ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  生産管理  品質管理/品質改善  モノづくりにおける問題解決のためのデータサイエンス設計コース

開催日 2020/02/12 (水) 他2回/計3回 開催地 東京都

応答曲面法を超える新兵器:多目的設計探査!

モノづくりにおける問題解決のためのデータサイエンス設計コース

主催 一般財団法人日本科学技術連盟 講師 大林 茂  他 受講料 110,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
ビッグデータ(大規模コンピューティング)の活用は、経営やマーケティングの分野にとどまらず工業の分野でも見られるようになりました。そして、ビッグデータをモノづくりの設計段階で活用することにより、一部の先進企業が市場を席巻するという傾向は、今後ますます強まると思われます。
当コースでは、モノづくりに携わる技術者向けに、ビッグデータをモノづくりの設計段階で活用する手法である「多目的設計探査」について平易に解説いたします。設計開発に携わる技術者の方はもちろん、自社のビッグデータ活用方法にお悩みの方、データサイエンティストを目指している方におすすめします

セミナーの対象者はこんな方です

・ モノづくりに携わる実務者で、ビッグデータを業務に活用したい方
・ 製造業に携わる技術者で、自社のビッグデータの活用方法にお悩みの方
・ データサイエンティストを目指している方で、解析スキルを身に付けたい方
・ 前提知識として、応答曲面法の基本知識をお持ちの方
  特典
 お知らせ
開催日時 2020/02/12 (水)     09:20~ 18:00    
2020/02/13 (木)     09:30~ 18:00    
2020/02/14 (金)     09:30~ 18:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/02/04
主催会社 一般財団法人日本科学技術連盟
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 20名
受講料 110,000円
開講場所 ・会場名: 東京・日科技連 東高円寺ビル
・住所: 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1-2-1 東高円寺ビル
・交通アクセス:  下記、地図を参照

セミナー マップ

講師
大林 茂 講師写真

大林 茂

東北大学

吉野 睦 講師写真

吉野 睦

(株)デンソー

相沢健実 講師写真

相沢健実

元 太平洋セメント(株)

カリキュラム、
プログラム
【特徴】
● 多目的設計探査の手順(下記)に沿ってステップごとに手法を平易に解説いたします。
 実験点を配置(空間充填計画)→予測関数を作る(ノンパラメトリック回帰)→許容解を得る(遺伝的アルゴリズム)→マップ化する(自己組織化マップ)→技術的解釈を行う(古典論の結果と比較、ラフ集合)
● 当手法の開発者である、大林 茂氏(東北大学流体科学研究所 所長)にご講義いただきます。
● 1人1台パソコンを使用し、フリーソフト「R」を用いたビッグデータ解析演習を多数行います。
● 最終日には、ビジネスとビッグデータ解析をつなげるトレーニングとして、総合演習を行います。

【カリキュラム】 3日間コース
第1日
9:20~18:00
■午前
多目的設計探査の概要

■午後
計算点配置(空間充填計画での特性値採取)
コンピューティング(CAE)


第2日
9:30~18:00
■午前
ノンパラメトリック回帰(予測)
遺伝的アルゴリズム

■午後
遺伝的アルゴリズム(午前の続き)
自己組織化マップ(技術的解釈)
ラフ集合


第3日
9:30~18:00
■午前
総合演習

■午後
総合演習(午前の続き)
特論「多目的設計探査の考え方」/講師・大林茂
質疑応答

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。
セミナー参加費
支払い方法
お申込み後、「開催のご案内」「参加券」「請求書」等の必要書類を郵送いたします。お支払いについての詳細は、請求書に記載しておりますが、原則として、請求書発行後2ヶ月以内に指定の銀行口座または郵便振替口座にお振込ください(厚生労働大臣指定講座にてお申込みの場合は、セミナー開講までにお振り込みください)。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。