ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  エレクトロニクス  電波反射材によるミリ波伝搬の制御、通信環境改善

開催日 2022/07/20 (水) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

【Live配信セミナー】

電波反射材によるミリ波伝搬の制御、通信環境改善

主催 株式会社 技術情報協会 講師 齋藤 健太郎 氏 &nb... 受講料 66,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
★ 5G、6G無線通信の本格普及に向けたキーマテリアル! 設計、評価事例を詳説!
開催日時 2022/07/20 (水)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/07/19
主催会社 株式会社 技術情報協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 66,000円 (税込/各種割引については下段「お知らせ」欄をご参照ください)
開講場所 Zoomを利用したLive配信
※会場での講義は行いません  

講師
齋藤 健太郎 氏 講師写真

齋藤 健太郎 氏

東京電機大学 システムデザイン工学部 デザイン工学科 准教授

村上 靖宜 氏 講師写真

村上 靖宜 氏

電気通信大学 情報理工学研究科 情報・ネットワーク工学専攻 助教

加藤 悠人 氏 講師写真

加藤 悠人 氏

(国研)産業技術総合研究所 物理計測標準研究部門 電磁気計測研究グループ 主任研究員

川本 雄一 氏 講師写真

川本 雄一 氏

東北大学 大学院情報科学研究科 応用情報科学専攻 准教授

カリキュラム、
プログラム
【10:00-11:30】
1.ミリ波の伝搬特性と障害物による遮蔽損失特性
東京電機大学 齋藤 健太郎 氏
 
【講座の趣旨】
ミリ波帯無線は固定無線通信や衛星通信等の分野では利用されてきた歴史を持つが,携帯電話等の移動通信に用いるにあたっては従来から用いられてきたマイクロ波帯無線(800MHzから3GHz帯)とは大きく異なる振る舞いを持つ部分があり,システム設計や運用では電波伝搬特性を考慮する必要がある.
  本講演では電波伝搬の周波数特性,建物等の障害物による遮蔽損失特性等の理論を実際の電波伝搬実験の結果等を交えながら解説する.

1 .第5世代移動通信システムと電波伝搬モデルの役割
2.ミリ波無線はなぜ「飛ばない」のか
 2.1 電波の伝搬損失の理論
 2.2 反射損失
 2.3 回折損失
 2.4 透過損失
3.建材・障害物による遮蔽損失の実際
 3.1 建材の材料特性
 3.2 建材による遮蔽損失実験
 3.3 ユーザ自身による電波の遮蔽損失


【12:10-13:40】
2.メタマテリアル電波散乱シート、反射板付アンテナの開発と応用
電気通信大学 村上 靖宜 氏
 
【講座の趣旨】
5Gでは28GHz帯の電波が使用され、ある方向に電波を強く放射する指向性の鋭いアンテナが用いられるため、例えば、送受信アンテナの間にパーティション等の遮蔽物がある場合、電波が受信アンテナに届かくなり、通信品質が大きく劣化する問題がある。本講では無線通信品質改善を目的としたメタマテリアル電波散乱シートについて解説する。また、アンテナの小型化、薄型化、高性能化の要求に対して開発したメタ・サーフェス反射板付アンテナについて紹介する。

1.通信品質改善のための電波散乱シートの開発
 1.1 電波散乱シートの構成と設計法
 1.2 設計法に基づいた電波散乱シートの特性
 1.3 実験による電波散乱シートの通信品質改善効果の評価
2.メタ・サーフェス反射板付アンテナ
 2.1 誘電体基板を用いた人工磁気導体の設計と特性
 2.2 人工磁気導体反射板付ダイポールアンテナの構成と特性改善
 2.3 メタ・サーフェス反射板付ダイポールアンテナのビーム方向制御


【13:50-15:20】
3.140GHz帯メタサーフェス反射板によるミリ波電波伝搬制御
(国研)産業技術総合研究所 加藤 悠人 氏

【講座の趣旨】
ポスト5G/6G無線通信のエリア拡大には、入射電磁波を任意方向に反射させるメタサーフェス反射板の利用が有望視されている。ポスト5G/6Gで利用が想定される140 GHz帯において高効率の異常反射特性を有するメタサーフェス反射板を実証した事例の紹介を通して、設計の基礎理論や設計・評価のためのミリ波帯計測技術について解説する。

1.ポスト5G/6Gにおけるメタサーフェス反射板
2.メタサーフェス反射板の設計理論
3.反射板設計のためのミリ波帯材料計測技術
4.反射板評価のためのアンテナ計測技術
5.140 GHz帯メタサーフェス反射板の異常反射特性の実証


【15:30-17:00】
4.6Gに向けたIntelligent Reflecting Surfaceによる無線伝搬路制御
東北大学 川本 雄一 氏
 
【講座の趣旨】
本講演では6G実現に向けた技術要素の一つとして注目を集めているIntelligent Reflecting Surface (IRS) に関する研究内容について紹介する.IRSは各メタ原子の反射特性を変更することで,IRSに入射した電波の反射方向を任意の方向に制御することが可能である.このIRSを利用した新たな移動通信システムの実現に向けて世界中で様々な取り組みが成されている中で,我々の研究グループが特に取り組んでいる無線伝搬路制御に関する研究内容を紹介する.

1.IRSを利用した通信システムとは
2.関連研究開発の動向
3.研究事例紹介
 3.1 チャネル推定オーバヘッド削減に関して
 3.2 セルフリーネットワークにおける多元接続方式に関して
 3.3 銅板を用いたIRS模擬実験
 3.4 自律分散型IRS
 3.5 “対空”通信のためのIRS配置
特典 セミナー資料付
各講で最後に質疑応答時間あり。終了後の個別質疑、名刺交換、可。

セミナー参加費
支払い方法
1. 銀行振込または現金書留にてお願いいたします。

2. 原則として開催日までにお願い致します。

3. 銀行振込の場合は、原則として領収証の発行は致しません。

4. 振り込み手数料はご負担ください。
お知らせ ●各種割引について
1. 同一テーマ1社2名以上同時申込の場合のみ、1名につき5,500円(税込)割引いたします。
2. 大学(教員、学生)、公的機関、医療機関の方は、「アカデミック価格」33,000円/1名(税込)でご参加いただけます。(2名同時申込割引は適用されません)

割引適用の場合は、お申し込み後、技術情報協会より確認のご連絡を差し上げます。

※定員になり次第、お申込みは締切となります。
※申し込み人数が開催人数に満たない場合など,状況により中止させて頂く事が御座います。

●Live配信セミナーの受講について
・ セミナー配布資料は印刷物を郵送いたします。
・ 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
・ 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。