ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  化学・高分子  難燃剤の種類と使い方,配合と成形の高度化,用途別評価試験および規制対応,今後の展望

開催日 2019/03/14 (木) 開催地 東京都

  • 食事

難燃剤の種類と使い方,配合と成形の高度化,用途別評価試験および規制対応,今後の展望

主催 株式会社 技術情報協会 講師 西澤 仁 氏  ... 受講料 64,800円   

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
★難燃性と加工性の両立
★新しい難燃剤開発のトレンド
★欧米での規格規制の動き
★住宅・自動車・家電などの市場性とその展望
開催日時 2019/03/14 (木)     09:50~ 17:30     (受付  09:20 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2019/01/07  ~ 2019/03/13
主催会社 株式会社 技術情報協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 64,800円 (各種割引については下段「お知らせ」欄をご参照ください)
開講場所 ・会場名: [東京・五反田] 技術情報協会 8F セミナールーム
・住所: 〒141-0031 東京都品川区西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F 
・交通アクセス: JR山手線・都営地下鉄浅草線 五反田駅徒歩 5分
講師
西澤 仁 氏 講師写真

西澤 仁 氏

西澤技術研究所 代表

宮野 信孝 氏 講師写真

宮野 信孝 氏

大八化学工業(株) 企画開発部 部長

山中 克浩 氏 講師写真

山中 克浩 氏

帝人(株) 樹脂事業本部 樹脂開発センター 基幹技術開発室 室長

川口 晶寛 氏 講師写真

川口 晶寛 氏

(一財)電気安全環境研究所 東京事業所 副所長

有森 奏 氏 講師写真

有森 奏 氏

(株)UL Japan 材料技術部 部長 博士(工学)

カリキュラム、
プログラム
【9:50-11:10】

1.難燃剤および難燃材料技術の概要

西澤技術研究所 代表 西澤 仁 氏

1.難燃技術の概要
 1.1 高分子燃焼反応と難燃機構
 1.2 難燃剤の種類と特徴(長所,短所),選び方
2.難燃材料成形加工技術
 2.1 押出成形,射出成形
 2.2 難燃材料のコンパウンデング
 2.3 難燃性と成形加工性との両立,各種トラブル対応
3.各種事例と今後の展望
 3.1 難燃化が必要な部材や製品分野
 3.2 各種規制の動き
 3.3 ナノコンポジット系,ハイブリッド系など新しい技術

【質疑応答】

【11:20-12:20】

2.ノンハロゲン(リン系)難燃剤の技術動向および 各種応用事例

大八化学工業(株) 宮野 信孝 氏

1.プラスチックスの燃焼機構と難燃剤
 1.1 燃焼のサイクルとその難燃化方法
 1.2 臭素系難燃剤の種類及び特徴
 1.3 ノンハロゲン系難燃剤の種類及び特徴
 1.4 リン系難燃剤の特徴
2.リン酸エステル系難燃剤の開発事例
 2.1 リン酸エステル系難燃剤の特性
 2.2 電材用;高耐熱、高耐分解性、低誘電性リン酸エステル (PX-202,SR-3000)
 2.3 ポリオレフィン、エラストマー用;高含リン、高難燃リン酸エステル (D-850,SR-8000)
 2.4 木質材料用;炭化発泡系難燃剤 (SR-2500シリーズ)
 2.5 まとめ

【質疑応答】

【13:00-14:00】

3.高度な難燃化を達成するリン系難燃剤の分子設計

帝人(株) 山中 克浩 氏

1.難燃剤の需要動向
2.有機リン系化合物種とリン系難燃剤
3.高分子の燃焼機構と難燃剤分子設計
4.ファイヤガードR FCX-210の特性
5.各種ポリマーへの適応
 5.1 ポリスチレン系樹脂への適応
 5.2 アクリル系樹脂への適応
 5.3 ポリエステル系樹脂への適応
 5.4 バイオポリマーへの適応
6.FCX-210マスターバッチ
7.難燃塗料への展開
8.帝人製難燃剤の紹

【質疑応答】

【14:10-15:10】

4.難燃材料の鉄道・自動車分野への応用

西澤技術研究所 代表 西澤 仁 氏
 
1.自動車,鉄道などの輸送機器に使用される樹脂の種類
2.樹脂の燃焼反応と難燃性評価のポイント
3.各輸送機器における難燃規格と評価試験
 3.1 自動車材料の難燃規格と試験法
 3.2 鉄道車両材料の難燃規格と試験法
 3.3 船舶材料の難燃規格と試験法
 3.4 航空機用材料の難燃規格と試験法
4.適用される難燃系と特徴

5.難燃材料評価試験方法の課題と今後

【質疑応答】

【15:20-16:20】

5.電気製品の燃焼試験,耐火・耐熱試験

(一財)電気安全環境研究所 川口 晶寛 氏

1.各種認証制度、 法規制の解説
 1.1 電気用品安全法
 1.2 Sマーク認証(S-JET認証)
 1.3 CMJ登録制度
2.グローワイヤ試験
 2.1 試験装置と実際の試験について
 2.2 最終製品に対するグローワイヤ
 2.3 グローワイヤ燃焼性指数(GWFI)
 2.4 グローワイヤ着火温度(GWIT)
3.各種燃焼試験
 3.1 水平燃焼試験、垂直燃焼試験
 3.2 その他(大電流アーク着火等)
4.各種耐火・耐熱試験

【質疑応答】

【16:30-17:30】

6.電気製品の燃焼試験,耐火・耐熱試験

(株)UL Japan 材料技術部 有森 奏 氏

1.プラスチック材料の難燃性に関連する各種評価試験
 1.1 評価試験方法の開発の歴史について
 1.2 難燃性評価試験方法と認定基準(UL94)
2.プラスチック材料の特性評価試験
 2.1 耐電気性試験(UL746C)
 2.2 耐熱特性試験 (UL746B)
 2.3 耐候性試験(UL746C)
 2.4 物理特性試験(UL746A)
 2.5 リサイクル材・リグラインド材(UL 746A/D)
3.自動車関連樹脂材料の試験評価について
 3.1 燃焼性試験(FMVSS302など)
 3.2 化学物質放散試験
 3.3 表面硬度試験

【質疑応答】
特典 セミナー資料付
各講で最後に質疑応答時間あり。終了後の個別質疑、名刺交換、可。

食事付 食事付 
セミナー参加費
支払い方法
1. 銀行振込または現金書留にてお願いいたします。

2. 原則として開催日までにお願い致します。

3. 銀行振込の場合は、原則として領収証の発行は致しません。

4. 振り込み手数料はご負担ください。
お知らせ ●各種割引について
1. 同一テーマ1社2名以上同時申込の場合のみ、1名につき5,400円(税込)割引いたします。
2. 大学(教員、学生)、公的機関、医療機関の方は、「アカデミック価格」32,400円/1名(税込)でご参加いただけます。(2名同時申込割引は適用されません)

割引適用の場合は、お申し込み後、技術情報協会より確認のご連絡を差し上げます。

※定員になり次第、お申込みは締切となります。
※申し込み人数が開催人数に満たない場合など,状況により中止させて頂く事が御座います。

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。