する役員の善管注意義務

3.情報漏えい・持ち出しに関する法律上の規制と問題点
(1)著作権法、特許法など(伝統的な情報保護法制でどこまで対応できるか)
(2)不正競争防止法(最も検討される法律だが、実際に使うために必要な要件とは)
  【事例】
 会社の顧客情報データベースが保存されたUSBメモリを従業員が紛失、この顧客情報を名簿屋が入手、販売していることが判明。会社はどのような措置を講じることができるか。
  ・顧客情報の返還、使用・開示の中止、廃棄、使用・販売に対する刑事処罰を求められるか
  ・不正競争防止法における「秘密管理性」「有用性」「非公知性」とは
(3)刑法(無体物である情報は窃盗罪の客体となるのか)

4.情報漏えい・持ち出し事案が発生した後の企業の対応 ~被害の最小化に向けて
(1)発生後の基本対応(把握すべきことは何か、必須となる対応事項は何か)
(2)情報の取り戻し(どのような手段で、どこまで出来るか)
(3)個人情報が漏えいした場合の対応(個人情報の本人への対応、主管官庁への報告、公表、他)

5.不正発生のメカニズムから考える情報流出対策
(1)不正発生のメカニズム(動機・機会・正当化)から考察する対策のポイント
(2)転職、退職間近の従業員への監視の強化、処遇面の再検討 [動機を推察する]
(3)情報持ち出しが可能なシステム(=抜け穴)の検証と監視 [機会を与えない]
(4)情報管理の徹底、従業員教育の実施、守秘義務契約の締結 [正当化させない]

6.今後の展望 ~昨今の漏えい事件を受けて流れが変わるか
お知らせ 受講料(1名様につき)
一般のお客様 38,500円 (本体 35,000円)
企業研究会会員 35,200円 (本体 32,000円)

※「オンライン配信」「会場受講」のご希望の受講形式を、備考欄にご記入ください。

※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
  お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。
※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

◆オンライン配信ご希望の方
オンライン配信は、協力会社である株式会社ファシオのイベント配信プラットフォーム「Delivaru」を使用します。また、お申込者様のメールアドレスを(社)企業研究会、㈱ファシオで共有いたします。

◆会場受講をご希望の方
当日、企業研究会セミナールーム(台東区東上野)まで、ご来場ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。