ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  経営  経営管理/戦略  医療機関における健康経営の実践と導入効果

開催日 2018/06/06 (水) 開催地 東京都

医療機関における健康経営の実践と導入効果

主催 株式会社 新社会システム総合研究所 講師 尾形 裕也 氏 &nbs... 受講料 32,400円

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
Ⅰ. 医療機関における健康経営の必要性と実践

九州大学 名誉教授
尾形 裕也(おがた ひろや) 氏

【13:00~14:10】

Ⅱ. 健康経営への取り組みが経営に及ぼした効果

特定医療法人財団 博愛会 理事長
那須 繁(なす しげる) 氏

【14:25~15:35】

Ⅲ. 健康寿命延伸への日本医師会の取り組み

公益社団法人日本医師会 副会長
今村 聡(いまむら さとし) 氏

【15:50~17:00】

  特典
開催日時 2018/06/06 (水)     13:00~ 17:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2018/06/05
主催会社 株式会社 新社会システム総合研究所
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 60名
受講料 32,400円
開講場所 ・会場名: アーバンネット神田カンファレンス
・住所: 〒101-0047 東京都千代田区内神田3-6-2  アーバンネット神田ビル
・交通アクセス: ●JR山手線・中央線・京浜東北線「神田駅」南改札・西口徒歩1分●東京メトロ銀座線「神田駅」1番出口徒歩2分
講師
尾形 裕也 氏 講師写真

尾形 裕也 氏  (オガタ ヒロヤ)

九州大学 名誉教授

東京大学工学部(都市工学科)、経済学部卒
1978年 厚生省入省/1981年 OECD事務局(在パリ)出向
1983年より厚生省の各課を経て、1989年 在ジュネーヴ国際機関日本政府代表部一等書記官
1992年 厚生省大臣官房国際課課長補佐
1993年より千葉市環境衛生局長、厚生省健康政策局看護職員確保対策官、国家公務員共済組合連合会病院部長、国立社会保障・人口問題研究所 社会保障応用分析研究部長、九州大学大学院医学研究院 医療経営・管理学講座 教授、東京大学政策ビジョン研究センター特任教授等を歴任
2013年より九州大学名誉教授

那須 繁 氏 講師写真

那須 繁 氏  (ナス シゲル)

特定医療法人財団 博愛会 理事長

1980年 九州大学医学部卒業/同年 第三内科入局
1983年 博愛会病院勤務/1990年 人間ドックセンターウェルネスセンター長/1998年 同医療法人理事長
日本人間ドック健診協会理事長、日本人間ドック学会理事、九州予防医学研究会副会長、地域の包括的医療に関する研究会理事

今村 聡 氏 講師写真

今村 聡 氏  (イマムラ サトシ)

公益社団法人日本医師会 副会長

1977年 秋田大学医学部卒業/同年 三井記念病院研修医
1979年 神奈川県立こども医療センター
1983年 浜松医科大学助手
1987年 浜松医科大学講師
1988年 静岡県立総合病院医長
1989年 浜松医科大学講師
1991年 今村医院院長
1999年より聡伸会今村医院理事長
板橋区医師会理事、副会長、監事・東京都医師会監事、理事を経て、
2006年 日本医師会常任理事
2012年より日本医師会副会長

カリキュラム、
プログラム
Ⅰ. 医療機関における健康経営の必要性と実践

「健康経営」に関しては、従来の健康経営銘柄の選定に加え、2017年からは健康経営優良法人制度が開始され、わが国の経済社会においてもようやく市民権を得つつある。そうした中で、医療機関における健康経営の実践は、特に大きな意義を有している。全米病院協会は、2011年の報告書において、病院が地域における健康経営の手本として機能すべきこと等を含む7つの勧告を行っている。正に「医療・健康問題のプロ」として、医療機関に期待される役割は大きい。また、医療機関の経営戦略としても、今後、優秀な人材を確保していく上で、健康経営の意義は大きい。本講演においては、健康経営に関する一般論と、医療機関経営における意義について検討したい。

1.序論:「健康経営」とは何か
2.健康経営に関する近年の政策動向
3.欧米等における先行研究例
4.東大健康経営研究ユニットにおける研究
5.「健康経営」の位置付け
6.質疑応答

Ⅱ. 健康経営への取り組みが経営に及ぼした効果

当医療法人は福岡市において病院、クリニック、健診施設、介護施設を運営している。2013年日本政策投資銀行が実施する従業員への健康配慮への取り組みに優れた企業を評価し、その評価に応じて融資条件を設定するという健康経営格付を取得した。2017年には健康経営優良法人ホワイト500の認定も受けたが、この数年来の健康経営への取り組みが経営に及ぼした効果などについて述べてみたい。

1.健康経営を始めた理由
2.当法人における健康経営の取り組み
3.健康経営への取り組みが経営に及ぼした効果
4.今後目指したい健康経営
5.質疑応答

Ⅲ. 健康寿命延伸への日本医師会の取り組み

「健康経営」は、国が掲げる「国民の健康寿命の延伸」を実現するための施策の1つであり、各機関はその全体像を理解した上で、効果的な方策を考えていく必要がある。
また、今後の課題として、[1]取り組みの質の向上、[2]中小規模法人への普及が挙げられるが、これらを解決する上での望ましい体制づくり等について紹介したい。

1.健康寿命延伸の意義
2.健康寿命延伸に必要な取り組み
3.中小企業法人における健康経営の推進に向けて
4.質疑応答
お知らせ -受講料-
1名につき 32,400円(税込)
同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込)

※お客様のご都合でキャンセルされる場合は、 開催1週間前までにお申し出ください。
その後のキャンセルは、お申し受けできませんのでご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。