ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  品質管理・法規制  診断試薬の標準物質による評価と日常精度管理への活用方法

開催日 2019/11/21 (木) 開催地 東京都

  • 食事

診断試薬の標準物質による評価と日常精度管理への活用方法

主催 株式会社 技術情報協会 講師 井野邦英 氏 受講料 55,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
精度管理のベースとなる統計学を基礎から分かりやすく学べる!
開催日時 2019/11/21 (木)     10:00~ 17:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/11/20
主催会社 株式会社 技術情報協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 55,000円 (各種割引については下段「お知らせ」欄をご参照ください)
開講場所 ・会場名: [東京・五反田] 技術情報協会 8F セミナールーム
・住所: 〒141-0031 東京都品川区西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F 
・交通アクセス: JR山手線・都営地下鉄浅草線 五反田駅徒歩 5分
講師
井野邦英 氏 講師写真

井野邦英 氏

アキュプレック有限会社 取締役社長、 京都大学医学部人間健康学科 非常勤講師

カリキュラム、
プログラム
【講座主旨】
医学的診断は、患者の訴え、医師による診療所見、そして臨床検査の総合的な情報により判断される。その中でも最も客観的な情報を提供するのが臨床検査である。しかし高い客観性と信頼性をうるには、検査成績の正確度と精密度が適切に維持されなくてはならない。そのためには適切な精度管理が必要である。適切な精度管理は更に単一検査室だけでは達成できず、多くの検査室間で共用されなければならない。本講座では、特に標準化によるデータ共用化と日常検査の性能維持に不可欠な精度管理に関する統計的解釈を理解することに重点をおき、根拠ある医療情報を提供できる力の習得を目的とする。

【講座内容】
Ⅰ.ベースとなる統計学の基礎
 1)平均値と標準誤差、信頼区間
 2)母平均値に関する検定
 3)回帰分析と残差分析
 4)分散分析法

Ⅱ.臨床検査に必要な統計学の応用1
1.標準化と共有化
 1)標準物質の役目
 2)標準測定法とは
 3)測定方法の評価の仕方(精密さと正確さ)
 4)臨床的許容誤差の考え方
2.内部精度管理
 1)管理試料による精度管理
  1.1)標準値のある時、ない時
  1.2)管理幅のある時、ない時
  1.3)管理試料の濃度と数
  1.4)要因別の管理方法(誤差要因、変動要因)
 2)患者試料による主な精度管理
 3)各内部精度管理手法の特徴と役割
4)管理限界を越えた場合の見かたとその対応方法
3.外部精度管理
 1)標準値のある時、ない時
 2)評価方法(相対評価と絶対評価)
 3)各外部精度管理のの特徴と役割
4)評価基準を越えた場合の考え方

Ⅲ.臨床検査に必要な統計学の応用2
1.基準範囲
 1)基準範囲の設定と計算方法
 2)再現性と問題点
 3)データ換算方法
2.患者データ
 1)単一結果の正確度
 2)外部要因の影響
 3)境界値の考え方

【質疑応答】
特典 セミナー資料付
各講で最後に質疑応答時間あり。終了後の個別質疑、名刺交換、可。

食事付 食事付 
セミナー参加費
支払い方法
1. 銀行振込または現金書留にてお願いいたします。

2. 原則として開催日までにお願い致します。

3. 銀行振込の場合は、原則として領収証の発行は致しません。

4. 振り込み手数料はご負担ください。
お知らせ ●各種割引について
1. 同一テーマ1社2名以上同時申込の場合のみ、1名につき5,400円(税込)割引いたします。
2. 大学(教員、学生)、公的機関、医療機関の方は、「アカデミック価格」32,400円/1名(税込)でご参加いただけます。(2名同時申込割引は適用されません)

割引適用の場合は、お申し込み後、技術情報協会より確認のご連絡を差し上げます。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。