ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  特許・知的財産  数値限定発明、パラメータ発明の特許要件、出願ポイントと強い特許明細書の作成

開催日 2022/07/05 (火) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

【Live配信セミナー】

数値限定発明、パラメータ発明の特許要件、出願ポイントと強い特許明細書の作成

主催 株式会社 技術情報協会 講師 野中 啓孝 氏 受講料 55,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
★権利の有効性、測定方法・測定条件が一義的でない場合のクレーム解釈、
      追試実験データの提出、先使用権の主張…数値限定発明特有の問題点とその対策!
開催日時 2022/07/05 (火)     10:30~ 16:30     (受付  10:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2022/05/02  ~ 2022/07/04
主催会社 株式会社 技術情報協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 定員数の上限はございません
受講料 55,000円 (税込/各種割引については下段「お知らせ」欄をご参照ください)
開講場所 Zoomを利用したLive配信
※会場での講義は行いません 

講師
野中 啓孝 氏 講師写真

野中 啓孝 氏

弁護士法人・弁理士法人レクシード 弁護士・弁理士

カリキュラム、
プログラム
【講演趣旨】 
数値限定発明とは、「発明を特定するための事項を、数値範囲により数量的に表現したもの」で、特に化学 系や材料系の分野において出願されており、通常の発明にはない固有の問題が種々あります。例えば、権利の有効性 の問題、測定方法・測定条件が一義的でない場合のクレーム解釈、追試実験データの提出、先使用権の主張などです。 このような数値限定発明に関する問題点を、化学の技術分野を中心に、リーディングケースから最新の裁判例まで触れ ながら、分かりやすく解説します。そして、数値限定発明特許の権利行使時の権利者側・相手側のそれぞれの立場に 立った反論のポイントをお伝えするとともに、特許出願戦略としての数値限定発明の有用性や権利行使に耐えうる明細 書作成のための留意点についてもご紹介致します。是非この機会に多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

【講演項目】
1.はじめに
  1.1 数値限定発明の問題点
  1.2 数値限定発明とは
  1.3 パラメータ発明とは
  1.4 数値限定発明と特許権侵害訴訟
2.特許要件
  2.1 進歩性
    (1)数値限定発明の3分類
    (2)タイプA (3)タイプB (4)タイプC
  2.2 記載要件(サポート要件)
    (1)サポート要件の基本
    (2)サポート要件違反となった裁判例
    (3)サポート要件を肯定した裁判例
    (4)サポート要件のチェックポイント
    (5)実験成績証明書の後出し
  2.3 記載要件(実施可能要件)
    (1)実施可能要件の基本
    (2)実施可能要件違反となった裁判例
    (3)実施可能要件を肯定した裁判例
  2.4 記載要件(明確性要件)
    (1)明確性要件の基本
    (2)明確性要件違反となった裁判例
3.権利行使
  3.1 裁判所の判断枠組み
  3.2 リーディングケースの紹介
  3.3 ティッシュペーパー事件の紹介
  3.4 測定方法・測定条件の記載が一義的でない場合に権利行使に与える影響
    (1)第三者側からの視点
    (2)特許権者側からの視点
    (3)明細書作成者側からの視点
  3.5 測定方法・測定条件の記載が一義的であるが測定結果がばらつく場合の影響
  3.6 製品ごとの物性のばらつきが権利行使に与える影響
  3.7 ばらつきにも種類がある
  3.8 測定誤差の影響
  3.9 均等論の適否
4.先使用権
  4.1 先使用権の抗弁権の実務
  4.2 事実実験公正証書の重要性
  4.3 先使用権が否定された裁判例の紹介
  4.4 先使用権が肯定された裁判例の紹介
  4.5 対策のまとめ
  4.6 創作物アプローチとパブリック・ドメインアプローチ
  4.7 公然実施
5.特許出願戦略
  5.1 数値限定発明を出願すべきか?
  5.2 数値限定発明特許の位置づけは?
6.強い数値限定発明特許明細書の書き方
  6.1 クレームについて
  6.2 技術的変数について
  6.3 進歩性について
  6.4 サポート要件について
  6.5 実施可能要件について
  6.6 測定方法・測定条件について
  6.7発明者の教育が必須
【質疑応答】
特典 セミナー資料付
各講で最後に質疑応答時間あり。

セミナー参加費
支払い方法
1. 銀行振込または現金書留にてお願いいたします。

2. 原則として開催日までにお願い致します。

3. 銀行振込の場合は、原則として領収証の発行は致しません。

4. 振り込み手数料はご負担ください。
お知らせ ●各種割引について
1. 同一テーマ1社2名以上同時申込の場合のみ、1名につき5,500円(税込)割引いたします。
2. 大学(教員、学生)、公的機関、医療機関の方は、「アカデミック価格」33,000円/1名(税込)でご参加いただけます。(2名同時申込割引は適用されません)
※申込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させて頂く事がございます。

●Live配信セミナーの受講について
・ Zoom公式サイトで視聴環境を確認の上、お申し込みください。
・ 開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
・ セミナー配布資料は印刷物を郵送いたします。
・ 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
・ 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
・ Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。