ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  化学・高分子  樹脂/ガラス繊維の複合化と強度向上

開催日 2018/08/01 (水) 開催地 東京都

  • 食事

樹脂/ガラス繊維の複合化と強度向上

主催 株式会社 技術情報協会 講師 大窪 和也 氏 &nbs... 受講料 64,800円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
★複合材料の耐久性はどのような要素で決まるのか? 界面強度を改善する方法とは?
  自動車部材の応用例も含めて徹底解説!
開催日時 2018/08/01 (水)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2018/07/31
主催会社 株式会社 技術情報協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 64,800円 (各種割引については下段「お知らせ」欄をご参照ください)
開講場所 ・会場名: [東京・五反田] 技術情報協会 8F セミナールーム
・住所: 〒141-0031 東京都品川区西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F 
・交通アクセス: JR山手線・都営地下鉄浅草線 五反田駅徒歩 5分
講師
大窪 和也 氏 講師写真

大窪 和也 氏

同志社大学 理工学部 エネルギー機械工学科 教授 博士(工学)

馬場 俊一 氏 講師写真

馬場 俊一 氏

サンワトレーディング(株) 代表取締役

若原 章博 氏 講師写真

若原 章博 氏

ビックケミー・ジャパン(株) 添加剤技術部 部長

高山 哲生 氏 講師写真

高山 哲生 氏

山形大学 大学院有機材料システム研究科 助教 博士(工学)

カリキュラム、
プログラム
【10:00-11:30】
1.ガラス繊維,炭素繊維強化複合材料の強度/破壊と耐久性
同志社大学 理工学部 エネルギー機械工学科 教授 博士(工学) 大窪 和也 氏

1.繊維強化複合材料の損傷および破壊要因

2.繊維強化複合材料の強度の種別とその要因
(引張破壊,圧縮破壊,曲げ破壊,マク ロなせん断破壊,内部の界面せん断破壊の関係)

3.繊維強化複合材料の耐久性の支配要因

4.繊維強化複合材料の耐久性の評価方法

5.繊維強化複合材料の耐久性の改善方法の事例 

【質疑応答】
___________________________________
【12:10-13:40】
2.樹脂とガラス繊維の複合化とその自動車部材への応用
サンワトレーディング(株) 代表取締役 馬場 俊一 氏
 
1.連続繊維熱可塑性複合材料(CFRTP・GFRTP)とは何か
 1.1 熱可塑性と熱硬化性の違い
 1.2 連続繊維とマトリックス
 1.3 製造法

2.成形について
 2.1 成形法
 2.2 成形条件
 2.3 成形ポイント

3.Tepex自動車量産事例
 3.1 欧州の量産事例(2005年~2015年)
 3.2 HONDAクラリティFUELCELLリアバンパービーム(2016年)

4.その他の分野での量産事例

5.成形動画

【質疑応答】
___________________________________
【13:50-15:20】
3. グラフト化技術、カップリング剤を用いた樹脂/ガラス繊維の界面制御
ビックケミー・ジャパン(株) 添加剤技術部 部長 若原 章博 氏
 
1.ポリオレフィン骨格のポリマー改質剤
 1.1 骨格と変性構造
 1.2 グラフト化と特徴
 1.3 コンパウンドでの効果
 1.4 メカニズムと実験例

2.ポリプロピレン,ポリエチレン,ポリアミドなどでの活用例

【質疑応答】
___________________________________
【15:30-17:00】
4.ガラス繊維強化樹脂の高強度化技術
山形大学 大学院有機材料システム研究科 助教 博士(工学) 高山 哲生 氏

1.繊維強化樹脂の基礎知識
 1.1 繊維分散の目的
 1.2 繊維強化材に使用される繊維
 1.3 繊維強化樹脂の分類

2.繊維分散による補強機構
 2.1 複合則(連続繊維,粒子分散)
 2.2 不連続繊維強化樹脂の弾性率
 2.3 繊維強化樹脂の降伏条件
  (1)繊維の破断
  (2)界面剥離
  (3)繊維の引抜け
 2.4 繊維強化樹脂の耐衝撃性発現機構
  (1)繊維の破断
  (2)繊維の引抜け

3.反応性添加剤による補強
 3.1 反応性添加剤の目的
 3.2 ガラス繊維強化ポリプロピレンの反応性添加剤による補強効果発現機構
  (1)無水マレイン酸変性ポリプロピレン
  (2)無水マレイン酸変性スチレン

4.無機微粒子分散による補強
 4.1 無機微粒子分散の目的
 4.2 ガラス繊維強化ポリプロピレンの無機微粒子による補強効果発現機構
  (1)炭酸カルシウム粒子
  (2)シリカ粒子

【質疑応答】
特典 セミナー資料付
各講で最後に質疑応答時間あり。終了後の個別質疑、名刺交換、可。

食事付 食事付 
セミナー参加費
支払い方法
1. 銀行振込または現金書留にてお願いいたします。

2. 原則として開催日までにお願い致します。

3. 銀行振込の場合は、原則として領収証の発行は致しません。

4. 振り込み手数料はご負担ください。
お知らせ ●各種割引について
1. 同一テーマ1社2名以上同時申込の場合のみ、1名につき5,400円(税込)割引いたします。
2. 大学(教員、学生)、公的機関、医療機関の方は、「アカデミック価格」32,400円/1名(税込)でご参加いただけます。(2名同時申込割引は適用されません)

割引適用の場合は、お申し込み後、技術情報協会より確認のご連絡を差し上げます。

※定員になり次第、お申込みは締切となります。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。