ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  ビジネススキル  リーダーシップ  部下のやる気を引き出す叱り方

開催日 2018/06/13 (水) 開催地 東京都

NHK【クローズアップ現代】に出演した“叱りの達人”に学ぶ

部下のやる気を引き出す叱り方

主催 日本経営開発協会/関西経営管理協会 講師 河村 晴美 氏 受講料 29,700円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
仲が良い組織と成果が上がる組織、どちらを目指しますか

「褒める」・「叱る」は対極にあるのではなく、車の両輪のようなもので、効果的に使いこなしてこそ部下は前進します。
今回テーマとする「叱る」とは、業績を伸ばし、事業を発展させるための人財育成の手段の一つです。
やる気をそいだり、自信を失わせたりしたら本末転倒です。部下を伸ばす「叱り方」と、心を折れさせパワハラと言われる叱り方との違いを学ぶことで、原理原則に基づく「正しい「叱り方」を身に付つけます。まずは、叱れる信頼関係の土台作りから、即実践できる具体的な方法を、分かりやすく事例を踏まえてお伝えします。
叱ることに迷っていた、遠慮のストレスから解放されて、信念に基づく部下育成ができる自信がつきます。

セミナーの対象者はこんな方です

新人・若手を部下に持つ上司、管理職、人事担当者様

こんなお悩みをお持ちの方必聴!
・昔は通じた厳しい指導が通用せず、パワハラと言われてしまう
・「厳しくしたら嫌われるのではないか」「辞められてしまうのではないか」と、思わず指導を躊躇してしまう
・自分自身が本気で叱られたことが無いので、部下をどう叱れば良いのか、わからない
・部下の能力を本気で引き出し、さらに強い組織を創り出したい
  特典
 お知らせ
開催日時 2018/06/13 (水)     13:00~ 17:00     (受付  12:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2018/04/05  ~ 2018/06/12
主催会社 日本経営開発協会/関西経営管理協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 29,700円 (2名以上申込で割引有)
開講場所 ・会場名: 鉄鋼会館
・住所: 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3-2-10  
・交通アクセス: 東西線茅場町駅より徒歩約5分
講師
河村 晴美 氏 講師写真

河村 晴美 氏  (カワムラ ハルミ)

有限会社ハートプロ 代表取締役/京都女子大学 キャリアデザイン非常勤講師/産業カウンセラー

NHK【クローズアップ現代】に出演した“叱りの達人”

新卒入社した株式会社大阪有線放送社(現在㈱USEN)にて、入社3年目の役職無しにも関わらず全国女性営業約1000名中6位受賞。その経験を理論化して、国内No.1自動車グループ企業を売上向上、収益率向上、さらにはわずか3 か月でCS満足度調査にて全国64社中5位に導いた実績あり。叱れる強い組織創りを軸にした、成果につながる従業員の思考改革・行動改革に、経営者・人事統括者からは厚い信頼が寄せられ、様々な業界で実績多数。
最近は、メンタルヘルスと叱る部下指導の二項対立融合の部下育成方法のニーズが高く、要望に応える研修も行う。NHK【クローズアップ現代】の出演をはじめ、読売新聞、朝日新聞、産経新聞、中国新聞、山口新聞などメディア出演多数。2015年『東久邇宮文化褒章』受章。2016年『東久邇宮記念賞』受賞。
【著書】『やる気をONする「叱り方」』(PHP研究所)、
『そこのあなた! その自己中マナー、失礼です!!』(経済界)など多数。

カリキュラム、
プログラム
1. なぜ、部下を叱ることができないのか
① 仲が良い組織と、成果が上がる組織のどちらを目指しますか
② 叱る目的、叱る定義からあぶり出される上司の役割、使命感とは何か
③ 『こんな言葉で叱られたい』561名の記述調査より
  「こんな叱り方はイヤだ」ワースト3とは

2.叱る前の信頼関係作り
① 人間関係作りのための心の発酵熟成~三段仕込み
② 褒めると叱るの類似点と対立点に基づく使い分けとは
③ 叱ると怒るの明確な方向性の違いとは

3.心が折れる叱り方、伸びる叱り方、その違いとは
① なぜ、テクニック(パワハラNGワード)の習得では意味がないのか
② 目的思考に基づくブレない
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。