ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  化学・高分子  食品接触材料の規制概要と求められる試験

開催日 2021/03/12 (金) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

【Live配信セミナー】

食品接触材料の規制概要と求められる試験

主催 株式会社 技術情報協会 講師 吉竹 政子 氏 &nbs... 受講料 60,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
★ 食品包装資材とその周辺材料のメーカーに求められる対応は?
開催日時 2021/03/12 (金)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2021/03/11
主催会社 株式会社 技術情報協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 60,500円 (税込/各種割引については下段「お知らせ」欄をご参照ください)
開講場所 ZOOMを利用したLive配信
※会場での講義は行いません 

講師
吉竹 政子 氏 講師写真

吉竹 政子 氏

ユーロフィン・フードアンドプロダクト・テスティング(株) 食品ユニット ASMグループ マネージャー

鈴木 政明 氏 講師写真

鈴木 政明 氏

クロムソードジャパン(株) セールス/マーケッティング マネージャー

カリキュラム、
プログラム
【10:00-15:15】(途中 昼食休憩を含みます)
1.欧州、米国、日本における食品接触容器・包装材料規制の概要と対応試験
ユーロフィン・フードアンドプロダクト・テスティング(株) 食品ユニット ASMグループ マネージャー 吉竹 政子 氏

【講座の趣旨】
分かりづらい食品容器包装規制の内容について、先行して実施している欧州、米国、中国等諸外国のレギュレーションと比較しながら解説します。また、食品の輸出が伸びている中、輸出先のレギュレーションを確認することは重要です。上記以外の国に関しても解説します。今回は、食品容器包装だけでなく医薬品包装材料に関しても解説します。こちらは、食品容器包装のように、各々の国でレギュレーションがあるわけではないため、海外の実情を加えて形で解説します。

【習得できる知識】
・各国の容器包装(食品及び医薬品)の規制内容を習得できる
・主要国以外の規制が習得できる

1.欧州の容器包装
 1.1 概要
 1.2 EUレギュレーション
 (EC No.1935/2004, EC No.10/2011,プラスチック施行規則(PIM))
 1.3 実施事例
 1.4 EUの試験方法

2.米国の容器包装
 2.1 概要
 2.2 USのレギュレーション(FDA 21CFR)
 2.3 USの試験方法

3.中国の食品接触規制
 3.1 概要
 3.2 中国のレギュレーション(GB4806.1-2016を中心に解説)
 3.3 試験方法(GB31604.1-9の解説)

4.日本の容器包装
 4.1 概要
 4.2 日本のレギュレーション(改正食品衛生法)
 4.3 日本の試験方法
 4.4 日本と欧州、米国の比較

5.他のポジティブリスト制度採用国の紹介
 5.1 概要(インド、オーストラリア、ベトナム、メルコスール、中東)
 5.2 各国レギュレーション
 5.3 試験方法

6.各国と日本の規制の比較

7.海外の医薬品包装の実情
 7.1 概要(各国及び各機関のルール等)
 7.2 試験の実施事例


【15:30-17:00】
2.食品容器・包装における溶出試験
クロムソードジャパン(株) セールス/マーケッティング マネージャー 鈴木 政明 氏
 
1.合成樹脂のリスク評価手順の概要
 1.1 情報収集及び有害物質の選出

2.抽出条件の検討
 2.1 食品疑似溶媒
 2.2 様々な機器分析とその抽出法
 2.3 抽出手順と分析機器の使い分け
 2.4 GC/MSの代表的なサンプル前処理法溶媒抽出法
 2.5 ヘッドスペース法
 2.6 LC/MS代表的なサンプル前処理法溶媒抽出法

3.ターゲット分析とノンターゲット分析
 3.1 GC/MSによる分析
 3.2 LC/MSによる分析

4.E&L用クロマトグラムシミュレーションソフトウエアの利用
 4.1 保持時間から構造式をシミュレーション(ソフトウエア;OffLine)
 4.2 最適カラムと溶媒の選択
 4.3 熱可塑性樹脂用ライブラリー例
特典 セミナー資料付
各講で最後に質疑応答時間あり。

セミナー参加費
支払い方法
1. 銀行振込または現金書留にてお願いいたします。

2. 原則として開催日までにお願い致します。

3. 銀行振込の場合は、原則として領収証の発行は致しません。

4. 振り込み手数料はご負担ください。
お知らせ ●各種割引について
1. 同一テーマ1社2名以上同時申込の場合のみ、1名につき5,500円(税込)割引いたします。
2. 大学(教員、学生)、公的機関、医療機関の方は、「アカデミック価格」33,000円/1名(税込)でご参加いただけます。(2名同時申込割引は適用されません)

割引適用の場合は、お申し込み後、技術情報協会より確認のご連絡を差し上げます。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など,状況により中止させて頂く事が御座います。

●Live配信セミナーの受講について
・ セミナー配布資料は印刷物を郵送いたします。
・ 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
・ 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。