ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  生産管理  品質管理/品質改善  【ライブ配信セミナー】1日で学べるアンガーマネジメントセミナー

開催日 2021/09/01 (水) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

【ライブ配信セミナー】1日で学べるアンガーマネジメントセミナー

主催 一般財団法人日本科学技術連盟 講師 戸田久実 受講料 46,200円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
パワハラ防止法は、2020年6月から施行されました。
人は誰もが怒りの感情を持ち合わせています。怒りと上手に付き合うには、心理トレーニングであるアンガーマネジメントを理解し、怒りに任せた衝動的な行動をトレーニングによって防ぐことが必要です。
怒りの原因となった問題は何か?どう対処すればよいのか?解決志向で取り組める方法を習得します。さらに部下や同僚など、価値観に相違のある相手、怒りを抱いた相手にどのように伝えればよいか、効果的な表現方法を学ぶことによって周囲とのコミュニケーションを円滑にし、チーム内の生産性を上げることを目指します。

セミナーの対象者はこんな方です

全社・全部門の管理職、係長、チームリーダー、監督者など社内外で円滑なコミュニケーションを求められる方
 お知らせ
開催日時 2021/09/01 (水)     09:30~ 17:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2021/08/25
主催会社 一般財団法人日本科学技術連盟
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 20名
受講料 46,200円
開講場所 ライブ配信
  

講師
戸田久実 講師写真

戸田久実

アドット・コミュニケーション(株)

カリキュラム、
プログラム
【特徴】
● 怒りという感情への正しい対処や適切な表現方法などを具体的な事例やワークを通し、即実践できるよう習得します。
● パワハラ防止のためにどう指導したら良いのかのポイントも掴めます。
● 講義のみではなく、参加者同士の討議を通しての気づきを得ることができます。


【カリキュラム】1日コース
第1日
9:30~17:00
■午前
・アンガーマネジメントとは
 〜アンガーマネジメントの活用とその効果
・怒りの感情を理解する
 怒りのメカニズム
 問題となる4つの怒り
・怒りの元になるものは何か
 アンガーマネジメントは対処術と体質改善

■午後
・怒る、怒らないの境界線を明確にする
 思考のコントロール
・解決志向で取り組む建設的な行動とは
 行動のコントロール
・怒りを適切に表現する
 相手の成長につながる叱り方
 表現のポイントとNGワード


----------------------------
【ライブ配信セミナー】とは
講義等を個人PC向けに配信する形式で開催するセミナーです。
スマートフォン、タブレットでの参加も可能です。

■ライブ配信のビデオ会議(遠隔会議)システムは「Zoom」を使用します。
■申込前に、事前にZOOMのテストサイトで、スピーカーとマイクのテストを行い、ZOOMで視聴できるかご確認ください。
※開催当日に視聴できないとのお問い合わせを頂戴した場合、対応できない場合がございます。

■ライブ配信へのお申込みは、開催日の4営業日前までにお願いします。
■本セミナーは、1IDにつき1名様の受講をお願いしております。複数人での受講はできません。

■【ライブ配信セミナー】をお申込みされる方は、事前に添付資料の「参加に関するお願い事項」についてをご一読ください。
----------------------------

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。
特典 資料配布 資料配布 
セミナー参加費
支払い方法
お申込み後、「開催のご案内」「参加券」「請求書」等の必要書類を郵送いたします。お支払いについての詳細は、請求書に記載しておりますが、原則として、請求書発行後2ヶ月以内に指定の銀行口座または郵便振替口座にお振込ください(厚生労働大臣指定講座にてお申込みの場合は、セミナー開講までにお振り込みください)。
資料ダウンロード
開催前資料1(PDF) 「参加に関するお願い事項」  
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。