ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  経営  経営管理/戦略  海外の不動産テックの最新動向と今後の日本市場での応用可能性

開催日 2018/06/27 (水) 開催地 東京都

海外の不動産テックの最新動向と今後の日本市場での応用可能性

主催 株式会社セミナーインフォ 講師 ビットリアルティ株式会社 ... 受講料 34,960円

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
本セミナーでは、IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)、ブロックチェーン等、不動産業界においても活用が始まりつつある数々のテクノロジーの基礎について理解した上で、まずは海外で先行している不動産テック(Real Estate Tech)の最新動向について紹介する。特に、米国における不動産テックの動向や日本への示唆について紹介する。そして、国内でも登場しつつある不動産テック系サービスの動きを踏まえ、今後の日本における不動産ビジネスや不動産市場に与えるインパクトについて考察する。さらに、実際に不動産テックのサービスや活用を検討するにあたっての視点や考え方も提示する。
具体的には、不動産に係るオープンデータやビッグデータの活用、不動産流通の新しいプラットフォーム、不動産に特化した投資型クラウドファンディングやクラウドソーシング、情報技術を利用した不動産マネジメントの高度化など、不動産と情報技術が融合した革新的な不動産サービスの概要、その背景となるテクノロジーとビジネスモデルを紹介し、日本の不動産業界への影響やインパクト、応用可能性について整理する。
  特典
 お知らせ
開催日時 2018/06/27 (水)     09:30~ 12:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2018/06/26
主催会社 株式会社セミナーインフォ
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 55名
受講料 34,960円
開講場所 ・会場名: カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内)
・住所: 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
・交通アクセス: 
講師
ビットリアルティ株式会社 講師写真

ビットリアルティ株式会社

取締役
谷山 智彦 氏

慶應義塾大学、同大学大学院、大阪大学大学院経済学研究科博士課程修了 博士(経済学) 株式会社野村総合研究所に入社後、主に不動産・インフラ等のオルタナティブ資産に関する調査・データサイエンス業務に従事 2017年11月よりビットリアルティ株式会社 取締役 また、国土審議会専門委員(土地政策分科会企画部会)、内閣府「都市再生の推進に係る有識者ボード」委員等の他、早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)等で非常勤講師を務める

株式会社野村総合研究所 講師写真

株式会社野村総合研究所

グローバルインフラコンサルティング部
荒木 康行 氏

東京大学、同大学公共政策大学院修了 2008年株式会社野村総合研究所に入社後、主に不動産・インフラ等の市場調査や事業戦略立案等に従事 特に、海外における不動産市場・投資環境調査や参入戦略・事業戦略立案支援が中心 14年10月から16年1月までNRI Singapore勤務 近年では、国内外における不動産×ICTや不動産テックに関する調査・コンサルティングに従事 NRIとケネディクスによる不動産クラウドファンディング事業会社の立ち上げにも参画

カリキュラム、
プログラム
1.はじめに:不動産テック(Real Estate Tech)登場の背景
(1)不動産業界における「第4次産業革命」の動き
(2)日進月歩で進化する要素技術の概要と現在の適用領域
(3)他業界に見るテクノロジーの進化が及ぼす業界インパクト
(4)テクノロジーに対する既存プレイヤーの対応

2.不動産テック(Real Estate Tech)の全体像
(1)不動産テックの世界的な最新動向と全体像
(2)直近の不動産テック業界に見られる特徴的な動き
(3)多種多様な不動産テック企業の全体像
(4)主なビジネスモデルと従来の不動産プレイヤーとの比較

3.不動産テック(Real Estate Tech)の主な先進事例とビジネスモデル
(1)マッチング系サービス(不動産売買・賃貸プラットフォーム、エージェント・マッチング、
   個人間売買プラットフォーム、シェアリング・エコノミーなど)
(2)ビッグデータ系サービス(不動産マーケティング、価格査定エンジン、データ集約化・
   情報提供サービス、データ共有、ナウキャスティング、意思決定支援サービスなど)
(3)クラウド系サービス(投資型クラウドファンディング、クラウドソーシングなど)
(4)オペレーション系サービス(アセット・マネジメント、プロパティ・マネジメント、
   その他不動産業務効率化サービスなど)
(5)その他サービス

4.米国における不動産テックの潮流
(1)米国における不動産テック興隆の背景・要因
(2)米国不動産テックの事例と特性
(3)米国不動産テックからの示唆

5.不動産テックの今後と日本の不動産業界へのインパクト
(1)今後の日本の不動産市場で起こり得る構造変化
(2)不動産テックによって変革される不動産ビジネスの将来像
(3)ビッグデータと人工知能を活用した不動産データサイエンスの具体例
(4)従来プレイヤーが不動産ビジネスで競争優位を保つための方策
(5)不動産テック事業の検討におけるポイント

6.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCの使用等はご遠慮ください

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。