ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  ファイナンス  その他  その他  航空機ファイナンスの実務II

開催日 2018/06/19 (火) 開催地 東京都

航空機ファイナンスの実務II

主催 株式会社セミナーインフォ 講師 ホワイト&ケース法律事務所&nbs... 受講料 35,080円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
本講演の前半では、ケープタウン条約に基づく担保権の登録制度をふくめ航空機ファイナンスにおける担保の固有の問題点や実務について、実際の案件のケーススタディなどもまじえて解説し、さらにデフォルト時における航空機の取戻し(いわゆるリポゼッション)についても実務や法的留意点を紹介します。
さらに後半では、応用編として、いわゆるEETC、ポートフォリオ案件、昨年来注目が高まっている米国エアライン向けリース案件など、より多彩な資金調達ニーズを満たすための近時注目される発展的な取引ストラクチャーにつき、それぞれの案件特有の問題点・留意点を含めて解説します。
「航空機ファイナンスの実務I」と併せて受講していただくことで、航空機ファイナンスの重要ポイントをおさえることができます。
  特典
開催日時 2018/06/19 (火)     13:30~ 16:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2018/06/18
主催会社 株式会社セミナーインフォ
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 55名
受講料 35,080円
開講場所 ・会場名: カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内)
・住所: 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
・交通アクセス: 
講師
ホワイト&ケース法律事務所 講師写真

ホワイト&ケース法律事務所

パートナー弁護士
井門 慶介 氏 

2004年弁護士登録 英国系大手国際法律事務所の東京および香港オフィスにて11年あまり勤務ののち、16年よりホワイト&ケース法律事務所在籍 弁護士として大手都銀、日系総合商社、政府系金融機関への出向・勤務経験も有し、金融機関や投資家の目線を理解したアドバイスを得意とする航空機ファイナンスの分野において豊富な経験を有し、18年度Chambers誌最高ランクのBand1に選出 03年京都大学法学部卒業 08年英国ウォーリック大学にてLLM取得

ホワイト&ケース法律事務所 講師写真

ホワイト&ケース法律事務所

弁護士
福永 周介 氏

2007年弁護士登録 英国系大手国際法律事務所の東京およびロンドンオフィスにて8年あまり勤務ののち、16年よりホワイト&ケース法律事務所在籍 航空機及び船舶を中心としたアセットファイナンス、ECAファイナンス、ストラクチャード・ファイナンスを主な業務分野とし、国内外の航空機ファイナンスの経験豊富 06 年一橋大学大学院法学研究科法務専門職課程修了 11年英国ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンにてLLM取得

カリキュラム、
プログラム
1.航空機ファイナンスにおける担保
(1)航空機ファイナンスにおける機体担保の重要ポイントと法的留意点
(2)航空機ファイナンスにおける保険の概要と保険担保
(3)航空機ファイナンスにおけるその他の各種担保の重要ポイント

2.航空機ファイナンスにおけるケープタウン条約の実務と法的留意点
(1)ケープタウン条約に基づく国際担保の概要と登録実務
(2)ケープタウン条約に基づく国際担保の限界と法的留意点
(3)実際の案件にみるケープタウン条約(ケーススタディ)

3.エアラインの倒産と航空機の取戻し(リポゼッション)
(1)エアライン倒産の事例
(2)航空機の取戻し(リポゼッション)の実務的留意点

4.航空機ファイナンスにおいて注目される取引スキーム
(1)EETC その他の証券化・債券発行型案件
(2)多数航空機のポートフォリオ案件
(3)中国エアライン向けリース案件
(4)米国エアライン向けリース案件(JOLCOを中心に)
(5)航空機エンジンを対象とする取引
(6)その他

5.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCの使用等はご遠慮ください
お知らせ ※解説の順序は一部前後する場合があります。
※講師とご同業にあたる方からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。