ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  生産管理  物流/配送  コロナ禍におけるモビリティ市場の革命【会場受講】

開催日 2020/12/07 (月) 開催地 東京都

コロナ後の自動車とスマートシティのあり方〜

コロナ禍におけるモビリティ市場の革命【会場受講】

主催 株式会社 新社会システム総合研究所 講師 郡司 倫久 氏 &nbs... 受講料 33,660円   

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(開催日の2〜5日以降)

Ⅰ.ポストコロナの潮流と社会像
〜コロナ禍のマルチステークスホルダー経営〜
株式会社三菱総合研究所 経営イノベーション本部
事業戦略グループリーダー
郡司 倫久(ぐんじ みちひさ) 氏

Ⅱ.自動車の新たな役割と自動車産業に求められる対応
株式会社三菱総合研究所 経営イノベーション本部
モビリティ・スマートシティグループリーダー
豊田 聖史(とよだ さとし) 氏

Ⅲ.スマートシティ社会を見据えたサプライチェーン・ロジスティクス
株式会社日通総合研究所
リサーチ&コンサルティングユニット シニアコンサルタント
磯村 誠二(いそむら せいじ) 氏
  特典
開催日時 2020/12/07 (月)     15:00~ 17:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/12/06
主催会社 株式会社 新社会システム総合研究所
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 60名
受講料 33,660円 (会場受講の申込)
開講場所 ・会場名: 紀尾井フォーラム
・住所: 〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F
・交通アクセス: ●地下鉄丸の内線・銀座線「赤坂見附駅」 D紀尾井町口より徒歩3分●地下鉄半蔵門線「永田町駅」7番出口より徒歩3分
講師
郡司 倫久 氏 講師写真

郡司 倫久 氏  (グンジ ミチヒサ)

株式会社三菱総合研究所 経営イノベーション本部 事業戦略グループリーダー

東京大学大学院経済学研究科修了後、三菱総合研究所入社。モビリティ産業、消費財・サービス業を中心に、事業戦略、新規事業戦略、ESG、SDG戦略関連のコンサルティングを手がける。

豊田 聖史 氏 講師写真

豊田 聖史 氏  (トヨダ サトシ)

株式会社三菱総合研究所 経営イノベーション本部 モビリティ・スマートシティグループリーダー

東京大学大学院新領域創成科学研究科修了後、三菱総合研究所入社。自動車産業などの製造業や不動産業などのサービス業をはじめ、幅広い産業のクライアントに対して経営戦略や新規事業戦略関連のコンサルティングを手がける。

磯村 誠二 氏 講師写真

磯村 誠二 氏  (イソムラ セイジ)

株式会社日通総合研究所 リサーチ&コンサルティングユニット シニアコンサルタント

1993年 総合物流会社入社。情報システム部門、営業企画部門に従事。その後、外資系、国内系コンサルティング会社を経験。コンサルティング、アドバイザリー部門、ストラテジックサービス部門を経て、経営ならびに事業・IT戦略、サプライチェーン、ロジスティクス構想策定などのプロジェクトに尽力。2016年 日通総合研究所に入社。ソリューションコンサルタントとして、事業戦略策定、ビジネス改善プロジェクトをリード。

カリキュラム、
プログラム
Ⅰ.ポストコロナの潮流と社会像
〜コロナ禍のマルチステークスホルダー経営〜

コロナ禍で、世界的に既存市場の需要が大きく縮小するなか、企業にとっては、コロナ禍で生じた潮流への対処や社会課題の解決を、新事業の創出や高付加価値化につなげる視点が重要となります。
また、企業の社会的責任に対する注目度も高まっており、マルチステークホルダー(株主、顧客、従業員、取引先、地域社会等)に配慮した経営がより重視される見込みであり、経営者には、ビジョンの提示とともに、急速な環境変化に対応できる柔軟な経営体制、組織のレジリエンス向上、デジタル技術を活用した組織運営が求められます。
今回は、コロナ禍で高まった、デジタルとリアルの融合、マルチステークホルダー経営について、コロナ禍の変化をもとに、企業の取り組むべき方向性について考察します。

1.コロナ禍における3つの世界的な潮流
2.ポストコロナで目指すべき社会像
3.目指すべき社会像に向けた企業の取り組み
4.デジタルとリアルの融合に向けた高付加価値化
5.高付加価値化に向けた取り組み策
6.マルチステークホルダー配慮の傾向
7.マルチステークホルダー経営の実現に向けた取り組み策
8.質疑応答/名刺交換

Ⅱ.自動車の新たな役割と自動車産業に求められる対応

コロナ禍を通じて生活者の意識や企業の考え方が変化しています。都市から中核市や郊外への移住意向が高まり、通勤・通学などの定常的な移動を中心に移動総量が減少しただけでなく、移動経路・時間・目的の多様化・分散化が進むなど移動の質も変化します。
このような変化の中で、我々は自動車の持つ価値や魅力が改めて浮き彫りになったと考えます。
今回は、自動車の新たな役割について検討するとともに、自動車産業として目指すべき方向性について考察します。

1.コロナ禍を通じた生活者の意識、企業の変化
2.コロナ禍を通じた移動の変化
3.移動の変化が自動車市場に与える影響
4.自動車の新たな役割
5.自動車産業に求められる対応
6.質疑応答/名刺交換

Ⅲ.スマートシティ社会を見据えたサプライチェーン・ロジスティクス

日本の流通問題は、もはや国内市場全体の課題と言っても過言ではないでしょう。サプライチェーンの問題も同様、製造品の供給のみならず、モノづくりの為の調達から小売販売網における金流、商流、物流に至るまで、スピード・品質・コストにおいての課題が未だ山積み状態です。
日通総合研究所は、これら多くの課題を抱える企業に対して、デジタルやロボットなど、最先端技術利活用の観点から、その課題にメスを入れていく必要があると思っています。
未来のスマートシティ社会を見据えて、社会・経済情勢、市場動向に起因した問題を解消するべく、新たなサプライチェーン・ロジスティクスビジネスへの挑戦について語ります。

1.スマートシティ社会を見据えた新ビジネスへの挑戦
2.国内のデジタル化、ロボット化が遅れている要因について
3.製造・流通・小売の成長戦略に紐づくロジスティクス戦術
4.SCMとロジスティクスに関連した今後の問題解決方法
5.日通総合研究所が掲げるデジタル・コンサルティング
6.質疑応答/名刺交換
お知らせ -受講料-
1名につき 33,660円(税込)
同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,500円(税込)

※お客様のご都合でキャンセルされる場合は、 開催1週間前までにお申し出ください。
その後のキャンセルは、お申し受けできませんのでご了承ください。

■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLを
   お送り致しますので、開催日時にZoomにご参加ください。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より2〜5日以降に配信致します。
<2>お申込時にご記入いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLをお送り致します。
<3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。