ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  技術・研究(その他)  量子コンピュータの基礎と研究開発への応用

開催日 2020/11/17 (火) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

量子コンピュータの基礎と研究開発への応用

主催 株式会社 技術情報協会 講師 佐藤 貴彦 氏 &nbs... 受講料 55,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
★量子コンピュータは本当に1億倍速いの? 基礎から応用まで分かりやすくに解説します!

※Zoomを利用したLive配信  ※会場での講義は行いません
開催日時 2020/11/17 (火)     10:30~ 16:00     (受付  10:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2020/09/04  ~ 2020/11/10
主催会社 株式会社 技術情報協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 55,000円 (税込/各種割引については下段「お知らせ」欄をご参照ください)
開講場所 ZOOMを利用したLive配信
会場での講義は行いません  

講師
佐藤 貴彦 氏 講師写真

佐藤 貴彦 氏

慶應義塾大学 量子コンピューティングセンター 特任講師

今 昭 氏 講師写真

今 昭 氏

日本電気(株) 量子コンピューティング推進室、エグゼクティブグローバルディレクター

カリキュラム、
プログラム
■ プログラム
【10:30-14:15】 ※途中お昼休憩を挟みます
1.量子コンピュータ/量子インターネットの基礎と最新技術
慶應義塾大学 佐藤貴彦 氏

【講演項目】 
1.量子コンピュータ基礎の基礎
(1)量子ビットと量子ゲート
  a) 古典ビットと量子ビット
  b) 量子もつれと重ね合わせ状態
(2)量子回路の作り方
  a) 複数の量子ビットで出来ること
  b) 測定を加えた簡単な量子計算モデルを考える
2.量子コンピュータの能力と現状
(1)量子計算はなぜ速い?
  a) 代表的な量子アルゴリズムについて
  b) 量子コンピュータは本当に1億倍速いの?
(2)量子コンピュータの理想と現状
  a) 最近話題のNISQデバイス、量子体積(QV) とは何ですか?
  b) 量子超越性が達成されたと聞きましたが・・
  c) 量子コンパイラなど最近の量子アプリケーション
  d) 耐故障万能量子コンピュータの作り方
  e) 2020年代の量子コンピュータと注目するべきニュース
  f) 2030年代の量子コンピュータとその後の展望
3.量子インターネット最前線
(1)量子インターネットとは何か?
  a) なぜ量子情報を転送する必要があるのか
(2)量子インターネットの作り方
  a) 量子中継器ネットワーク
  b) 量子中継器ネットワーク
(3)2020年代の量子インターネット
  a) 世界の開発状況と日本の現状について
  b) 量子インターネットが直面する課題と最先端の話題
【質疑応答】

【14:30-16:00】
2.量子コンピュータの基礎と研究開発業務への活用方法
日本電気(株) 今 昭 氏

【講演趣旨】
量子力学的ふるまいを計算原理として積極活用する量子コンピュータがそれなりに動作し始めてきた。従来のコンピュータでは原理的に実用的な時間では処理し切れないアルゴリズムを、量子コンピュータでは実用的な時間内に処理できる可能性があることで高い期待が寄せられている。本講演では量子コンピュータの計算原理等の基礎を量子力学や計算機工学に精通していない研究者でも理解できるよう分かりやすく説明するとともに、研究開発業務においてどのように量子コンピュータと関わっていくべきかについて示唆を与える。

【講演項目】
1. 量子コンピュータの基礎
 1.1 計算需要の増大とムーアの法則の終焉
 1.2 量子コンピュータの発想の起源
 1.3 量子チューリングマシン
 1.4 量子アルゴリズムと量子加速
 1.5 量子ビットと実現方法
 1.6 従来コンピュータのアーキテクチャと量子コンピュータの状況
 1.7 量子コンピュータの分類
 1.8 汎用量子コンピュータの汎用性に関する考察
 1.9 量子コンピュータの現状と課題
 1.10 デコヒーレンスと計算ステップの限界
2. 量子コンピュータの利用と活用スキル
 2.1 フォルトトレラント量子コンピュータの動作の基礎
 2.2 NISQの動作の基礎
 2.3 量子アニーリングの動作の基礎
 2.4 量子コンピュータを動かしてみるには
3. 量子コンピュータと研究開発業務
 3.1 量子コンピュータを取り巻く研究と課題
 3.2 各国の研究プロジェクト
 3.3 量子コンピュータ関連の研究領域
 3.4 量子コンピュータに直結する研究
 3.5 量子コンピュータが活用できる研究
 3.6 量子コンピュータ時代に必要となる技術の研究
【質疑応答】
特典 セミナー資料付
各講で最後に質疑応答時間あり。終了後の個別質疑可。

セミナー参加費
支払い方法
1. 銀行振込または現金書留にてお願いいたします。

2. 原則として開催日までにお願い致します。

3. 銀行振込の場合は、原則として領収証の発行は致しません。

4. 振り込み手数料はご負担ください。
お知らせ ●各種割引について
1. 同一テーマ1社2名以上同時申込の場合のみ、1名につき5,500円(税込)割引いたします。
2. 大学(教員、学生)、公的機関、医療機関の方は、「アカデミック価格」33,000円/1名(税込)でご参加いただけます。(2名同時申込割引は適用されません)
割引適用の場合は、お申し込み後、技術情報協会より確認のご連絡を差し上げます。

●Live配信セミナーの受講について
・ Zoom公式サイトで視聴環境を確認の上、お申し込みください。
・ 開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
・ セミナー配布資料は印刷物を郵送いたします。
・ 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
・ 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
・ Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。