ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます

開催日 2019/08/05 (月) 開催地 東京都

ゲノム・遺伝子ビジネスの法的諸問題

主催 株式会社セミナーインフォ 講師 森・濱田松本法律事務所 受講料 34,940円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
社会構造を変革する技術としてAIがクローズアップされていますが、ゲノム関連技術も「生命の設計図」に関するものとして社会的に大きな注目を集めつつあります。
特にゲノム医療の進展はめざましく、例えば、がん細胞の遺伝子を調べて患者ごとに最適な治療法を探る「がん遺伝子パネル検査」が、この6月1日から公的医療保険の適用対象となりました。ゲノムを解析して疾患リスクや体質に関する情報を提供する遺伝子検査サービスについても、その普及とともに情報の利活用が進んでいます。
本セミナーでは、こうしたゲノム・遺伝子ビジネスの全体構造を俯瞰した上で、これに携わる様々な事業者(遺伝子検査業者、医療機関、検査受託業者、検査機器製造業者、情報分析業者、情報活用業者、保険会社、農業・食品関連業者など)が留意すべき法規制や諸問題を網羅的に解説します。
  特典
開催日時 2019/08/05 (月)     13:30~ 16:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/08/04
主催会社 株式会社セミナーインフォ
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 55名
受講料 34,940円
開講場所 ・会場名: カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内)
・住所: 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
・交通アクセス: 
講師
森・濱田松本法律事務所 講師写真

森・濱田松本法律事務所

パートナー弁護士
吉田 和央 氏

2008年弁護士、17年ニューヨーク州弁護士登録 12年7月金融庁監督局保険課に出向(課長補佐)、同局総務課、銀行第一課、法令等遵守調査室を併任(〜14年6月) 「遺伝子検査と保険の緊張関係に係る一考察−米国及びドイツの法制を踏まえて−」生命保険論集193号(2015)、「遺伝子検査ビジネスの法的諸問題」NBL1102号(2017)、「ゲノム医療がもたらす近未来」商事法務ポータル(2017)など、ゲノム関連の法規制に関する著作や講演多数

カリキュラム、
プログラム
1.ゲノム・遺伝子の基礎知識
(1)ゲノム・遺伝子とは
(2)疾病等との関係

2.ゲノム医療
(1)ゲノム医療の現状
(2)情報の取扱いに係る規律
(3)検査業者に対する規律
(4)検査機器の薬機法上の取扱い

3.遺伝子検査ビジネス
(1)遺伝子検査のプロセス
(2)医業との境目
(3)経産省ガイドライン
(4)ゲノムに知的財産権は生じるか

4.保険との関係
(1)遺伝情報に基づく危険選択は許されるか
(2)立法や生命保険協会のガイドラインの策定に向けた動向

5.食品のゲノム編集
(1)ゲノム編集技術とは
(2)カルタヘナ法の下での規律
(3)食品衛生法の下での規律

6.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCのご使用等はご遠慮ください
お知らせ ※受付は30分前より開始いたします。
※セミナー主催者からの受講票・請求書の発送をもってお申込み受付完了のご連絡とさせていただきます。
※料金の中には資料代・消費税が含まれております。
※欠席・遅刻の場合は必ずご連絡をお願いいたします。代理出席は受付いたします。
※お申込み後のキャンセルは、開催日1営業日前の17時まで承ります。
それ以降のキャンセルや当日の無断欠席は受講料を全額ご請求いたします。
※お申込み時点で定員に達している、講師とご同業にあたる等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
※募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。予めご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。