ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  化学・高分子  超臨界流体・超臨界水によるプラスチックの再資源化とモノマー回収率の向上

開催日 2022/07/06 (水) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

超臨界流体・超臨界水によるプラスチックの再資源化とモノマー回収率の向上

主催 株式会社 技術情報協会 講師 岡島 いづみ 氏 &nb... 受講料 60,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
★ ケミカルリサイクルで期待されている超臨界水!導入にあたっての課題は?
開催日時 2022/07/06 (水)     10:30~ 16:30     (受付  10:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2022/05/02  ~ 2022/07/05
主催会社 株式会社 技術情報協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 定員数の上限はございません
受講料 60,500円 (税込/各種割引については下段「お知らせ」欄をご参照ください)
開講場所 Zoomを利用したLive配信
※会場での講義は行いません。 

講師
岡島 いづみ 氏 講師写真

岡島 いづみ 氏

静岡大学 工学部 化学バイオ工学科 准教授

上村 明男 氏 講師写真

上村 明男 氏

山口大学 工学部

堀 久男 氏 講師写真

堀 久男 氏

神奈川大学 理学部 教授

カリキュラム、
プログラム
【10:30-12:10】
1.亜臨界・超臨界流体を用いる樹脂のリサイクル技術とモノマー回収

静岡大学 工学部 化学バイオ工学科 准教授 岡島 いづみ 氏

【習得できる知識】
亜臨界・超臨界流体を溶媒とした樹脂の分解挙動と、それを基にした樹脂のモノマー化技術の可能性

【講座の趣旨】
亜臨界・超臨界流体による反応法は、グリーン溶媒を用いた方法として注目されている。本講演では初めに亜臨界・超臨界流体の基本に触れ、その上で亜臨界・超臨界流体を溶媒として用いた樹脂や樹脂を含む複合材料のモノマー化技術に加え、いくつかのリサイクル技術への展開について紹介する。

1.プラスチックのリサイクルについて

2.亜臨界・超臨界流体とは

3.亜臨界・超臨界流体を用いる熱可塑性プラスチックのリサイクル
 3.1 ポリエステル
 3.2 ポリアミド
 3.3 ポリオレフィン

4.亜臨界・超臨界流体を用いる熱硬化性プラスチックのリサイクル
 4.1 エポキシ樹脂
 4.2 フェノール樹脂
 4.3 架橋ポリエチレン

5.複合材料のリサイクル
 5.1 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)
 5.2 多層フィルム

【質疑応答】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

【13:00-14:40】
2.プラスチックの解重合:超臨界アルコールからイオン液体までを使った新手法

山口大学 工学部 上村 明男 氏

【習得できる知識】
・超臨界アルコールを用いたプラスチックの解重合の手法やその化学
・解重合された原料を使った再生プラスチックの合成とそれらの物性評価
・単純な解重合をさらに反応させることによる炉サイクル化学の展開の可能性

【講座の趣旨】
超臨界アルコールを使ったプラスチックの解重合の成果を示すことで、今後の社会的要求として増大していく使用済みプラスチックの炭素資源としての循環利用方法の開拓や確立に、諸方面の専門家が得意分野を持ち寄って新たな方法論を展開し社会として動いていけるためのきっかけとしたい。

1.プラスチックのリサイクル
 1.1 マテリアルリサイクル
 1.2 サーマルリサイクル
 1.3 ケミカルリサイクル
 1.4 ケミカルリサイクルの化学的問題点 
 1.5 ケミカルリサイクルの経済的問題点

2.超臨界アルコールを用いた解重合化学
 2.1 FRPの解重合反応
 2.2 回収したモノマーを用いた再生プラスチックの合成
 2.3 ポリアミドの解重合反応

3.イオン液体を用いた解重合化学
 3.1 イオン液体とは
 3.2 ポリアミドの解重合反応
 3.3 FRPの解重合反応

4.ポリアミドの有用物質への直接変換反応
 4.1 メタノールを用いた解重合反応
 4.2 反応の化学的考察
 4.3 解重合反応の化学
 4.4 反応の速度論的解析

5.まとめ

【質疑応答】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

【14:50-16:30】
3.高温高圧水を用いたフッ素ポリマーおよび関連物質の分解・再資源化

神奈川大学 理学部 教授 堀 久男 氏

【習得できる知識】
フッ素ポリマーを含めた有機フッ素化合物の分解・再資源化技術の研究状況

1.高温高圧水とは
 1.1 超臨界水の性質
 1.2 亜臨界水の性質

2.フッ素ポリマーの分解方法
 2.1 イオン交換膜(ペルフルオロスルホン酸ポリマー)の亜臨界水分解
 2.2 ポリフッ化ビニリデン(PVDF)、エチレン・テトラフルオロエチレン共重合体(ETFE)、および関連するフッ素ポリマーの分解方法
  2.2.1 酸素ガス+超臨界水反応
  2.2.2 過酸化水素+亜臨界水反応
  2.2.3 過マンガン酸カリウム+亜臨界水反応
 2.3 反応液からの人工蛍石の合成

3.その他の有機フッ素化合物の分解方法
 3.1 ペルフルオロオクタン酸(PFOA)等の温水分解
 3.2 ペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)等の亜臨界水分解
 3.3 フッ素系イオン液体

4.有機ケイ素化合物の亜臨界水分解

【質疑応答】
特典 セミナー資料付
各講で最後に質疑応答時間あり。

セミナー参加費
支払い方法
1. 銀行振込または現金書留にてお願いいたします。

2. 原則として開催日までにお願い致します。

3. 銀行振込の場合は、原則として領収証の発行は致しません。

4. 振り込み手数料はご負担ください。
お知らせ ●各種割引について
1. 同一テーマ1社2名以上同時申込の場合のみ、1名につき5,500円(税込)割引いたします。
2. 大学(教員、学生)、公的機関、医療機関の方は、「アカデミック価格」33,000円/1名(税込)でご参加いただけます。(2名同時申込割引は適用されません)

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など,状況により中止させて頂く事が御座います。

●Live配信セミナーの受講について
・ Zoom公式サイトで視聴環境を確認の上、お申し込みください。
・ 開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
・ セミナー配布資料は印刷物を郵送いたします。
・ 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
・ 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
・ Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。