ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます

開催日 2020/03/03 (火) 開催地 東京都

保険商品開発の神髄

主催 株式会社セミナーインフォ 講師 日新火災海上保険株式会社 受講料 74,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
保険会社の商品開発に、約款や数理の基礎知識はもちろん必要です。
しかし、当然ですがそれだけでヒット商品は生まれません。成否を握るのは、顧客ニーズをとらえたマーケットイン型の商品開発力です。価格設定も、従来のレーティングを脱し、プライシングの考え方を取り入れる時代です。
今日、商品開発を理論的・体系的に理解する努力が問われています。

さて商品の開発・管理に携わる方は、次のような問いに即答できるでしょうか?
[1]「複数契約加入割引」が何度も提唱されるが、成功例がないのはなぜか。「長期継続割引」はどうか。
[2]ある通販会社のCEOは、『低価格により顧客を囲い込む』ことを同社の戦略とした。この戦略は成功しないが、問題点はどこにあるか。
[3]保険以外の業界の価格引上は、モデルチェンジに伴って行われることが多い。なぜか。

この講座では、本質的思考のフレームワークを学びます。これを習得することで、商品開発の新たな地平が見えてきます。
なお、基本的なアイデアの解説に加えて、約款作成のコツや認可申請要領など、要所要所で実務上のポイントも解説する予定です。
  特典
開催日時 2020/03/03 (火)     09:30~ 16:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/03/02
主催会社 株式会社セミナーインフォ
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 18名
受講料 74,000円
開講場所 ・会場名: カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内)
・住所: 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
・交通アクセス: 
講師
日新火災海上保険株式会社  講師写真

日新火災海上保険株式会社

顧問
日本アクチュアリー会正会員
星野 明雄 氏

東京大学理学部数学科卒、ペンシルバニア大学ウォートン校MBA(修士)
損害保険上級講座 保険マーケティング入門講師 インドネシア損害保険協会
バリ・ランデブー講師 
Enterprise Risk Management Academy/ASEAN Risk Awards 2016-18 審査委員(ERMA)論文「新型自動車保険TAPの開発について」(損保研究)
損害保険会社及び生命保険会社において商品開発を30年余り担当
手がけた商品が日経優秀製品・サービス賞を生保・損保それぞれで受賞
弊社アクチュアリー講座 講師

【主要開発商品】
自動車保険人身傷害補償/各種積立保険(損害保険分野)
家計保障定期保険/利差配当商品各種(生命保険分野)
年金払積立傷害保険・ドル建て年金(年金分野)
医療保険/がん保険/抗ガン剤特約(医療分野) 等多数

カリキュラム、
プログラム
1.保険購買という「取引」の基本
(1)価値、価格、原価
(2)消費者余剰と生産者余剰
(3)保険市場対GDP−弾性値1.3の意味
(4)レーティングとプライシングの違い
(5)商品の特性−なぜ、時代を先取りした保険は成功しなかったか
       
2.需要曲線の研究
(1)マーケットの構造、価格感応度によるセグメント
(2)感応度と最適価格
(3)競争「圧力」の強弱と需要曲線
(4)割引戦略の意味
       
3.商品ニーズ
(1)付加価値の高い商品、低い商品
(2)高付加価値商品発案のヒント
(3)「利殖志向」と「掛捨て嫌い」の違い
(4)月払い効果・年金不振の宿命
(5)注目分野−生命科学による新治療と医療コスト
       
4.効用関数の研究
(1)効用逓減−リスク回避の経済的基礎原理
(2)プロスペクト理論−サルにもある損失回避心理
(3)エコン対ヒューマン−主従はどちらか
(4)「面倒臭さコスト」−なぜ保険加入の検討は苦痛か
(5)代理店の存在の効用と費用最適水準
       
5.商品開発のフレームワーク
(1)アイデア検討のフレームワーク
(2)補償(約款)設計のフレームワーク
(3)コスト(純率、社費、代理店手数料)算定のフレームワーク
(4)マーケティング(プライシング、ブランディング、販売計画)のフレームワーク
(5)リスク評価のフレームワーク
       
6.市場調査
(1)調査対象、手法
(2)定性的調査(フォーカスグループ・インタビュー)⇒アイデアの検討
(3)定量的調査(Webアンケート)⇒マーケティング(プライシング他)
(4)調査票設計
(5)集計・分析
(6)留意事項(繰り返されがちな失敗)
       
7.事例研究
(1)人身傷害補償(上位商品)のターゲティング
(2)家計保障定期(価格競争)のターゲティング
(3)開発中止事例・失敗事例等
       
8.質疑応答・結び
※ 質疑応答は、講義の途中にも随時受け付けます
※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCのご使用等はご遠慮ください
お知らせ ※受付は30分前より開始いたします。
※セミナー主催者からの受講票・請求書の発送をもってお申込み受付完了のご連絡とさせていただきます。
※料金の中には資料代・消費税が含まれております。
※欠席・遅刻の場合は必ずご連絡をお願いいたします。代理出席は受付いたします。
※お申込み後のキャンセルは、開催日1営業日前の17時まで承ります。
それ以降のキャンセルや当日の無断欠席は受講料を全額ご請求いたします。
※お申込み時点で定員に達している、講師とご同業にあたる等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
※募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。予めご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。