ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  技術・研究(その他)  設計業務へのDX導入・活用と効率化の進め方

開催日 2022/07/07 (木) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

【Live配信セミナー】

設計業務へのDX導入・活用と効率化の進め方

主催 株式会社 技術情報協会 講師 財前 紀行 氏 &nbs... 受講料 60,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
★CAD データを一元管理!モデルや図面を自分で探せるようにする方法とは!
★3D CADやCAEなどデジタル技術を推進する上での壁の壊し方、打開策を大公開!!
開催日時 2022/07/07 (木)     10:30~ 16:15     (受付  10:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2022/05/02  ~ 2022/07/06
主催会社 株式会社 技術情報協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 定員数の上限はございません
受講料 60,500円 (税込/各種割引については下段「お知らせ」欄をご参照ください)
開講場所 Zoomを利用したLive配信
※会場での講義は行いません。 

講師
財前 紀行 氏 講師写真

財前 紀行 氏

PTCジャパン(株) 執行役員 製品技術事業部 副事業部長

岡田 浩 氏 講師写真

岡田 浩 氏

オムロン(株) グローバル購買・品質本部 品質技術室 工程品質技術部 兼 技術本部 デジタルデザインセンタ 技術専門職 技術士(機械部門)

内村 満幸 氏 講師写真

内村 満幸 氏

AIメカテック(株) 社長付(設計CAE他、特命事項担当)

カリキュラム、
プログラム
<10:30~12:00>
1.デジタルトランスフォーメーションは製品開発情報の整備から始まる
PTCジャパン(株) 財前 紀行 氏

【講演趣旨】
昨今、デジタルトランスフォーメーションという言葉をよく耳にします。PTCにも多くの質問が寄せられており、実際お客様の所を訪問しますと、それ以前に、数年前に導入した3D CADが上手く運用できていないという場合があります。本セッションでは、そういった現状の課題を解決し、どのようにデジタルトランスフォーメーションを推進していくのかについてお話しします。

【講演項目】
1.現状
2.3Dを基幹情報にする
 2-1.3Dを中心に設計し、2Dは3Dと連携する
 2-2.CAD データを一元管理し、モデルや図面を必要な人が自分で探せる
3.CAD/PLM を活用
 3-1.Generative Design
 3-2.リアルタイム解析
 3-3.付加製造
 3-4.バリエーション
 3-5.eBOM/mBOM/sBOM
 3-6.変更管理
4.次世代 製品開発環境
 4-1.IoT連携
 4-2.AR連携
【質疑応答】

<13:00~14:30>
2.DX時代にこそ求められるAI×CAE活用の真価
        ~製品開発の競争力を高めるヒント~
オムロン(株) 岡田 浩 氏

【講演趣旨】
・CAEの操作性、連成CAE解析機能 ・最適化解析機能の向上
・CAEソフト,PC等の低価格化
クラウド、スパコンの進展でCAEは、製造現場の技術者の身近なツールになりつつあるが、下記の声もある。
・自分が行ったCAEの解析設定が正しいか?
・CAEの結果をどう評価してよいか?
・CAEはどこまで実現象を反映しているか?
このような状況の中で、本講演では下記の3点を述べる。

【講演項目】
1.CAEのメリットとCAE活用に必要なこと、従来のCAE教育
2.連成解析・加工を考慮したCAEの活用事例
3.AIと融合した今後のCAE活用(AI×CAE)の考え方と取り組み状況、今後の進め方
【質疑応答】

<14:45~16:15>
3.デジタルエンジニアリングへの取り組み ~3D設計とCAEの活用状況~
AIメカテック(株) 内村 満幸 氏

【講演趣旨】
デジタルエンジニアリングの中でも特に3D設計とCAEを中心とする当社の取り組みを通じて、推進上の壁や打開策、工夫したところ、今後の展望、及び取り組み始めた教育環境の整備や製造への展開等を紹介し、これからデジタルエンジニアリングに取り組もうとされている企業さまや取り組み中でご苦労されている企業さまのご参考になればという趣旨での講演。また、まとめとしてデジタルエンジニアリングへの当社の考え方について紹介させて戴く。

【講演項目】
1.会社紹介
2.3D設計への取り組み
3.CAEへの取り組み
4.構造解析事例
5.熱流体解析事例
6.製造への展開
7.まとめ
【質疑応答】
特典 セミナー資料付
各講で最後に質疑応答時間あり。

セミナー参加費
支払い方法
1. 銀行振込または現金書留にてお願いいたします。

2. 原則として開催日までにお願い致します。

3. 銀行振込の場合は、原則として領収証の発行は致しません。

4. 振り込み手数料はご負担ください。
お知らせ ●各種割引について
1. 同一テーマ1社2名以上同時申込の場合のみ、1名につき5,500円(税込)割引いたします。
2. 大学(教員、学生)、公的機関、医療機関の方は、「アカデミック価格」33,000円/1名(税込)でご参加いただけます。(2名同時申込割引は適用されません)

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など,状況により中止させて頂く事が御座います。

●Live配信セミナーの受講について
・ Zoom公式サイトで視聴環境を確認の上、お申し込みください。
・ 開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
・ セミナー配布資料は印刷物を郵送いたします。
・ 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
・ 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
・ Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。