ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  医薬・医療機器  中国薬事規制/薬価・保険制度の現地事情と対応策

開催日 2019/12/25 (水) 開催地 東京都

  • 食事

インターネットでは得られない

中国薬事規制/薬価・保険制度の現地事情と対応策

主催 株式会社 技術情報協会 講師 張 勃 氏 受講料 55,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
現地の生情報だから分かる、中国当局の実際的な要求事項とは?

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

・新しく始まった「優先審査制度」とその監督管理の実際の運用状況
・中国への医薬品申請時に求められる臨床試験の現場的な要件
・医薬分離や薬価引き下げなどの、医療保険政策に関する最新情報

セミナーの対象者はこんな方です

・これから中国担当になる予定/なったばかりの入門者の方
・現地の薬事動向について、生情報をキャッチしたい担当者の方
開催日時 2019/12/25 (水)     10:00~ 17:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/12/24
主催会社 株式会社 技術情報協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 55,000円 (各種割引については下段「お知らせ」欄をご参照ください)
開講場所 ・会場名: [東京・五反田] 技術情報協会 8F セミナールーム
・住所: 〒141-0031 東京都品川区西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F 
・交通アクセス: JR山手線・都営地下鉄浅草線 五反田駅徒歩 5分
講師
張 勃 氏 講師写真

張 勃 氏

新橋科学(株) 代表取締役社長

カリキュラム、
プログラム
【第1部】中国における承認審査規制の改正と今後の動向

【講座主旨】
中国医薬品市場は日本市場を抜き、世界2位の市場規模となっており、今後も市場が拡大すると予測される。
現在中国政府は医薬品、医療機器の承認制度を見直しており、医薬品医療機器のイノベーションを促進する動きである。臨床ニーズ高い海外医薬品の優先審査制度を発表し、監督管理も厳格になる。第1部はより迅速的に中国医薬品の承認取得をめざし、中国医薬品申請及び監督管理に関する最新動向を共有することを目的としている。

【講座内容】
・中国医薬品管理機関の体制
・最新の中国医薬品法規制動向
・医薬品登録から承認までのプロセス
・中国医薬品臨床試験
・医薬品申請の問題分析と対策
【質疑応答】
--------------------------------------------------------------
【第2部】中国における薬価・医療政策の現状と今後の動向

【講座主旨】
ビジネス商習慣が異なる中国では、医薬環境、保険制度、薬価設定などが参入の成否に大きく影響する。そのため現在政府の進める医薬分離、薬価引き下げ、集中購買パイロットなどの医療政策や、市場環境の変化を把握しなければならない。 第2部では中国薬価、医療政策の最新動向、今後の展望について説明する。

【講座内容】
・中国医薬品市場の概要
・中国の医療状況
・中国医療保険制度
・中国医療改革の最新動向
・集中購買制度(パイロット)の展開
・中国医薬品監督管理の現状
【質疑応答】
特典 セミナー資料付
各講で最後に質疑応答時間あり。終了後の個別質疑、名刺交換、可。

食事付 食事付 
セミナー参加費
支払い方法
1. 銀行振込または現金書留にてお願いいたします。

2. 原則として開催日までにお願い致します。

3. 銀行振込の場合は、原則として領収証の発行は致しません。

4. 振り込み手数料はご負担ください。
お知らせ ●各種割引について
1. 同一テーマ1社2名以上同時申込の場合のみ、1名につき5,500円(税込)割引いたします。
2. 大学(教員、学生)、公的機関、医療機関の方は、「アカデミック価格」33,000円/1名(税込)でご参加いただけます。(2名同時申込割引は適用されません)

割引適用の場合は、お申し込み後、技術情報協会より確認のご連絡を差し上げます。

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。