ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  経営  IT・Web戦略  モバイル業界の2017~2020年

開催日 2017/04/06 (木) 開催地 東京都

「スマホの次」の本命は?5G、AR/VR、AI、IoT

モバイル業界の2017~2020年

主催 株式会社 新社会システム総合研究所 講師 石川 温 氏  ... 受講料 無料

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
Ⅰ. スマホの次は実在するのか。モバイル業界のトレンドを読む

ジャーナリスト
石川 温(いしかわ つつむ) 氏

【13:00~14:15】

Ⅱ. モバイルネットワークの展望~5Gに向けて~

KDDI(株) 技術統括本部 技術開発本部 シニア・ディレクター
松永 彰(まつなが あきら) 氏

【14:25~15:40】

Ⅲ. 2020年モバイル業界の行方

(株)日経BPコンサルティング コンサルティング本部 チーフコンサルタント
藤澤 一郎(ふじさわ いちろう) 氏

【15:45~17:00】
  特典
開催日時 2017/04/06 (木)     13:00~ 17:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2017/04/05
主催会社 株式会社 新社会システム総合研究所
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 60名
受講料 無料
開講場所 ・会場名: SSK セミナールーム
・住所: 〒105-0003 東京都港区西新橋2-6-2  友泉西新橋ビル4F
・交通アクセス: ●JR新橋駅より徒歩5分[烏森口]●都営地下鉄内幸町駅より徒歩3分[A3出口](三田線)
講師
石川 温 氏 講師写真

石川 温 氏  (イシカワ ツツム)

ジャーナリスト

日経トレンディ編集部を経て、2003年に独立。現在、主にケータイ・スマホ業界を幅広く取材し、日経電子版「モバイルの達人」連載、ラジオNIKKEI「石川温のスマホNo.1メディア」(木曜22時)、NHK Eテレ「趣味どきっ! はじめてのスマホ」講師、メルマガ「スマホ業界新聞」(毎週土曜配信)など、各メディアでスマホ関連のコメントや記事執筆を多数行う。近著に「仕事の能率を上げる 最強最新スマホ&パソコン活用術」(朝日新聞出版)がある。

松永 彰 氏 講師写真

松永 彰 氏  (マツナガ アキラ)

KDDI(株) 技術統括本部 技術開発本部 シニア・ディレクター

1983年 KDD(国際電信電話株式会社:現KDDI)入社。デジタル衛星通信技術の研究開発、国際海底ケーブルプロジェクト、ネットワーク計画等に従事。2000年のKDDI発足以来、移動体通信技術部門において、移動通信技術の企画、商用基地局開発、標準化作業等に従事。2014年4月、KDDI技術開発本部シニア・ディレクターに就任、5G等の移動体通信の新技術の開発等に従事。現在、5GMF(第5世代モバイル推進フォーラム)技術委員会 委員長代理を務める。

藤澤 一郎 氏 講師写真

藤澤 一郎 氏  (フジサワ イチロウ)

(株)日経BPコンサルティング コンサルティング本部 チーフコンサルタント

通信事業者、シンクタンクにて長期にわたり移動体通信の研究開発、マーケティング、戦略策定、商品企画等に携わる。シンクタンクでは国内外の移動通信に関する調査研究に携わり、技術動向/市場分析予測、事業戦略に関する調査・コンサルティングに従事。各種分野での講演活動等に取組む。2006年~(株)日経BPコンサルティングにて現職。モバイル/ICTを中心とした新商品、サービスの企画/導入戦略/マーケティングを中心とした企業コンサルティングに従事。調査報告書として「携帯電話・スマートフォン\"法人利用\"実態調査」を毎年発行。2017年1月に最新刊を発行。

カリキュラム、
プログラム
Ⅰ. スマホの次は実在するのか。モバイル業界のトレンドを読む

モバイル業界では、国内外で2つのトレンドが動いている。日本国内では、格安スマホが台頭し、MVNOの存在感が増している一方、KDDIやソフトバンクはサブブランドや子会社を活用して対抗しつつある。MVNOは600社を超えるといわれるなか、早くも淘汰が始まろうとしている。海外では、「スマホの次」として、アマゾンやグーグルが音声対応デバイスで家庭内での影響力を増そうとしている。スマホが登場し「タッチで操作」することが当たり前になったが、これからは「音声で操作」というのがトレンドになるかもしれない。部屋に音声認識デバイスを置くという習慣が広まるなか、今後、アップルがどのような対抗策を打ち出してくるのかが、当面の注目と言える。本講演では、2017年初頭にラスベガスで開催されたCES、スペインのMWCでの取材を元に、今年のモバイル業界のトレンドを俯瞰する。

1.5G時代に花開くIoTビジネス
2.グーグル「Tango」でスマホもまだまだ進化する
3.淘汰が始まり、生き残りに必死な格安スマホ
4.音声対応デバイス「Amazon・Echo」の期待と課題
5.ロボット、ドローン、AI…「スマホの次」の本命はどれだ
6.質疑応答/名刺交換

Ⅱ. モバイルネットワークの展望~5Gに向けて~

2020年頃の実用化を目指して、第5世代移動通信システム(5G)への取組みが世界的に本格化している。本講演では、5Gに向けたモバイルネットワークの展望として、5G時代に向けて多様化する要件、その要件の実現を目指したネットワークの主要な技術要素、技術的なチャレンジ等について概観する。

1.5Gの世界
2.5Gにおける技術チャレンジ
3.5Gのユースケース
4.今後の取組み
5.質疑応答/名刺交換

Ⅲ. 2020年モバイル業界の行方

1998年長野オリンピックから22年後となる2020年東京オリンピックの開催まで、あと3年と少しとなった。オリンピック開催において、この22年間で通信インフラ、通信サービスは劇的に変化し、今やモバイルは必然の存在となった。2020年に向け海外からの渡航者が拡大し、モバイルを活用した海外渡航者向けのインバウンド施策/サービスに注目が集まるとともに、オリンピックの相乗効果により地域の活性化におけるモバイルの活用が高まっている。本講演では、そのような背景をもとに5G、AR/VR、AI、IoTなどの注目のトレンドを交え、各事業者/ベンダー等の取組みを踏まえた2020年におけるモバイル環境とモバイル業界の行方について俯瞰する。

1.2020年のモバイル市場環境
  (1998年長野オリンピックから22年後のモバイル市場の変化)
2.海外渡航者拡大に向けた注目のモバイルインバウンド施策/サービス
3.地域活性化に活きるモバイル活用
4.2020年AR/VR、AI、IoTはどこまで活用されているのか
5.2020年モバイル業界の行方
お知らせ -受講料-
1名につき 32,400円(税込)
同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込)

※お客様のご都合でキャンセルされる場合は、 開催1週間前までにお申し出ください。
その後のキャンセルは、お申し受けできませんのでご了承ください。

  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。