ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  環境・エネルギー  次世代モビリティまでも俯瞰した 車載プラスチックの最新動向と業界展望【ライブ配信】

開催日 2023/01/20 (金) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

次世代モビリティまでも俯瞰した 車載プラスチックの最新動向と業界展望【ライブ配信】

主催 株式会社 新社会システム総合研究所 講師 高原 忠良 氏 受講料 33,100円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)

自動車車内を見回すと樹脂部品以外は目に入らないと言われるほど、多くのプラスチックが使われています。内装部品・外装部品の他に各種の機能部品にも活用されています。これらの車載用プラスチックに対する要求は、その使用環境の厳しさと長期安定性から一般のプラスチックとは大きく異なります。一方、樹脂成形ならではの利点を生かすことで金属部品ではなし得ない付加価値を創出できます。
近年、カーボンニュートラル対応が重要な要素となっています。樹脂化による車体軽量化はどの種類のモビリティでも温室効果ガス排出量削減が可能です。EVでは車体構造や必要機能部品が変化するため、車載用プラスチックにとって新たな領域となります。他方で、車載プラスチックそのもののカーボンニュートラル対応としてのサーキュラーエコノミーやリサイクル、植物由来樹脂の活用も求められます。
車載プラスチックの基礎を確認の上で、EVからの新用途やカーボンニュートラル対応まで解説します。
  特典
開催日時 2023/01/20 (金)     13:30~ 15:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2023/01/19
主催会社 株式会社 新社会システム総合研究所
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 60名
受講料 33,100円 (ライブ配信の申込)
開講場所 オンラインLive受講
  

講師
高原 忠良 氏 講師写真

高原 忠良 氏  (タカハラ タダヨシ)

株式会社Tech-T 代表取締役 埼玉工業大学 客員教授 博士(工学)

トヨタ自動車においては、バンパやインパネ、ガソリンタンクなどのプラスチック材料や成形加工の開発と量産化、さらにその評価のためのデジタル技術の構築と実務展開に従事しました。その後、韓国サムスン系の第一毛織(現ロッテ先端素材)では、エンジンプラスチックの自動車用途開発を担当し、日本・中国・タイの自動車メーカと協業しました。2020年からは、株式会社Tech-Tにて今後の車載プラスチック動向の調査分析と情報発信に取り組んでいます。特に近年は各種EV・FCVに試乗の上でのコメントを発信しています。
プラスチック成形加工学会、自動車技術会 会員。1980〜1989 新日本無線株式会社(現社名:日清紡マイクロデバイス) 高融点金属・セラミックの研究。1989〜2012 トヨタ自動車 樹脂部品生産&材料・加工技術・CAE開発。2012〜2015 SamsungSDI(韓国本社) エンプラ研究所。2015〜2018 大手自動車メーカ 研究所 次世代車要素技術開発。2017〜現職 埼玉工業大学 客員教授。2020〜現職 株式会社Tech-T(ビジネスブランド名:技術オフィスTech-T)設立。

カリキュラム、
プログラム
-車載プラの基本要求機能から
EV・カーボンニュートラル対応による変化まで最新情報を解説-

1.車載プラスチックの狙いと課題対応
  -活用の狙い、課題とその対応から、車載プラスチック活用の本質を理解します。
(1)活用の狙い ・コスト低減/軽量化/高品位化
(2)活用における課題 ・耐熱性/剛性/耐久性/耐環境特性  
(3)課題対応の知恵

2.自動車部品への活用 歴史と今
   -狙い達成のための進化も含めて現状の活用状況を写真中心で説明します。
    内装部品/外装部品/機能部品 

3.車と車載プラスチックを取り巻くカーボンニュートラルの現状
  -2050年カーボンニュートラル、SDGsへの取組みの重要度が急激に増しています。
   モビリティの視点で現状を整理します。
(1)環境問題 SDGs カーボンニュートラル
(2)プラスチックとしての対応 ・サーマル/メカニカル/ケミカルリサイクル、植物由来
(3)Scope1/2/3の整理 
(4)取り組み現状の例  ・トヨタ自動車/主要なケミカル素材メーカ/欧州

4.次世代モビリティの整理整頓
  -EVやFCV、水素エンジン、ADAS、自動運転等、今話題となっている情報を整理します。

5.EV/FCV関連課題と業界動向
(1)プラットフォーム・パッケージ バッテリーと高圧水素タンク
(2)カーメーカの大変革  水平分業、新興企業(ソニー、鴻海・・・)

6.新機能とプラスチック
(1)車内快適空間 内装大変革 
(2)V2Xコミュニケーション  
(3)軽量化

7.質疑応答/名刺交換

事前に、セミナー講師へのご期待、ご要望、ご質問をお受けしております。
可能な限り講義に盛り込んでいただきますので
お申込フォームの質問欄を是非ご活用ください。
お知らせ -受講料-
1名につき 33,100円(税込)
同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,500円(税込)

※お客様のご都合でキャンセルされる場合は、 開催1週間前までにお申し出ください。
その後のキャンセルは、お申し受けできませんのでご了承ください。

■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLとID・PASSを開催前日までにお送り致しますので、開催日時にZoomへご参加ください。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より3~5営業日後を目安にVimeoにて配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLをお送り致します。
<3>動画は公開日より2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴頂けます。

※ライブ配信受講者様で、アーカイブ配信もご希望の場合は
 追加料金11,000円(税込)で承ります。
 ご希望の場合は備考欄に「アーカイブ配信追加受講希望」と記入ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。