ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  経営  IT・Web戦略  自動運転、MaaSの最前線【会場受講】

開催日 2022/09/02 (金) 開催地 東京都

【デジタル庁/内閣府/警察庁/総務省/国交省/経産省/日産/ホンダ/日野】

自動運転、MaaSの最前線【会場受講】

主催 株式会社 新社会システム総合研究所 講師 宇佐見 潤 氏 &nbs... 受講料 33,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信

Ⅰ.デジタル庁におけるモビリティ分野の取り組みについて
Ⅱ.SIP自動運転(システムとサービスの拡張)における取組
Ⅲ.自動運転の実現に向けた警察庁の取組について
Ⅳ.自動運転社会の実現に向けた総務省の取組について
Ⅴ.日本版MaaSの推進に向けて
Ⅵ.自動車関連産業を取り巻く環境変化と
   新たなモビリティ産業の創出に向けた取組
Ⅶ.福島県浪江町での「なみえスマートモビリティ」による地域復興への取り組み
Ⅷ.自動運転レベル4の現状と実現に向けた取り組み
Ⅸ.商用車の自動化とMaaS
  特典
開催日時 2022/09/02 (金)     09:30~ 18:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/09/01
主催会社 株式会社 新社会システム総合研究所
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
共催会社
(協力会社)
公益財団法人 原総合知的通信システム基金
定員 60名
受講料 33,000円 (会場受講の申込)
開講場所 ・会場名: AP虎ノ門
・住所: 〒105-0003 東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル
・交通アクセス: ●東京メトロ銀座線 「虎ノ門駅」9番・1番出口から徒歩3分 「新橋駅」から徒歩8分●JR線 「新橋駅」日比谷口から徒歩8分
講師
宇佐見 潤 氏 講師写真

宇佐見 潤 氏  (ウサミ ジュン)

デジタル庁 国民向けサービスグループ モビリティ班 主査

自動車メーカーにてITSの普及に向けた業務に従事。2022年1月 デジタル庁入省。現在に至る。

杉山 幸太郎 氏 講師写真

杉山 幸太郎 氏  (スギヤマ コウタロウ)

内閣府 科学技術・イノベーション推進事務局 
参事官(社会システム基盤担当)付
戦略的イノベーション創造プログラム(SIP) 
自動運転担当 政策調査員

2016年 第一生命保険株式会社に入社。本社電話窓口部門の育成・統括業務や保険提案に係るFP業務を担当。2021年4月より内閣府に入府。SIP自動運転担当として、主に国際連携や社会的受容性の醸成を担当。
島田 直人 氏 講師写真

島田 直人 氏  (シマダ ナオト)

警察庁 交通局 交通企画課 課長補佐

2015年 警察庁に入庁。情報通信局情報技術解析課、警備局警備企画課、長官官房企画課を経て、2022年7月より現職。UTMS(Universal Traffic Management Systems)や自動運転に関する技術企画を担当。

川下 勝也 氏 講師写真

川下 勝也 氏  (カワシタ カツヤ)

総務省 総合通信基盤局 電波部 移動通信課  新世代移動通信システム推進室推進 係長

2019年4月 国土交通省採用。九州地方整備局熊本河川国道事務所防災課。2020年4月 九州地方整備局武雄河川事務所調査課。2021年7月 総務省出向。総合通信基盤局電波部移動通信課新世代移動通信システム推進室推進係長(現職)。

古谷 俊英 氏 講師写真

古谷 俊英 氏  (コヤ トシヒデ)

国土交通省 総合政策局 モビリティサービス推進課 課長補佐

2016年 国土交通省入省。住宅局安心居住推進課、復興庁統括官付参事官付主査、不動産・建設経済局不動産業課政策係長を経て、2022年4月より現職。

秋元 裕太 氏 講師写真

秋元 裕太 氏  (アキモト ユウタ)

経済産業省 製造産業局 自動車課 課長補佐

2018年 経済産業省に入省。資源エネルギー庁新エネルギー課でエネルギー供給強靭化法の法律改正(FIP制度の導入等)、経済産業政策局産業人材課で賃上げ促進税制の税制改正等を担当し、2022年7月より現職。ITS・自動走行、MaaS等の推進に取り組む。

宮下 直樹 氏 講師写真

宮下 直樹 氏  (ミヤシタ ナオキ)

日産自動車株式会社 総合研究所 研究企画部 主管

2001年 日産自動車入社。自動車の運動性能を向上する電子制御システムの開発に長く携わったのち、2019年より現職。自動運転およびモビリティサービス運行システムの開発、無人運転タクシーの実証実験を行い、2020年より浪江町におけるモビリティサービスをリード。地域に根差した活動とすべく普段は浪江町にて生活。

波多野 邦道 氏 講師写真

波多野 邦道 氏  (ハタノ クニミチ)

本田技研工業株式会社 事業開発本部  ソフトウェアデファインドモビリティ開発統括部 エグゼクティブチーフエンジニア

1990年 株式会社本田技術研究所入社、電装研究開発部門にてシャシ制御システムのECU開発に従事。2009年よりシャシ開発部門にて電動サーボブレーキの実用化に従事。2015年 「電動サーボブレーキシステムの開発」にて第65回自動車技術会技術開発賞を受賞。2013年より自動運転の研究開発に従事。2020年11月 世界初のレベル3自動運転の型式指定を取得。
2021年4月より自工会 自動運転部会の部会長。2022年 本田技研工業株式会社 事業開発本部。

小川 博 氏 講師写真

小川 博 氏  (オガワ ヒロシ)

一般社団法人日本自動車工業会 大型車委員会   大型車技術部会 部会長 日野自動車株式会社 技監 技術渉外担当

1978年 日産ディーゼル工業(現UDトラックス)入社。以降26年間商用車用パワートレイン開発に従事。2006年から同社執行役員常務として商品戦略・企画、渉外、品質監理の各担当を歴任。2015年よりVolvoGrとの提携により、Vice PresidentとしてGrの渉外広報日本代表、2016年3月 役員任期満了につき退社。同年4月 日野自動車に入社し技監、自工会 大型車技術部会長として業界における、大型商用車(トラック・バス)の自動運転(隊列走行)及びMaaSに必要な車両情報利活用に関する大型車業界の取り纏めを担当、現在に至る。

カリキュラム、
プログラム
Ⅰ.デジタル庁におけるモビリティ分野の取り組みについて

デジタル庁 国民向けサービスグループ
モビリティ班 主査
宇佐見 潤(うさみ じゅん) 氏
09:30~10:15

1.デジタル社会の実現に向けた重点計画
2.モビリティ分野の取り組みについて
3.デジタル交通社会のあり方に関する研究会
4.質疑応答/名刺交換

Ⅱ.SIP自動運転(システムとサービスの拡張)における取組

内閣府 科学技術・イノベーション推進事務局 
参事官(社会システム基盤担当)付
戦略的イノベーション創造プログラム(SIP) 
自動運転担当 政策調査員
杉山 幸太郎(すぎやま こうたろう) 氏
10:25~11:10

1.自動運転システムの開発・検証(実証実験)
2.自動運転実用化に向けた基盤技術開発
3.自動運転に対する社会的受容性の醸成
4.国際連携
5.質疑応答/名刺交換

Ⅲ.自動運転の実現に向けた警察庁の取組について

警察庁 交通局 交通企画課 課長補佐
島田 直人(しまだ なおと) 氏
11:15~12:00

1.日本における交通事故の発生状況
2.自動運転の実現に向けた警察庁の取組
3.信号情報の提供等に関する技術開発
4.質疑応答/名刺交換

Ⅳ.自動運転社会の実現に向けた総務省の取組について

総務省 総合通信基盤局 電波部 移動通信課 
新世代移動通信システム推進室推進 係長
川下 勝也(かわした かつや) 氏
12:40~13:25

1.ITSに関する通信・電波
2.自動運転社会の実現に向けた総務省の取組
3.5G時代のコネクテッドカーの展望
4.5Gやその先の新しい無線通信技術の動向
5.質疑応答/名刺交換

Ⅴ.日本版MaaSの推進に向けて

国土交通省 総合政策局 モビリティサービス推進課
課長補佐
古谷 俊英(こや としひで) 氏
13:35~14:20

1.地域公共交通の現状と課題
2.MaaS(Mobility as a Service)について
3.ポストコロナ時代におけるMaaS
4.日本版MaaSの実現に向けて
5.質疑応答/名刺交換

Ⅵ.自動車関連産業を取り巻く環境変化と
   新たなモビリティ産業の創出に向けた取組

経済産業省 製造産業局 自動車課 課長補佐
秋元 裕太(あきもと ゆうた) 氏
14:30~15:15

1.自動車産業の構造変化
2.将来のモビリティ社会像
3.経済産業省の取組(MaaS、自動運転)
4.質疑応答/名刺交換

Ⅶ.福島県浪江町での「なみえスマートモビリティ」による地域復興への取り組み

日産自動車株式会社 総合研究所 研究企画部 主管
宮下 直樹(みやした なおき) 氏
15:25~16:10

1.利用者拡大するための利便性向上と実証実験事のサービス利用実績
2.バーチャル商店街サービスによる物流需要の創出と旅客閑散期を活用した宅配
3.町の活動を促進するまちづくり貢献で移動需要を拡大する取り組み
4.自動運転技術概要紹介
5.質疑応答/名刺交換

Ⅷ.自動運転レベル4の現状と実現に向けた取り組み

本田技研工業株式会社 事業開発本部 
ソフトウェアデファインドモビリティ開発統括部
エグゼクティブチーフエンジニア
波多野 邦道(はたの くにみち) 氏
16:20~17:05

1.日本の自動運転実現に向けたロードマップ
2.自動運転に係る制度整備と技術開発
3.無人自動運転移動サービスの課題と取組み
4.質疑応答/名刺交換

Ⅸ.商用車の自動化とMaaS

一般社団法人日本自動車工業会 大型車委員会 
 大型車技術部会 部会長
日野自動車株式会社 技監 技術渉外担当
小川 博(おがわ ひろし) 氏
17:15~18:00

1.商用車を取り巻く社会課題
2.トラックとバスの自動化と課題
3.ネットワーク構築のためのMaaS化
4.質疑応答/名刺交換

事前に、セミナー講師へのご期待、ご要望、ご質問をお受けしております。
可能な限り講義に盛り込んでいただきますので
お申込フォームの質問欄を是非ご活用ください。
お知らせ -受講料-
1名につき 33,000円(税込)

※会場受講の方には、お弁当をご用意いたします。

※お客様のご都合でキャンセルされる場合は、 開催1週間前までにお申し出ください。
その後のキャンセルは、お申し受けできませんのでご了承ください。

■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLとID・PASSを開催前日までにお送り致しますので、開催日時にZoomへご参加ください。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より3~5営業日後を目安にVimeoにて配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLをお送り致します。
<3>動画は公開日より2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴頂けます。

※会場又はライブ配信受講者様で、アーカイブ配信もご希望の場合は
 追加料金11,000円(税込)で承ります。
 ご希望の場合は備考欄に「アーカイブ配信追加受講希望」と記入ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。