ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます

開催日 2020/09/11 (金) 開催地 東京都

即習・ロジカルライティング

主催 株式会社セミナーインフォ 講師 株式会社BCL 受講料 35,040円   

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
普段からメールを多用していても、報告書などビジネス文章を誤解なく書けるようにはなりません。知らず知らずのうちに、自分が見たことや考えた過程をそのまま再現したり、不要な情報や冗長な表現が多かったり、結論が記述されていなかったりしています。
また、論理的に書くトレーニングを受ける機会がなかった人が自分の上司や先輩だった場合には、改善指導は内容の過不足にとどまり、文章作成の体系だった指導や構成について適切なフィードバックが受けられていないことが多いものです。結果として、自己流の悪い習慣が定着し直せなくなってしまいます。一読で、自分の考えを100%伝えるには、ロジカル思考をベースとした講座でビジネス文章の基礎スキルを学習することが最適です。

【文章技法3つのルール】
1 情報を整理する
2 30秒でわかるように書く
3 要約文をパラグラフの先頭に書く

【読み手のメリット】
・必要な情報だけを読める
・内容が一読で理解できる
・書き手の意図を100%近く理解できる

【書き手のメリット】
・自分の考えを100%近く伝えられる
・内容を読み手の印象に残せる
・論理的に考えやすくなる
  特典
開催日時 2020/09/11 (金)     09:30~ 12:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/09/10
主催会社 株式会社セミナーインフォ
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 55名
受講料 35,040円
開講場所 ・会場名: カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内)
・住所: 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
・交通アクセス: 
講師
株式会社BCL 講師写真

株式会社BCL

代表取締役
別所 栄吾 氏

1992年日本生産性本部入職、衛星放送(JC-SAT)による企業向け教育番組制作を始め、経営者、管理者、新入社員、ディベート能力開発シリーズなどの教育用ビデオ教材、CD-ROMで学ぶ経営診断マニュアルなどの開発と研修に従事 またディベート教育の普及のため、日本ディベート協会や全国教室ディベート連盟主催ディベート大会(略称:ディベート甲子園)、全日本学生ディベート大会などで審査員(主審)を務める 1996年9月、国際連合、ハーバード大学、UCLAノースリッジ校等でのコミュニケーション教育の現状を調査するため訪米 1999年産業ディベート開発センター長(現・知の技術研究開発センター)、年間70回(120日)以上の研修を実施する傍ら、ディベート、プレゼンテーション研修等のプログラムを開発、多数の講師養成を図り事業を拡大させる 2003年3月同本部 経営アカデミー人的資源管理コース修了 2007年1月同本部退職 同年2月現職 独立1年目より平均165日/年の研修を実施 2015年〜16年拓殖大学客員教授

カリキュラム、
プログラム
1.序
(1)なぜ、論理的な文章が書けないのか

2.目標とする文章とその構成
(1)【演習】「読み比べ」で目標となる文章を理解する

3.「なぜ」と「誰」を考えて「内容」を決める 
(1)30秒で概略がわかるように総論を書く
(2)総論の構成
(3)構成と文例
(4)【演習】「ヒゲ禁止」について要約文を書く

4.要約文をパラグラフの先頭に書く
(1)【演習】文章全体の要約文を書く
(2)【演習】不足している要約文を書く

5.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCのご使用等はご遠慮ください
お知らせ ※受付は30分前より開始いたします。
※セミナー主催者からの受講票・請求書の発送をもってお申込み受付完了のご連絡とさせていただきます。
※料金の中には資料代・消費税が含まれております。
※欠席・遅刻の場合は必ずご連絡をお願いいたします。代理出席は受付いたします。
※お申込み後のキャンセルは、開催日1営業日前の17時まで承ります。
それ以降のキャンセルや当日の無断欠席は受講料を全額ご請求いたします。
※お申込み時点で定員に達している、講師とご同業にあたる等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
※募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。予めご了承ください。

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。