ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  エレクトロニクス  触覚フィードバック技術とその応用事例

開催日 2017/07/27 (木) 開催地 東京都

  • 食事

触覚フィードバック技術とその応用事例

主催 株式会社 技術情報協会 講師 竹村 憲太郎 氏 &nb... 受講料 64,800円

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
★ディスプレイ、スマホ、車載コックピット、医療機器への応用に向けた開発事例を詳解
開催日時 2017/07/27 (木)     09:40~ 17:30     (受付  09:10 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2017/06/05  ~ 2017/07/26
主催会社 株式会社 技術情報協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 64,800円 (各種割引については下段「お知らせ」欄をご参照ください)
開講場所 ・会場名: [東京・五反田] 技術情報協会 8F セミナールーム
・住所: 〒141-0031 東京都品川区西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F 
・交通アクセス: JR山手線・都営地下鉄浅草線 五反田駅徒歩 5分
講師
竹村 憲太郎 氏 講師写真

竹村 憲太郎 氏

東海大学 情報理工学部 コンピュータ応用工学科 准教授 博士(工学)

野々村 美宗 氏 講師写真

野々村 美宗 氏

山形大学 大学院理工学研究科 教授 博士(工学)

篠田 裕之 氏 講師写真

篠田 裕之 氏

東京大学 大学院新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻 教授 博士(工学)

長松 隆 氏 講師写真

長松 隆 氏

神戸大学 大学院海事科学研究科 准教授 博士(エネルギー科学)

中村 則雄 氏 講師写真

中村 則雄 氏

(国研)産業技術総合研究所 人間情報研究部門 主任研究員 博士(工学)

カリキュラム、
プログラム
<9:40~11:00>
1.触覚フィードバック可能なアクティブ骨導音センシング

東海大学 竹村 憲太郎 氏

1.インタフェースのための振動を用いたヒューマンセンシング
 1.1 背景
 1.2 Bio-Acoustic Sensing
 1.3 Active Acoustic Sensing

2.アクティブ骨導音センシング
 2.1 振動知覚
 2.2 センシングと触覚フィードバック

3.計測対象
 3.1 関節角度
 3.2 手形状
 3.3 指先接触力

4.今後の展望



【質疑応答・個別質問・名刺交換】

<11:10~12:30>

2.ヒトの触覚認識メカニズムと商品開発事例

山形大学 野々村 美宗 氏

1.ヒトの触覚認識メカニズム
 1.1 触覚受容器における情報処理
 1.2 脳における情報処理
 1.3 触の錯覚

2.触覚センサ
 2.1 触圧センサ・すべり覚センサ・近接覚センサ
 2.2 ゲルフォース・柔軟感センサ

3.触覚ディスプレイ

4.触覚研究最前線
 4.1 手触りがひとそっくりの人工皮膚の開発
 4.2 触覚による水認知のメカニズム
 4.3 水の触感のディスプレイの可能性
 4.4 さらさら・べたべた・しっとりの物理的起源
 4.5 自動車用材料・情報機器・スポンジ・樹脂材料への応用
 4.6 エマルション型化粧料・皮膚洗浄料の触感コントロール


【質疑応答・個別質問・名刺交換】

<13:10~14:30>

3.空中超音波による空中触覚ディスプレイの開発

東京大学 篠田 裕之 氏

1.ハプティクスへの期待

2.人間の触覚の構造と特性
 2.1 皮膚の構造と知覚される情報
 2.2 身体的体験を構成する知覚の要素
 2.3 皮膚刺激がつくり出す体験

3.空中ハプティクス
 3.1 空中ハプティクスと従来の触覚インタフェースの違い
 3.2 放射圧による触覚の提示
 3.3 進行波による触覚刺激の生成と活用
 3.4 音響流の発生と対策

4.インタラクションシステム
 4.1 視覚情報との同時提示
 4.2 3次元触覚像の生成と制御
 4.3 身体運動とハプティクス

5.ハプティクスの将来展望
 サイエンスとしてのハプティクスの展望と応用の可能性


【質疑応答・個別質問・名刺交換】

<14:40~16:00>

4.押し込み型タッチディスプレイにおける触覚フィードバック技術

千葉大学 下馬場 朋禄 氏

1.研究動向

2.タッチパネルの方式

3.パネルの遊びから押せる場所が分かるタッチディスプレイ
 3.1 コンセプト
 3.2 「遊び」の実現
 3.3 視覚の効果
 3.4 システム構成
 3.5 実験1(固定型、押込型の比較)
 3.6 実験2(見えないボタンをパネルの遊びから識別できるか)
 3.7 実験3(最適な遊び幅について)

4.マルチプッシュディスプレイ
 4.1 コンセプト
 4.2 パネルの制御
 4.3 システム構成
 4.4 1点押し込み
 4.5 2点押し込み
 4.6 3点押し込み

5.まとめ


【質疑応答・個別質問・名刺交換】

<16:10~17:30>

5.3D触力覚テクノロジーと触感・体感ビジネスのパラダイムシフト

(国研)産業技術総合研究所 中村 則雄 氏

1.体感のデジタル化

2.3D触力覚テクノロジーと三原触

3.3D触力覚テクノロジーと体感ビジネス

4.世界の動向、ニーズについて

5.デバイスについて

5.アクチュエータについて

6.3DHapticsによるライフスタイル・イノベーション


【質疑応答・個別質問・名刺交換】
特典 セミナー資料付
各講で最後に質疑応答時間あり。終了後の個別質疑、名刺交換、可。

食事付 食事付 
セミナー参加費
支払い方法
1. 銀行振込または現金書留にてお願いいたします。

2. 原則として開催日までにお願い致します。

3. 銀行振込の場合は、原則として領収証の発行は致しません。

4. 振り込み手数料はご負担ください。
お知らせ ●各種割引について
1. 同一テーマ1社2名以上同時申込の場合のみ、1名につき5,400円(税込)割引いたします。
2. 大学(教員、学生)、公的機関、医療機関の方は、「アカデミック価格」32,400円/1名(税込)でご参加いただけます。(2名同時申込割引は適用されません)

割引適用の場合は、お申し込み後、技術情報協会より確認のご連絡を差し上げます。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
 
オンラインLive社員研修
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。