ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  生産管理  品質管理/品質改善  品質改善のための問題解決力実践コース【QC検定3級レベル対応】

開催日 2019/10/31 (木) 他3回/計4回 開催地 大阪府

問題解決力のスキルアップと現場力・職場力の向上を実現

品質改善のための問題解決力実践コース【QC検定3級レベル対応】

主催 一般財団法人日本科学技術連盟 講師 岡田高美 受講料 82,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
職場の品質改善を効果的に進めていくには、「QC 的ものの見方・考え方」「QC 手法」「問題解決の進め方」の3つの道具に加え、それを使いこなす「問題解決力」が必要となります。
当コースでは、問題解決力の向上に不可欠な知識力、コミュニケーション力、解析力などを強化することで、品質改善のための実践力を習得でき、実力ある職場リーダーが育成され、現場力向上につながります。

セミナーの対象者はこんな方です

QC 手法の基本的知識を備えており職場で実践したい方、スタッフ、管理者、管理者候補、改善グループのリーダー、「QC 手法基礎コース」を受講した方
  特典
 お知らせ
開催日時 2019/10/31 (木)     09:20~ 18:15    
2019/11/01 (金)     09:00~ 17:30    
2019/11/28 (木)     09:30~ 18:00    
2019/11/29 (金)     09:00~ 17:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/10/24
主催会社 一般財団法人日本科学技術連盟
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 82,500円
開講場所 ・会場名: 大阪・日科技連 大阪事務所
・住所: 〒530-0003 大阪府大阪市北区堂島2-4-27 新藤田ビル20階
・交通アクセス:  下記、地図を参照

セミナー マップ

講師
岡田高美 講師写真

岡田高美

日科技連・嘱託、元 セイコーエプソン(株)
他、実践経験豊富な講師が指導にあたります

カリキュラム、
プログラム
【特徴】
●「 問題解決力向上演習」により、
 ①データの収集のポイント
 ②目的に応じたQC手法の使い方
 ③問題解決の手順を用いた効果的改善方法
 ④効果的なプレゼンテーション方法
 が習得できます。
● 前期終了後に宿題が課され、講師が添削、解説をしますので、研修内容の復習と理解度の向上がはかれます。
● セミナー受講前と受講後に問題解決力自己診断を行うことで、参加者自身がレベルの向上を数値で把握できます。

【カリキュラム】 4日間コース(前期・後期各2日間)
※BS・GD:ブレーンストーミング・グループディスカッション
前期
第1日
9:20~18:15
■午前
問題解決力自己診断(事前)
品質管理
 TQMへの変遷
 品質管理、品質保証および検査の違い

■午後
QC的ものの見方・考え方
QC七つ道具
 グラフ、パレート図、チェックシート、層別、特性要因図、散布図
BS・GD※(1)
 「データの収集」
第2日
9:00~17:30
■午前
QC七つ道具
 ヒストグラム、工程能力指数

■午後
QC七つ道具
 管理図
BS・GD(2)
 「データの解析と役割分担」


後期
第3日
9:30~18:00
■午前
問題解決の進め方、問題解決力
問題解決力の向上
問題解決の手順

■午後
問題解決力向上演習
Step1「情報整理と要因抽出、対策の立案および実施」

第4日
9:00~17:00
■午前
問題解決力向上演習
Step2「効果の確認と管理の定着」

■午後
問題解決力向上演習
Step3「発表」
問題解決力自己診断(事後)
総合質疑応答

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。
セミナー参加費
支払い方法
お申込み後、「開催のご案内」「参加券」「請求書」等の必要書類を郵送いたします。お支払いについての詳細は、請求書に記載しておりますが、原則として、請求書発行後2ヶ月以内に指定の銀行口座または郵便振替口座にお振込ください(厚生労働大臣指定講座にてお申込みの場合は、セミナー開講までにお振り込みください)。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。