ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  IT  業務システム  問診・診療を自動化するAIチャットボット技術と活用の実際【Live配信セミナー】

開催日 2020/10/15 (木) 開催地 WEB受講

~コロナ禍で開発が望まれる~

問診・診療を自動化するAIチャットボット技術と活用の実際【Live配信セミナー】

主催 株式会社 技術情報協会 講師 高林 徹 氏  ... 受講料 60,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
☆ 診療に伴う感染リスクや医療従事者の負担、医療コスト軽減につながるAI活用の実際!
☆ 新型コロナウイルス感染症対策として設計された問診票のデータモデルの事例を紹介!
開催日時 2020/10/15 (木)     10:00~ 17:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/10/08
主催会社 株式会社 技術情報協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 60,500円 (税込/各種割引については下段「お知らせ」欄をご参照ください)
開講場所 ZOOMを利用したLive配信 
会場での講義は行いません 

講師
高林 徹 氏 講師写真

高林 徹 氏

ARアドバンストテクノロジ(株) R&D サービス事業室 事業室長

小林 慎治 氏 講師写真

小林 慎治 氏

国立保健医療科学院 研究情報支援研究センター 上席主任研究官

守谷 俊 氏 講師写真

守谷 俊 氏

自治医科大学附属さいたま医療センター 救命救急センター長,教授

カリキュラム、
プログラム
(10:00~12:00)
【第1部】医療現場のコミュニケーション向上を支援するAIチャットボット構築
ARアドバンストテクノロジ(株) R&Dサービス事業室 事業室長 高林 徹 氏

【講座内容】
・病院における初診外来患者受付の流れと問題点
・現状の医療の問題(医療費の増大・医療被曝、病院経営の圧迫)
・医療におけるコミュニケーションとは
・コミュニケーションエラーが発生する仕組み
・AIチャットボットによる医療の抱える部分的問題への解決アプローチ
・AIチャットボットが抱える課題と対処方法
・AIチャットボットのユーザーインターフェース
・ユーザーインターフェースに対する課題
・問診におけるコミュニケーションデザイン
・チャットボットを使った問診スクリーニング手法
・問診におけるコミュニケーションの難しさとで懸念されること
・コロナ禍で求められる高度なコミュニケーションの考察
・一般的SNSツールを利用した問診チャットボットの構築事例
・医療系チャットボット構築のポイントまとめ
【質疑応答】
---------------------------------------------------------------
(12:45~14:45)
【第2部】問診AI開発におけるデータモデル設計
国立保健医療科学院 研究情報支援研究センター 上席主任研究官 小林 慎治 氏

【講座内容】
1)データモデル設計
2)国際的データ標準規格
3)症状に関連するデータモデルの設計
4)病歴に関連するデータモデルの設計及び開発
5)ガイドライン定義言語の状況と実装の状況
6)新型コロナウイルス感染症のスクリーニングのための問診表設計
7)新型コロナウイルス感染症のフォローアップのための問診表設計
8)新型コロナウイルス感染症の見落としを防ぐための電子化ガイドライン定義
9)自然言語処理と機械学習
10)臨床データモデルの設計開発一般
【質疑応答】
---------------------------------------------------------------
(15:00~17:00)
【第3部】緊急度を判定するAI救急相談の現状と今後の発展性
自治医科大学附属さいたま医療センター 救急科、救命救急センター 教授、救命救急

【講座内容】
・埼玉県における救急医療の現状
・埼玉県における「#7119」による救急電話相談を含めた救急相談体制の強化
・あなたならば突然の病気やけがで救急車をどういった判断で呼びますか?
・AI救急相談はもしかして若い人にはマッチしている?
・AI救急相談を円滑に運営するためのコンセプト
・AI救急相談事業前トライアルでの修正点
・AI救急相談のAI部分とは?
・AI救急相談における症状別テーブルとは?
・AI救急相談における開始発話とは?
・AI救急相談を実際の例をとってそのプロセスを説明する
・AI救急談を開始して1年間の実績と特徴
・AI救急相談は、産官学合同でさらに進化を目指す
・AI救急相談と救急電話相談との関係を今後どのように保っていくのか
【質疑応答】
特典 セミナー資料付
各講で最後に質疑応答時間あり。終了後の個別質疑、名刺交換、可。

セミナー参加費
支払い方法
1. 銀行振込または現金書留にてお願いいたします。

2. 原則として開催日までにお願い致します。

3. 銀行振込の場合は、原則として領収証の発行は致しません。

4. 振り込み手数料はご負担ください。
お知らせ ●各種割引について
1. 同一テーマ1社2名以上同時申込の場合のみ、1名につき5,500円(税込)割引いたします。
2. 大学(教員、学生)、公的機関、医療機関の方は、「アカデミック価格」33,000円/1名(税込)でご参加いただけます。(2名同時申込割引は適用されません)
割引適用の場合は、お申し込み後、技術情報協会より確認のご連絡を差し上げます。

●Live配信セミナーの受講について
・ Zoom公式サイトで視聴環境を確認の上、お申し込みください。
・ 開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
・ セミナー配布資料は印刷物を郵送いたします。
・ 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
・ 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
・ Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。