ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  経営  IT・Web戦略  デジタルヘルスの世界動向と取るべき戦略

開催日 2019/08/08 (木) 開催地 東京都

【日本と異なる方向の海外各国の戦略に見る日本企業の勝利の方程式】

デジタルヘルスの世界動向と取るべき戦略

主催 株式会社 新社会システム総合研究所 講師 吉澤 尚 氏  ... 受講料 32,400円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
~バイオ・健康医療・データ戦略の問題点、プライバシー・セキュリティと相互運用性~

個人情報保護法再改正、次世代医療基盤法の実装、そして内閣府の統合イノベーション戦略とデータ流通圏の話題が新聞でもにぎわっています。ヘルスケアビジネスを考える上で本当に我が国の政策は正しい方向に向かっているのでしょうか。
海外の戦略を踏まえたうえでグローバルヘルスを狙った製品・サービス開発戦略と国内だけを見た製品・サービス開発戦略がどれだけ影響を受けそうなのか。これらの法律や各国の動向を踏まえて分析します。また、AI創薬やAIでの医療画像データの学習によるAI活用の医療機器等の学習用データ収集の際の限界と日本の事業者としてどのようなビックデータ戦略を取ればよいのかを検討してまいります。
  特典
開催日時 2019/08/08 (木)     13:00~ 16:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/08/07
主催会社 株式会社 新社会システム総合研究所
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 60名
受講料 32,400円
開講場所 ・会場名: TKP虎ノ門駅前カンファレンスセンター
・住所: 〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-4-3  NT虎ノ門ビル
・交通アクセス: ●東京メトロ銀座線 虎ノ門駅 1番出口 徒歩1分●東京メトロ千代田線 霞ケ関(東京都)駅 C2出口 徒歩4分
講師
吉澤 尚 氏 講師写真

吉澤 尚 氏  (ヨシザワ ナオ)

漆間総合法律事務所 副所長 弁護士・弁理士

西村あさひ法律事務所退所後、漆間総合法律事務所を設立副所長就任、弁護士、弁理士、公認不正検査士、応用情報技術者、情報処理安全確保支援士、経済産業省情報大航海プロジェクト及び電子商取引及ぼす情報財等取引における準則策定委員を歴任、San FranciscoのAging2.0のJapanChapterの理事、Silicon ValleyのAlchemist AcceleratorのMentorも務める。一橋大学法学部卒業、Stanford University"Understanding Intellectual Property Law"Certification, Stanford online"Machine Learning"Program修了、東京大学大学院薬学研究科"医薬品評価科学講座"修了、東京医科歯科大学医療イノベーション人材養成講座修了。

現在デジタルヘルスをめぐる様々なstart upの支援を行うほか、AIシステム構築にかかる諸問題についてアドバイザリーを務め、バイオ研究向けクラウドHPCの会社の役員も務める。内閣府のバイオ戦略の有識者としてバイオ×デジタルの戦略立案にかかわるほか日本の戦略の遅れに警鐘をならしている。
井出 寛子 氏 講師写真

井出 寛子 氏  (イデ ヒロコ)

(一社)日本クラウドセキュリティアライアンス   健康医療情報管理ユーザーWG サブリーダー/関東分科会リーダー

東京大学大学院 農学生命科学研究科にて修士及び博士課程修了。国内製薬メーカーの研究所に勤務し、約10年間、糖尿病治療薬、抗体医薬による自己免疫疾患治療薬、加齢性筋肉減弱症の創薬研究に従事後、渉外部配属の下で内閣府 規制改革推進室、およびバイオインダストリー協会(JBA)に出向した。JBAでは、事業連携推進部としてAI、医療ビッグデータを含めたデジタルヘルスに係る国内外のビジネス、テクノロジー、政策、規制動向を調査し、BioJapanやJBAセミナーの企画、デジタルヘルスベンチャーの支援を実施、さらに今年6月に策定されたバイオ戦略のバックエンドの支援を行った。現在は、再生医療に係る渉外活動に従事する傍ら、日本クラウドセキュリティアライアンス(CSA)健康医療情報管理ユーザーワーキンググループ(HIM WG) サブリーダー、および関東分科会リーダーとして、デジタルヘルスやバイオ、再生医療のデジタルトランスフォーメーションなどを調査研究しながら、セミナーを企画している。

カリキュラム、
プログラム
1.日本課題先進国としてのフォーカスすべき視点とそこから見える戦略とは
2.ビックデータを支える基盤技術は生命科学以外の科学技術分野融合とは
3.臨床試験から見た医療ビックデータの活用と従来型臨床研究データとの視点の違い
4.WHO、SDGs及びなどから見る世界のデジタルヘルスの位置づけ
5.世界(米国・欧州)のセキュリティとプライバシー、相互運用性とデータ連携の重要性
6.技術の理解がなければ対応したルールも作れなくなる現象とは何か
  今理解すべき技術の背景は
7.医療AIをめぐる健康医療戦略、日本法・日本のセキュリティの諸問題、
  そのほか日本の問題と克服法
8.質疑応答/名刺交換
お知らせ -受講料-
1名につき 32,400円(税込)
同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込)

※お客様のご都合でキャンセルされる場合は、 開催1週間前までにお申し出ください。
その後のキャンセルは、お申し受けできませんのでご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。