ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  リスクマネジメント  リスクマネジメント(その他)  オリンピック・パラリンピックに伴うリスク対策とBCP(事業継続計画)

開催日 2020/03/11 (水) 開催地 東京都

オリンピック・パラリンピックに伴うリスク対策とBCP(事業継続計画)

主催 株式会社セミナーインフォ 講師 株式会社新建新聞社 &n... 受講料 35,490円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
13:30〜14:50
【第一部】 リオ・ロンドン五輪を取材して 大規模イベントにおける鳥の目と虫の目と魚の目
リオ、ロンドン五輪などを取材してきた知見をもとに、現地政府における想定リスクやセキュリティ対策を始め、現場におけるリスクや企業の対策など、具体的な事例をご紹介しながら、いかなる備えが必要かを解説いたします。

15:00〜16:20
【第二部】 オリンピック・パラリンピックに備えた BCP〜法的リスクとその対策〜
東京オリンピック・パラリンピックは「計画された災害」などと指摘されることもあります。オリンピックに関係の無い業種ではかえって売上げは半減するかも知れません。一方で、「計画された災害」である以上、想定されるリスクの発生時期やリスクの規模も把握しやすいという状況でもあります。事業者がどのように準備をしておくかが対応の善し悪しを決することとなります。
リスク対策の1つである事業継続計画(BCP)を策定し、法的リスクについてどのような対策を講じるべきかについて解説いたします。
  特典
開催日時 2020/03/11 (水)     13:30~ 16:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/03/10
主催会社 株式会社セミナーインフォ
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 55名
受講料 35,490円
開講場所 ・会場名: カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内)
・住所: 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
・交通アクセス: 
講師
株式会社新建新聞社 講師写真

株式会社新建新聞社

常務取締役
危機管理メディア事業部 部長 リスク対策.com 編集長
中澤 幸介 氏

2007年に危機管理とBCPの専門誌『リスク対策.com』を創刊 200を超えるBCPの事例を取材 内閣府プロジェクト「平成25年度事業継続マネジメントを通じた企業防災力の向上に関する調査・検討業務」アドバイザー 平成26〜28年度 地区防災計画アドバイザリーボード 国際危機管理学会TIEMS日本支部理事、地区防災計画学会監事 熊本県「熊本地震の対応に係る検証アドバイザー」

丸の内総合法律事務所 講師写真

丸の内総合法律事務所

弁護士
中野 明安 氏

一時滞在施設の確保に関するワーキンググループ(内閣府)有識者委員、今後の帰宅困難者対策検討会議(東京都)委員、東京2020大会に向けた企業のリスク対策実態調査有識者委員等歴任 弁護士業務としては会社法、労働法、企業における災害対策、リスクマネジメントを含む企業法務全般を業務範囲とする
〈著作〉
商事法務「企業のための防災と復旧のはなし」(単著)
第一法規「もうひとつの新型インフルエンザ対策」(単著)
日本技術士会「地震災害に備え、地域に貢献するための各種専門
家の役割」【第36回技術士全国大会優秀論文賞受賞】
産労総合研究所 経営書院「災害時の労務管理ハンドブック」(丸
の内総合法律事務所編)
清文社「帰宅困難者対策Q&A」(廣井悠氏との共同著作)

カリキュラム、
プログラム
13:30〜14:50
【第一部】リオ・ロンドン五輪を取材して 大規模イベントにおける鳥の目と虫の目と魚の目

1.危機管理の三要素は「予測」、「予防」、「対応」

2.東京2020大会に向けた企業のリスク対策実態調査

3.2016年リオデジャネイロオリンピック
(1)リオ五輪で日本人が被害にあった事件
(2)ブラジル政府が想定したリスク
(3)サイバー攻撃、史上最大規模のDDoS
(4)会場ごとの統合セキュリティ運用

4.2012年ロンドンオリンピック
(1)ロンドン五輪における企業の対策と小売業の対応
(2)政府・自治体連携/緊急参集訓練
(3)五輪はビジネス利益を最大化するチャンス
(4)金融機関の対策、マーケットワイド2011

5.2018年平昌オリンピック
(1)国際連携でテロを阻止する
(2)民間企業がサイバー攻撃で狙われる
(3)大会期間中に大会に影響を及ぼすリスクとは何か

〜休憩〜

15:00〜16:20
【第二部】 オリンピック・パラリンピックに備えたBCP〜法的リスクとその対策〜

1.オリンピック・パラリンピックに関する法的課題への回答・解説
(1)従業員の関心事・心配事
  (a)子どもを預ける施設も閉鎖されてしまっている。有給休暇申請は受け付けてもらえるか
  (b)オリンピック期間中は出張、残業を拒否できるか
  (c)交通機関が大混乱のため通常の2倍の時間がかかった。遅刻扱いになるのか
(2)企業の関心事・心配事
  (a)オリンピック期間中の有給休暇申請に対して時季変更権を行使したい。
   その際の留意点は?
  (b)出勤退勤における従業員のロスを回避するため、
   宿泊施設での宿泊を義務付けることは可能か
  (c)オリンピック期間中の混乱等により従業員が負傷等(感染症の罹患、テロ遭遇などを含む)を
    しないように、不要不急の外出について自粛をするよう求めることは可能か
(3)利用客の関心事・心配事
  (a)交通機関等が麻痺しており通常の期間内に郵便、配送ができなかった場合の責任問題
  (b)物流の遅延により部品等の調達ができずにいる。これは不可抗力なのか
  (c)百貨店の店内でショッピングをしていたら、パニックに巻き込まれて転倒し負傷した。
   誰に責任追及できるか
(4)感染症に関する心配事と対応
   〜海外観光客が持ち込む重大感染症等へ必要な対策は?
  (a)医療機関、ホテル、交通機関等の従事者への安全配慮
  (b)オリパラ会場での安全配慮

2.オリンピック・パラリンピックに備えたBCP(事業継続計画)
(1)労働者としての権利義務、安全配慮
(2)事業継続、善管注意義務、公法上の要請
(3)契約の履行責任

16:20〜16:30 〜質疑応答〜
※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCのご使用等はご遠慮ください
※ 講演時間は前後する可能性がございます
お知らせ ※受付は30分前より開始いたします。
※セミナー主催者からの受講票・請求書の発送をもってお申込み受付完了のご連絡とさせていただきます。
※料金の中には資料代・消費税が含まれております。
※欠席・遅刻の場合は必ずご連絡をお願いいたします。代理出席は受付いたします。
※お申込み後のキャンセルは、開催日1営業日前の17時まで承ります。
それ以降のキャンセルや当日の無断欠席は受講料を全額ご請求いたします。
※お申込み時点で定員に達している、講師とご同業にあたる等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
※募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。予めご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。