ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  経営  IT・Web戦略  データ利活用に頻出の法律・契約実務

開催日 2019/09/26 (木) 開催地 東京都

【全事業会社が知っておきたい知識・ツール】~具体的事例を通してカバーする最新動向~

データ利活用に頻出の法律・契約実務

主催 株式会社 新社会システム総合研究所 講師 笠松 航平 氏 受講料 32,400円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
データの価値・有用性が世界的に注目を集め、日本でもデータ利活用による産業育成は国家戦略と位置づけられ、各制度の整備等が進められています。今やデータ利活用のための法律・契約は、(巨大な)デジタル・プラットフォームにおいて取扱われる特殊な領域に属するものではなく、全ての事業会社にとって知っておくべき知識・ツールになったといっても過言ではありません。一方で、最近では、セキュリティの問題やデータの第三者提供に伴うユーザーの不安感・不快感で炎上するケースも目立っています。
本講義が法律上の問題の解決や契約上の工夫等でデータの利活用が促進される成功例を増やす一助となることを目指し、具体的なビジネスモデル(Fintech、Social Media、SaaS等)を念頭に実務上の留意点を解説します。
  特典
開催日時 2019/09/26 (木)     15:00~ 17:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/09/25
主催会社 株式会社 新社会システム総合研究所
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 60名
受講料 32,400円
開講場所 ・会場名: AP虎ノ門
・住所: 〒105-0003 東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル
・交通アクセス: ●東京メトロ銀座線 「虎ノ門駅」9番・1番出口から徒歩3分 「新橋駅」から徒歩8分●JR線 「新橋駅」日比谷口から徒歩8分
講師
笠松 航平 氏 講師写真

笠松 航平 氏  (カサマツ コウヘイ)

ヴァスコ・ダ・ガマ法律会計事務所 パートナー弁護士(日本国・カリフォルニア州)

2005年 京都大学総合人間学部卒業。2007年 神戸大学法科大学院卒業。2008年 司法修習修了(旧61期)。2008年~2009年  外国法共同事業オメルベニー・アンド・マイヤーズ法律事務所勤務。2009年~現在 ヴァスコ・ダ・ガマ法律会計事務所。2016年 カリフォルニア大学バークレー校ロースクール修士課程修了(LL.M. Law and Technology Certificate)。主な取扱分野は、インターネット・IT、スタートアップ・ベンチャーキャピタル、広告、メディア、エンターテインメント、スポーツ。データ利活用に関する法律の最近の執筆として「データ戦略と法律」共著、日経BP社(2018)、「Online Marketing and Advertising QA:Japan」共著、Practical Law(2018)。

カリキュラム、
プログラム
1.総論
 (1)頻出の法律
   ・個人情報保護法、次世代医療基盤法、GDPR等
   ・知的財産法(H30年不正競争防止法改正含む)
   ・独占禁止法
 (2)押さえておきたい基本的なコンセプト
   ・データ・オーナーシップ/Data Ownership
   ・データ・ポータビリティ/Data Portability
   ・プロファイリング/Data Profiling
   ・セキュリティ/Data Security
   ・プライバシー・バイ・デザイン/Privacy by Design
 (3)データ利活用のための契約・規約での工夫
  <1>自社サービス提供に伴うデータ収集
   ・利用規約・プライバシーポリシー作成の留意点
   ・参考となる条項例
  <2>収集したデータの派生的な利活用/第三者提供
   ・契約作成・交渉の留意点
   ・参考となる契約条項例:
    経産省「AI・データ契約ガイドライン」/全銀協「銀行法に基づくAPI利用契約の条文例」 /情報銀行推進委員会「モデル契約約款」

2.具体的ケースでの検討
 (1)B to Cの場合
  <1>Fintech
   ・銀行とのAPI利用契約に基づくデータの取得
   ・パーソナルデータの匿名化・第三者提供
   ・知的財産法で保護されないデータをどう守るか
  <2>Social Media
   ・個人ユーザー投稿コンテンツの権利処理
   ・ターゲティング広告と個人情報保護法
   ・チャット上のデータと通信の秘密
 (2)B to Bの場合
  <1>SaaS
   ・顧客のサービス利用に付随して生じるフィードバック、派生的成果物、統計データ等の取扱い
   ・パーソナルデータの間接取得(個人からの直接取得との比較)
   ・外部サービスとのデータ連携と個人情報保護法上のスキーム選定

3.質疑応答/名刺交換
お知らせ -受講料-
1名につき 32,400円(税込)
同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込)

※お客様のご都合でキャンセルされる場合は、 開催1週間前までにお申し出ください。
その後のキャンセルは、お申し受けできませんのでご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。