ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  機械・シミュレーション・計測  機械学習・時系列データ分析のためのデータ前処理のポイント

開催日 2019/12/12 (木) 開催地 東京都

  • 食事

機械学習・時系列データ分析のためのデータ前処理のポイント

主催 株式会社 技術情報協会 講師 新納 浩幸 氏 受講料 55,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
★欠損データの補完、外れ値の検出、ノイズ除去をどのように行えばよいのか? 適切に扱うための前処理は何をすればよいのか?
開催日時 2019/12/12 (木)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2019/10/02  ~ 2019/12/11
主催会社 株式会社 技術情報協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 55,000円 (税込/各種割引については下段「お知らせ」欄をご参照ください)
開講場所 ・会場名: [東京・五反田] 技術情報協会 セミナールーム
・住所: 〒141-0031 東京都品川区西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F 
・交通アクセス: JR山手線・都営地下鉄浅草線 五反田駅 徒歩 5分
講師
新納 浩幸 氏  講師写真

新納 浩幸 氏

茨城大学 大学院理工学研究科 情報科学領域 教授 博士(工学)

カリキュラム、
プログラム
【講演概要】

 前処理とは何らかの解析処理を行う前に行う処理のことです。前処理の効果は大きく、以降に続く解析処理の成否を決めているのが、実は、前処理とも言われています。
 本セミナーでは、解析処理を時系列データ分析、自然言語に対する機械学習及び画像に対する機械学習の3つに限定します。その上で、各処理に対して、通常、前処理として位置づけられている処理を解説します。
 また利用するプログラミング言語は Python です。
 個々の前処理を行うために有用なパッケージや関数などを紹介します。



【プログラム】

1.時系列データ分析の前処理
 1-1 欠損値とその補完
 1-2 変数変換
 1-3 スライド窓
 1-4 移動平均とスムージング
 1-5 外れ値検出

2.自然言語の機械学習処理のための前処理
 2-1 構造化文書から plain テキストへ
 2-2 クリーニング処理、単語の正規化、Stemming
 2-3 単語分割
 2-4 単語の埋め込み表現
 2-5 BERT の利用
 2-6 Bag of words と TF-IDF
 2-7 文や文書の埋め込み表現

3.画像の機械学習処理のための前処理
 3-1 フォーマット変換
 3-2 ノイズ除去
 3-3 フィルター処理
 3-4 画像サイズの変更
 3-5 Data Augmentation


【質疑応答】
特典 セミナー資料付、質疑応答時間あり。終了後の個別質疑、名刺交換、可。

食事付 食事付 
セミナー参加費
支払い方法
1. 銀行振込または現金書留にてお願いいたします。

2. 原則として開催日までにお願い致します。

3. 銀行振込の場合は、原則として領収証の発行は致しません。

4. 振り込み手数料はご負担ください。
お知らせ ●各種割引について
1. 同一テーマ1社2名以上同時申込の場合のみ、1名につき5,500円(税込)割引いたします。
2. 大学(教員、学生)、公的機関、医療機関の方は、「アカデミック価格」33,000円/1名(税込)でご参加いただけます。(2名同時申込割引は適用されません)

割引適用の場合は、お申し込み後、技術情報協会より確認のご連絡を差し上げます。

※定員になり次第、お申込みは締切となります。
※申し込み人数が開催人数に満たない場合など,状況により中止させて頂く事がございます。

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。