ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  化学・高分子  エポキシ樹脂における硬化剤の選定、配合設計とフィルム化技術

開催日 2019/09/30 (月) 開催地 東京都

  • 食事

エポキシ樹脂における硬化剤の選定、配合設計とフィルム化技術

主催 株式会社 技術情報協会 講師 柴田 勝司 氏 受講料 54,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
★目的、用途に応じた硬化剤の選び方、使い方のポイントを解説
★エポキシ樹脂の特長を生かした「フィルム化」の実現手法と新たな用途探索
開催日時 2019/09/30 (月)     10:00~ 17:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/09/29
主催会社 株式会社 技術情報協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 54,000円 (税込/各種割引については下段「お知らせ」欄をご参照ください)
開講場所 ・会場名: [東京・五反田] 技術情報協会 セミナールーム
・住所: 〒141-0031 東京都品川区西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F 
・交通アクセス: JR山手線・都営地下鉄浅草線 五反田駅 徒歩 5分
講師
柴田 勝司 氏 講師写真

柴田 勝司 氏

溶解技術(株) 代表取締役

カリキュラム、
プログラム
【講座概要】
エポキシ樹脂は耐熱性、接着性、耐薬品性、機械的性質、電気絶縁性などに優れており、電子機器、土木建築分野、塗料などに使われている。しかしながら、エポキシ樹脂硬化物の物性は用いる硬化剤によって大きく左右されるため、それぞれの用途に相応しい樹脂設計は、非常に困難になっている。
本セミナーでは、エポキシ樹脂並びにその硬化剤の基礎的な知識だけではなく、エポキシ樹脂配合を設計するにあたって有用な分析手段、硬化剤の種類と用途などを具体例を挙げて詳説する。また、エポキシ樹脂の特長を損なわずにフィルム化できれば、さらに多くの用途が期待できる。現状ではベンゼン環と水酸基を併せ持つフィルム形成高分子はない。ベンゼン環によって耐熱性、機械的性質などに優れ、水酸基によって接着性、熱硬化性などが付与できる。プリント配線板の基材として利用できるほか、様々な電子材料に利用できると考えられる。また、水酸基を極性の異なる化合物で修飾できれば、耐熱性分離膜などにも利用できると考える。

1.緒言
 1.1 エポキシ樹脂の定義
 1.2 エポキシ樹脂の歴史
 1.3 世界の需要
 1.4 他の樹脂系との比較
 1.5 エポキシ樹脂配合の特殊性、困難性

2.エポキシ樹脂の種類と特徴
 2.1 エポキシ樹脂の分類
 2.2 汎用エポキシ樹脂
 2.3 特殊エポキシ樹脂

3.エポキシ樹脂用硬化剤
 3.1 アミン系
 3.2 酸無水物系
 3.3 フェノール系
 3.4 イミダゾール系

4.エポキシ樹脂用硬化促進剤
 4.1 アミン系
 4.2 イミダゾール系
 4.3 紫外線(UV)硬化用
 4.4 電子線(EB)硬化用

5.変性剤,添加剤
 5.1 エラストマー
 5.2 難燃剤
 5.3 カップリング剤
 5.4 無機充填材
 5.5 希釈剤

6.エポキシ樹脂,硬化剤の評価法
 6.1 赤外分光法(IR)
 6.2 核磁気共鳴法(NMR)
 6.3 高速液体クロマトグラフィ(HLC)
 6.4 ゲル浸透クロマトグラフィ(GPC)

7.硬化性の評価法
 7.1 ゲル化時間
 7.2 赤外分光法 (IR)
 7.3 示差走査熱量計 (DSC)

8.硬化物の分析
 8.1 無溶媒ワニスからの樹脂板の作製
 8.2 溶媒含有ワニスからの樹脂板の作製
 8.3 粘弾性解析(VEA)
 8.4 熱機械分析(TMA)
 8.5 熱重量分析(TGA)
 8.6 熱分解ガスクロマトグラフィ質量分析(GC-MS)
 8.7 機械的性質
 8.8 解重合生成物分析-HLC,NMR,GC-MS

9.エポキシフィルムの合成と評価
 9.1 エポキシフィルムの意義
  ・熱可塑性と熱硬化性
  ・エポキシフィルムの利点
  ・熱硬化性フィルム
 9.2 高分子量エポキシ重合体
  ・合成法
  ・評価法
  ・溶媒種類
  ・触媒種類
  ・フェノール/エポキシ比
  ・各種フェノール類
 9.3 エポキシフィルム
   ・ガラス転移温度
  ・引張試験
  ・フェノール/エポキシ比
  ・各種フェノール類
 9.4 架橋エポキシフィルム
   ・架橋剤の選択
  ・イソシアネートのマスク化
  ・ガラス転移温度
  ・引張試験
  ・イソシアネート/水酸基比

10.各種用途におけるエポキシ樹脂配合
 10.1 塗料
 10.2 電気絶縁用モールド樹脂
 10.3 半導体集積回路(IC)
 10.4 プリント配線板(PWB)
 10.5 土木建築用途
 10.6 炭素繊維強化複合材料(CFRP)
特典 セミナー資料付
各講で最後に質疑応答時間あり。終了後の個別質疑、名刺交換、可。

食事付 食事付 
セミナー参加費
支払い方法
1. 銀行振込または現金書留にてお願いいたします。

2. 原則として開催日までにお願い致します。

3. 銀行振込の場合は、原則として領収証の発行は致しません。

4. 振り込み手数料はご負担ください。
お知らせ ●各種割引について
1. 同一テーマ1社2名以上同時申込の場合のみ、1名につき5,400円(税込)割引いたします。
2. 大学(教員、学生)、公的機関、医療機関の方は、「アカデミック価格」32,400円/1名(税込)でご参加いただけます。(2名同時申込割引は適用されません)

割引適用の場合は、お申し込み後、技術情報協会より確認のご連絡を差し上げます。

※定員になり次第、お申込みは締切となります。
※申し込み人数が開催人数に満たない場合など,状況により中止させて頂く事が御座います。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。