ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます

開催日 2020/09/28 (月) 開催地 東京都

決済サービス入門

主催 株式会社セミナーインフォ 講師 決済サービスコンサルティング株式会... 受講料 36,800円   

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
2019年は日本でQRコード決済の利用が活発化した。経済産業省(キャッシュレス・ポイント還元事業)や総務省(JPQR普及事業)など国もキャッシュレスを推進。2020年度もキャッシュレス・ポイント事業は6月末まで続き、JPQR普及事業は全国展開を開始、9月にはマイナポイント事業も実施されるが、前期の効果は不透明である。QRコード決済は特典が無いと利用が減少したり不正利用が多発してサービス終了したり、店頭トラブルや障害も多発したほか、合従連衡も活発化。全国百貨店共通商品券を発行する百貨店が倒産して使えなくなった商品券も発生。決済事業者が倒産すると小売店に取扱代金が払われないリスクなど、表面的理解が蔓延するキャッシュレスには実は認識不足の重要なポイントがある。
本講演では、今さら聞けない決済サービスの基礎知識と、理解の礎となる背景をおさらいした上で最新動向を確認し、決済サービスの深い理解と将来の見通しに必要な知識や注意点を解説して将来像を展望する。実務経験に照らして公開情報を正確に深く解釈し裏付け確認することで全ての説明に根拠を備えた、決済サービスに本当に詳しくなる講座である。
  特典
開催日時 2020/09/28 (月)     13:30~ 16:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2020/05/20  ~ 2020/09/25
主催会社 株式会社セミナーインフォ
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 55名
受講料 36,800円
開講場所 ・会場名: カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内)
・住所: 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3  九段プラザビル2F
・交通アクセス: 
講師
決済サービスコンサルティング株式会社 講師写真

決済サービスコンサルティング株式会社

代表取締役
宮居 雅宣 氏

1990年JCB入社 新サービス企画や業務設計、セキュリティ対策や回収など、新商品開発や業務全般の実務に従事1999年にはFeliCaを大量発行しNFC対応方針を策定 2000年に業界代表幹事としてETCカードを実現するなど業界のIC化を牽引 2005年NRI入社 電子マネーの立上げや新決済サービス実現支援など実務経験に基づくコンサルや実行支援に従事 2019年新会社を設立しキャッシュレスのコンサルを提供 「決済サービスの真実」「キャッシュレス革命2020」「月刊消費者信用」など執筆、「日経新聞」「ホンマでっか!TV」などメディア出演、講演多数

カリキュラム、
プログラム
1.クレジットカードはなぜ世界中で共用できるのか 国際ブランド決済カードの仕組みと最新動向
(1)Visa, Mastercardが整備した世界共用決済の仕組みと日本では分かり難い国際規格の概略と国際決済ブランドの役割
(2)日本にはなぜ銀行とは別にカード会社が存在し、加盟店手数料重視のビジネスモデルとなったのか、歴史的背景と影響
(3)クレジット・ブランドデビット・ブランドプリペイドのデータ流・金流と、海外でクレジットより使われるデビット事情
(4)銀聯が中国の全カードに付いている理由と仕組み、第三者決済機構(Alipay Wallet、We Chat Paymentなど)との関係
(5)改正割販法の影響、TOKYO2020の影響とIC化動向(Visaタッチ決済、なぜ世界の金融機関はFeliCaでなくType-A/Bなのか)

2.日本独自決済サービスの仕組みと最新動向
(1)非接触IC電子マネー/ポストペイの仕組みと動向(Suica, nanaco, WAON, 楽天Edy, iD, QUICPay)
(2)Apple Pay, Google Payにおける世界共用決済と日本独自決済の違いと背景
(3)J-Debitが金融機関のスマホ決済に及ぼす影響と「キャッシュアウト」サービス

3.QRコード決済の仕組みと最新動向
(1)技術を知れば展望できる、1次元バーコード、2次元バーコードの種類とQRコードの特徴(誕生・普及経緯と技術内容など)
(2)QRコード決済の仕組みと国内サービス動向(Payの合従連衡. 特典依存からの脱却の方向性、金融機関のPay動向など)
(3)海外のQRコード決済から得られる示唆(Alipay, We Chat Pay, swish, BharatQR, SGQR, Walmart Pay, starbucksなど)
(4)2020年はQRコード決済で不正使用が多発するこれだけの理由(課題)と対策(技術高度化動向)および展望

4.生体認証決済・レジ無し店舗の取組み
(1)海外の生体認証決済動向(中国・インド・スウェーデンの生体認証事情、Alipay「トンボ」「Smile to Pay」, We Chat Pay「カエル」など)
(2)日本の生体認証決済事情(世界に誇るNECの顔認証技術、鹿児島銀行「キャッシュカードレスATM」など)
(3)無人店舗、レジ無し店舗の動向(Amazon Go, Bingo Box, TOUCH TO GO, ローソンゴーなど)

5.国を挙げたキャッシュレスの取組みとキャッシュレス社会の展望
(1)キャッシュレス・ポイント還元事業がもたらした効果と課題(消費者及び店舗向けアンケートの調査結果、加盟店手数料の重要な役割など)
(2)経済産業省・キャッシュレス推進協議会の「JPQR」概略と総務省の「JPQR」普及事業
(3)総務省「マイナポイント事業」と「自治体ポイント」の違いと地域活性化の行方
(4)CBDC(中央銀行発行デジタル貨幣)とLIBRA、FeliCaとType-A/B、QRコード、生体認証、先を見通す技術と環境の理解
(5)キャッシュレスは高齢者や災害に弱いのか? 決済データ利活用の要点は? 決済サービスの注意点と実現すべきキャッシュレス社会

6.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCのご使用等はご遠慮ください
お知らせ ※受付は30分前より開始いたします。
※セミナー主催者からの受講票・請求書の発送をもってお申込み受付完了のご連絡とさせていただきます。
※料金の中には資料代・消費税が含まれております。
※欠席・遅刻の場合は必ずご連絡をお願いいたします。代理出席は受付いたします。
※お申込み後のキャンセルは、開催日1営業日前の17時まで承ります。
それ以降のキャンセルや当日の無断欠席は受講料を全額ご請求いたします。
※お申込み時点で定員に達している、講師とご同業にあたる等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
※募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。予めご了承ください。

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。