ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  経営  経営管理/戦略  地銀連携はメガバンクとなれるか

開催日 2020/01/27 (月) 開催地 東京都

地銀連携はメガバンクとなれるか

主催 株式会社セミナーインフォ 講師 経営企画研究所 受講料 35,330円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
日本の地方銀行は、重大な局面に立たされている。超長期的人口減少と人口偏在・日本銀行の低金利政策・金融庁の経営統合促進などの外部環境変化と収益力低下・フィンテックへの事業転換などの内部環境悪化のためである。過去に道州制と並行してスーパー地銀構想はあった。これは立ち消えになったが、今回の地銀連携は待ったなしである。このため、2019年3月に地方銀行・第二地方銀行104行の再編成も兼ねて地銀連携の動きは盛んである。アメリカでも過去にスーパーリージョナルバンクからメガバンクに成長した地銀連携もあった。日本でも地銀連携のリーダー企業による戦略構想次第では、次世代型メガバンクが登場する可能性もある。注目すべき点は、地銀連携の成否を左右するリーダー企業は銀行以外にネット総合金融グループ(SBIグループ)も登場し、メガバンクを目指すと宣言していることである。2〜3行間の経営統合では効果に限界があり、新たな機能連携・地域連携に進む可能性は高い。この急増する地銀連携の事例研究と今後の成長予測を行う。メガバンク・ゆうちょ銀行・JAバンク・信用金庫などにも大きな影響を及ぼす。この影響予測も行い、受講者の対策に活かす内容にしている。
  特典
開催日時 2020/01/27 (月)     13:30~ 16:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/01/26
主催会社 株式会社セミナーインフォ
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 55名
受講料 35,330円
開講場所 ・会場名: カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内)
・住所: 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
・交通アクセス: 
講師
経営企画研究所 講師写真

経営企画研究所

代表
丹羽 哲夫 氏

1971年関西大学法学部卒 長銀総合研究所 主席研究員を経て現在経営企画研究所代表 建設省、通産省の委員会委員歴任 著書として「図解でわかるMBO」、「持株会社がわかる本」、「経営計画の立て方・つくり方」、「経営企画部」など多数 専門分野は戦略経営・新事業開発・流通革新

カリキュラム、
プログラム
1.内外環境の大きな変化と地銀連携への圧力
(1)超長期的人口減少
(2)人口の偏在加速と外国人の増加
(3)ネット企業・モバイル企業の銀行業務参入
(4)効果が少ない企業支援
(5)地銀1行でも不採算県の多さ
(6)経営統合の急増
(7)経営統合で生き残れるか
(8)地銀連携の増加
      
2.地銀連携の現状と今後の候補
(1)地方銀行の特性と強み・弱み
(2)野村證券の撤退
(3)着実に進めるりそなFG
(4)横浜銀行と千葉銀行の業務提携と各機能連携グループ
(5)池田泉州銀行のフィンクロス・パートナーシップ
(6)SBIグループによる機能連携(持株会社構想)
(7)広域連携の強みと弱み
(8)機能連携の強みと弱み
(9)今後の連携成功条件
(10)今後の候補
      
3.<事例研究1>アメリカの地銀の変化
(1)2001年〜2010年の金融危機
(2)スーパーリージョナルバンクの誕生
(3)メガバンクに昇格
(4)メガバンクにも変化
(5)分かれるスーパーリージョナルバンクの業績
(6)教訓:規模拡大よりも独自経営
(7)教訓:金融機関の質的転換
      
4.<事例研究2>りそなFG
(1)首都圏中心に経営統合
(2)相次ぐ経営改革の実行
(3)関西圏の異なる資本系列の地銀を統括
(4)中間持株会社の設立
(5)体質・システムが異なる各地銀
(6)広域連携の成果追求
(7)他の金融機関への影響
(8)広域連携の評価
(9)広域連携で学ぶ点
      
5.<事例研究3>横浜銀行と千葉銀行の業務提携と各機能連携グループ
(1)最大のライバルとの業務提携
(2)横浜銀行とTSUBASAアライアンス
(3)千葉銀行と千葉・武蔵野アライアンス
(4)機能連携の緩やかさ
(5)機能連携の評価
(6)広域連携も志向
(7)リーダー企業の行方
(8)今後の連携パターン
(9)他の金融機関への影響
      
6.<事例研究4>SBIの持株会社による機能連携
(1)SBIグループによる持株会社構想
(2)機能連携での縛り
(3)持株会社の位置付け
(4)トップダウン志向の成否
(5)現状での参加地銀
(6)どれだけの地銀が参集するか
(7)構想と実態
(8)他の金融機関への影響
      
7.今後の地銀連携の行方
(1)進行形の動向
(2)連携組織のべクトルと組織文化
(3)戦略実行力
(4)地銀連携の戦略格差予測
      
8.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCのご使用等はご遠慮ください
お知らせ ※受付は30分前より開始いたします。
※セミナー主催者からの受講票・請求書の発送をもってお申込み受付完了のご連絡とさせていただきます。
※料金の中には資料代・消費税が含まれております。
※欠席・遅刻の場合は必ずご連絡をお願いいたします。代理出席は受付いたします。
※お申込み後のキャンセルは、開催日1営業日前の17時まで承ります。
それ以降のキャンセルや当日の無断欠席は受講料を全額ご請求いたします。
※お申込み時点で定員に達している、講師とご同業にあたる等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
※募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。予めご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。