ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  バックオフィス(総務・法務・人事・経理)  法務/契約書  全3回「これは押さえたい」契約実務【第1回】

開催日 2019/07/19 (金) 開催地 東京都

はじめて契約業務に携わる方、契約知識の見直しをしたい方必見

全3回「これは押さえたい」契約実務【第1回】

主催 株式会社 新社会システム総合研究所 講師 縫部 崇 氏 受講料 27,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
-持ち帰り活用できる書式例、レジュメ頒布-

Ⅰ. ビジネス文書・法務の基礎知識 7月19日(金)【15:00~17:00】
第1回目では、契約実務を学ぶ前提として、ビジネス文書や法務知識の基礎を6つのポイントに整理し、確認します。ビジネス文書、契約書、印鑑など、身の回りにはビジネス上で日常的に取り扱う事項が色々とあります。しかし、改めて考えると、その法的意味を十分理解しないまま使っているものや、基礎的事項であるが故にいまさら人に聞けないものも多いと思います。印鑑の「よくある疑問」や文書管理の留意点、日常の業務で必要となる最低限のビジネス文書知識、法務知識を取得できます。

開催日時 2019/07/19 (金)     15:00~ 17:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/07/09
主催会社 株式会社 新社会システム総合研究所
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 60名
受講料 27,000円 (第1回の申込)
開講場所 ・会場名: SSK セミナールーム
・住所: 〒105-0003 東京都港区西新橋2-6-2  ザイマックス西新橋ビル4F
・交通アクセス: ●JR新橋駅より徒歩5分[烏森口]●都営地下鉄内幸町駅より徒歩3分[A3出口](三田線)
講師
縫部 崇 氏 講師写真

縫部 崇 氏  (ヌイベ タカシ)

丸の内総合法律事務所 弁護士

1994年 私立慶応義塾高等学校卒
2000年 慶応義塾大学法学部卒
2000年 司法試験合格
2000年4月~ 2001年1月 東京電力株式会社勤務
2002年 司法修習終了(55期)

カリキュラム、
プログラム
1.文書に関する基礎知識
 (1)ビジネスにおける文書の必要性
 (2)法律上の必要性
 (3)文書の体裁等
 (4)文書の日付
 (5)文書の作成手段・方法
 (6)請求書等で気を付けるべきこと
 (7)文書の原本
 (8)コピーは証拠にならないか
 (9)文書の管理と紛失時の留意点

2.印鑑に関する基礎知識
 (1)署名と記名
 (2)押捺の種類
 (3)印鑑の押し方
 (4)印鑑に関するよくある疑問
 (5)印鑑の紛失・盗難

3.印紙に関する基礎知識
 (1)どんな文書に、いくらの印紙が必要か
 (2)印紙を貼っていなかったり、印紙の額が違っていたら
 (3)印紙は誰が負担するか
 (4)印紙はいつまでに負担するか
 (5)その他留意点

4.契約書に関する基礎知識
 (1)契約書の必要性
 (2)契約の類型
 (3)E-mailは証拠になるのか 
 (4)契約書の通数は
 (5)契約書の「題名」は

5.内容証明郵便に関する基礎知識
 (1)内容証明郵便とは
 (2)配達証明とは
 (3)利用場面は
 (4)電子内容証明郵便制度

6.代金の請求・取立てに関する基礎知識
 (1)支払時期・支払場所
 (2)「請求」の意味
 (3)「時効」の問題
 (4)「取立て」の重要性
 (5)公正証書の利用
 (6)回収不能とならないために
特典 ■受講者全員に持ち帰りできる書式例等をプレゼントします(各回で異なります)
  第1回 「相手方に代金等を請求する際のビジネス文書例」
       「目的に応じた押印例」
  第2回 「契約書等で頻出する法律用語解説レジュメ」
  第3回 「契約類型に応じた書式例」

お知らせ -受講料-
【第1回・第2回】 1名につき 27,000円(税込)
【第3回】 1名につき 32,400円(税込)
【特別価格 全3回一括申込の場合】 1名につき 70,200円(税込)

※お客様のご都合でキャンセルされる場合は、 開催1週間前までにお申し出ください。
その後のキャンセルは、お申し受けできませんのでご了承ください。

■第1回~第3回の講座は、それぞれ独立した講座となりますので、単独でのご受講も可能です。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。