ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  経営  経営管理/戦略  認知症と共生できる社会構築に向けた企業の役割

開催日 2020/01/24 (金) 開催地 東京都

認知症と共生できる社会構築に向けた企業の役割

主催 株式会社セミナーインフォ 講師 株式会社三井物産戦略研究所 受講料 35,520円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
先進国のなかで最も高い高齢化率で人口構成が推移している日本では、2025年に団塊の世代が75歳以上を迎え、超高齢化社会がさらに進む。今後、世界的にも進展する高齢化に伴い、認知症者数の増大が懸念されるなか、治療薬開発は難航し、発症リスク低減や患者中心のケアが重視されるようになってきた。認知症の早期発見のための診断技術開発が活発化するとともに、発症リスク低減療法の有効性検証が進むが、いまだ確立した予防・治療法はなく、認知症と共生できる社会の構築が急務となっている。
認知症と共生できる社会を構築するためには、データ活用によるシームレスなケア、ケア負担の軽減などが求められており、これらを実現する技術開発やサービス提供に企業の活躍が期待される。
本セミナーでは、近年の認知症治療薬開発状況や認知症対策などの動向などを解説するとともに認知症と共生できる社会構築に向けた企業の役割について考察する。
  特典
開催日時 2020/01/24 (金)     09:30~ 12:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/01/23
主催会社 株式会社セミナーインフォ
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 55名
受講料 35,520円
開講場所 ・会場名: カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内)
・住所: 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
・交通アクセス: 
講師
株式会社三井物産戦略研究所 講師写真

株式会社三井物産戦略研究所

技術・イノベーション情報部
コンシューマーイノベーション室
プロジェクトマネージャー
木下 美香 氏

2004年、名古屋大学大学院生命農学研究科博士課程修了 同年国内大手製薬企業の医薬研究本部へ入社し、研究に従事 17年、株式会社三井物産戦略研究所へ入社 現所属にて、医療ヘルスケアとマテリアル分野における国内外の技術及び市場動向調査・レポート執筆に従事

カリキュラム、
プログラム
1.世界的課題である認知症
(1)認知症とは
(2)超高齢化社会の進展に伴い増大する日本の認知症者数
(3)世界で増加する認知症者数
(4)世界各国の認知症対策
            
2.難航する認知症治療薬開発
(1)アルツハイマー型認知症の発症メカニズム
(2)アルツハイマー型認知症治療薬の開発状況
(3)認知症早期発見・診断・重症化対策技術の開発状況
            
3.認知症対策における課題
(1)認知症ケアの分断とエコシステムの分断―データ活用による連携へ
(2)重症化予防における課題 [1]MCIの正しい理解からMCI診断率向上へ
(3)重症化予防における課題 [2]MCIを対象とした治療薬開発
(4)重症化した認知症者のQOL向上のための緩和ケア
            
4.今後の展望
(1)認知症治療薬開発と新規治療法開発、重症化予防法開発への期待
(2)発症リスク低減療法のエビデンス構築に向けて動き出す世界
(3)認知症ケアで期待される技術開発
(4)認知症と共に生きる社会構築に向けた企業の役割
            
5.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCのご使用等はご遠慮ください
お知らせ ※受付は30分前より開始いたします。
※セミナー主催者からの受講票・請求書の発送をもってお申込み受付完了のご連絡とさせていただきます。
※料金の中には資料代・消費税が含まれております。
※欠席・遅刻の場合は必ずご連絡をお願いいたします。代理出席は受付いたします。
※お申込み後のキャンセルは、開催日1営業日前の17時まで承ります。
それ以降のキャンセルや当日の無断欠席は受講料を全額ご請求いたします。
※お申込み時点で定員に達している、講師とご同業にあたる等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
※募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。予めご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。