ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  エレクトロニクス  5G関連機器の熱対策と放熱材料

開催日 2020/12/18 (金) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

5G関連機器の熱対策と放熱材料

主催 株式会社 技術情報協会 講師 国峯 尚樹 氏 受講料 55,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
★ 小型化、薄型化が進む中で、どのように熱を逃がしていくか?
開催日時 2020/12/18 (金)     10:30~ 16:30     (受付  10:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2020/11/04  ~ 2020/12/17
主催会社 株式会社 技術情報協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 55,000円 (税込/各種割引については下段「お知らせ」欄をご参照ください)
開講場所 Zoomを利用したLive配信
※会場での講義は行いません 

講師
国峯 尚樹 氏 講師写真

国峯 尚樹 氏

(株)サーマルデザインラボ 代表取締役

カリキュラム、
プログラム
【習得できる知識】
・伝熱の基礎知識、スマホ、基地局、エッジ機器の熱対策方法
・放熱材料特性との選定方法、TIM実装方法と注意点
・ファン、ヒートシンクの選定・設計手法
・エッジサーバー、クラウドサーバの熱対策

【講座の趣旨】
次世代高速通信「5G」がいよいよ本格的な普及を目の前にしています。5Gは、単にスマホの話ではなく、自動車(コネクティッドカー)や産業機器、医療機器、FAなどあらゆる分野の礎となる通信技術です。5Gのエッジ機器はその高速性により大きな発熱を伴いながらもファンレス密閉を要求されることが多く、各種放熱材料を活用した筐体放熱や冷却デバイスの活用が不可欠です。
本講では5Gに関連した機器の熱対策手法と今後の放熱材料、デバイスについて幅広く解説します。

1.産業分野と冷却技術の動向
 1-1 5Gが及ぼす影響分野 ~通信、自動車、家電、生産etc~
 1-2 エッジコンピューティングと熱の分散
 1-3 今後見込まれる5G関連機器の発熱密度
 1-4 5G機器は多様な冷却技術を駆使 伝導冷却・冷却デバイス、空冷・水冷
 1-5 なぜ熱対策が重要か? 熱を制しないと機能・性能が発揮できない時代に

2.熱設計に必要な伝熱知識
 2-1 熱移動のメカニズム ミクロ視点とマクロ視点、熱の用語と意味
 2-2 すべての伝熱現象をオームの式で統一して扱う
 2-3 4つの基礎式から熱対策パラメータを導く
 2-4 機器の放熱経路と熱対策マップ
 2-5 放熱ルートは2つ

3.スマホ・基地局・エッジ機器の伝導冷却~端末の冷却は熱伝導~
 3-1 スマホの主要熱源と今後の予測
 3-2 スマホの構造と放熱ルート
 3-3 ソフト制御と蓄熱材の活用
 3-4 基地局(スモールセル)の構造と放熱(RRHとBBU)
 3-5 今後要求される冷却デバイス、材料の性能
 3-6 多用される放熱材料(TIM)とその選定法、トレンド
 3-7 TIMの選定における注意点、評価方法、ポンプアウト対策
 3-8 ヒートスプレッダと冷却デバイス
 3-9 ヒートパイプとベーパーチャンバー
 3-10 ギャップフィラとPCMの使用

4.5G機器に使用される高密度実装基板の冷却 ~極小部品と高発熱部品の処理がカギ~
 4-1 半導体パッケージの種類と放熱ルート
 4-2 高熱伝導基板の熱特性と特徴
 4-3 熱流束による基板の熱管理法
 4-4 設計初期段階で部品を3タイプに分類する
 4-5 基板の熱伝導で冷却する部品 銅箔による熱拡散
 4-6 内層とサーマルビアの効果を見極める

5.エッジサーバー/クラウドサーバーにおけるCPU/GPU、パワーアンプの冷却 ~冷却デバイスを活用した部品の熱対策~
 5-1 エッジサーバークラウドサーバーのCPU
 5-2 使用するヒートシンクの種類と性能
 5-3 包絡体積による熱抵抗推定
 5-4 ヒートパイプの種類と使用事例
 5-5 ヒートパイプ使用上の注意(トップヒートと加工)
 5-6 次世代デバイス ベーパーチャンバーとループ型ヒートパイプ

6.エッジコンピュータ機器 (密閉ファンレス筐体と強制空冷機器)
 6-1 エッジコンピュータの位置づけと利用場面
 6-2 エッジコンピュータ/エッジサーバーに要求される機能/耐候性
 6-3 密閉機器の冷却能力の見積、IP規格
 6-4 筐体表面の自然空冷フィン設計/最適フィン枚数/設置向き
 6-5 強制空冷ファンの特性と選定方法
 6-6 ファン周囲の風速分布
 6-7 最大出力領域で使用し、旋回失速領域を避ける
 6-8 強制空冷機器は通風口を開けすぎてはいけない
 6-9 PUSH型PULL型の選定とメリット・デメリット

【質疑応答】
特典 セミナー資料付
各講で最後に質疑応答時間あり。

セミナー参加費
支払い方法
1. 銀行振込または現金書留にてお願いいたします。

2. 原則として開催日までにお願い致します。

3. 銀行振込の場合は、原則として領収証の発行は致しません。

4. 振り込み手数料はご負担ください。
お知らせ ●各種割引について
1. 同一テーマ1社2名以上同時申込の場合のみ、1名につき5,500円(税込)割引いたします。
2. 大学(教員、学生)、公的機関、医療機関の方は、「アカデミック価格」33,000円/1名(税込)でご参加いただけます。(2名同時申込割引は適用されません)
※申込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させて頂く事がございます。

●Live配信セミナーの受講について
・ Zoom公式サイトで視聴環境を確認の上、お申し込みください。
・ 開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
・ セミナー配布資料は印刷物を郵送いたします。
・ 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
・ 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
・ Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。