ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  IT  電子商取引(EC)/電子決済  【会場受講】新型コロナ対策のデジタル地域振興券と自治体DXが拓くキャッシュレス社会

開催日 2021/06/18 (金) 開催地 東京都

【会場受講】新型コロナ対策のデジタル地域振興券と自治体DXが拓くキャッシュレス社会

主催 株式会社セミナーインフォ 講師 宮居 雅宣 氏 受講料 35,740円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
新型コロナウィルスがキャッシュレス決済に大変革をもたらしつつある。新しい生活様式として電子決済の利用が加速したり、消費低迷で決済額が落ち込むというだけではない。緊急経済対策として一律10万円の特別定額給付金が現金で給付されたり、各自治体が地域振興券を配布する中で、迅速な給付や、煩雑な業務と社会コストの削減、不正対策などの課題が浮き彫りになり、自治体DX対応やスマートシティ構想と相まって地域における金流のデジタル化が加速するのだ。闇雲に汎用決済サービスを推進しても国のキャッシュレス決済比率80%は難しいが、適切なデジタル地域振興券の展開は地域のキャッシュレス決済比率80%を突破可能である。全国に広まれば日本はキャッシュレス先進国へと変革し、デジタル化社会を下支えする。ただし短絡的なスマホ決済の導入では地域経済の好循環は創れない。本稿では、キャッシュレスの基礎知識を押さえ、地域振興に生かす方法、キャッシュレス社会の実現方法を考察する。
  特典
開催日時 2021/06/18 (金)     13:30~ 16:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2021/06/16
主催会社 株式会社セミナーインフォ
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 12名
受講料 35,740円
開講場所 ・会場名: カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内)
・住所: 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
・交通アクセス: 
講師
宮居 雅宣 氏 講師写真

宮居 雅宣 氏

決済サービスコンサルティング株式会社
代表取締役

1990年JCB入社 新サービス企画や業務設計、セキュリティ対策や回収など、新商品開発から泥臭い業務まで決済全般の実務に従事 1999年にはFeliCaを大量発行しNFC対応方針を策定 2000年に業界代表幹事としてETCカードを実現するなど業界のIC化を牽引 2005年NRI入社 電子マネー事業の立上げや新決済サービス実現支援など実務経験に基づくコンサルや実行支援に従事 2019年より現職
「決済サービスとキャッシュレス社会の本質」「キャッシュレス革命2020」など執筆や講演、「BS-TBS Bizスクエア」「ホンマでっか!TV」などメディア出演多数







※参加者全員サブテキストとして、書籍『決済サービスとキャッシュレス社会の本質(金融財政事情研究会)』〈講師著〉を進呈いたします。

カリキュラム、
プログラム
1.汎用決済サービスの基礎知識と地域振興活用の限界
(1)汎用決済サービスの基本構造 (クレジットカード、ブランドプリペイド、電子マネー、コード決済の仕組みと特徴など)
(2)汎用決済サービスの潜在リスク (金融システミックリスク、不正利用、加盟店未払い、二重請求、情報漏洩など)
(3)決済サービスを分かり易く理解する分類方法 (非接触ICやQRコードなど「媒体」での分類が引き起こす混乱、最新動向など)
(4)Withコロナ/Afterコロナ時代の世界の「非接触」決済動向 (日本の報道が誤訳する「Contactless(非接触)」の実態など)
(5)実はキャッシュレス決済は災害にも高齢者にも強い (海外における災害時キャッシュレス活用事例、国内高齢者事情など)
(6)地域振興への汎用決済サービス活用の限界 (マイナポイント事業が地域振興に寄与し辛い背景と寄与させるための要件など)
(7)決済サービスは異常系対応が全てと言っても過言ではない決済事業者の重要なノウハウ (組むべき決済サービスを選ぶポイントなど)

2.FinTechバブルと、実務知見不足の机上論がもたらす功罪
(1)新興系決済サービスで頻発するシステム障害、情報漏洩、加盟店未払い、二重課金の背景
(2)CBDCでは実現できないデジタル地域振興券に必要な機能
(3)コンサルタントが陥り易い決済データ利活用・情報銀行の淡い夢とマーケティングの現実
(4)バズワードが踊り、手段が目的化する日本市場の悲劇

3.自治体におけるキャッシュレス決済活用事例と得られる示唆
(1)汎用決済サービス提携/活用事例 (PayPay、LINE Pay、JコインPay、pring、Visaタッチ決済、ご当地WAONなど)
(2)専用決済サービス活用事例 (ほろかカード、サンセットコインカード、さるぼぼコイン、アクアコイン、Okaya Payなど)
(3)上手くキャッシュレス決済を活用した自治体とそうではない自治体の差 (上手く活用も一時的なカンフル剤で終わる理由など)
(4)コロナ禍経済対策やキャッシュレス政策の活用方法 (マイキープラットフォームへの期待とJPQR失望の必然、コロナ禍対策など)

4.新型コロナウィルスがもたらす決済サービスの大変革とキャッシュレス社会
(1)いきなりスマホ決済を導入するだけではデジタル地域振興券/地域通貨が使われない理由と解決策
(2)ニューノーマル時代のデジタル地域振興券実現方法と地域経済の好循環を創り出す方法
(3)一時的対策で終わらせない地域キャッシュレスを自治体DXやスマートシティの実現に活かす方法
(4)モデル地域の事例が全国に広がることで実現する日本のデジタル化を支えるキャッシュレス社会実現像

5.質疑応答 ※ 講義中の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。会場受講の場合はPCはお使いいただけません。
セミナー参加費
支払い方法
セミナーインフォからの受講票・請求書の発送をもって申込受付完了となります(10日前後で到着)。確認できない場合は申込みが完了の可能性がございますのでお問合せください。

領収証をご希望の場合は通信欄にご記入ください。



〈申込規約〉

1.申込の正式確定:お客様からの申込を確認した時点で正式なお申し込みとして確定させていただきます。

2.セミナー代金の支払日:原則として開催日前日までにお支払いください。お支払いが期日までに間に合わない場合には、弊社までご連絡をお願いいたします。

セミナー代金の支払日:原則として開催日前日までにお支払いください。セットセミナー申込の場合は、最初に受講されるセミナー開催日前日までにお支払いください。お支払いが期日までに間に合わない場合には、弊社までご連絡をお願いいたします。

3.正式申込後のキャンセル:会場、DOKODEMOセミナー共に、開催日前日(土日祝日を除く)の12時まで承ります。キャンセル期限以降のキャンセルはお受けいたしかねます(セミナー代金を全額ご負担いただきます)。キャンセルをご希望の際は、必ず期限内に弊社までご連絡ください。セミナー代金をお支払い済みの場合には代金を返金させていただきます。セミナー詳細ページ内に別途キャンセル期限が設けられている場合はそちらに準じます。(ハンズオンセミナー等)

4. 返金について:セミナー代金の返金はクレジット決済の取消処理または銀行振込により行います。返金の手続きに関して事務局よりご連絡します。なお、他セミナーへの振替はいたしかねます。

5.開催延期・中止:申込人数が最低開催人数に達しない場合、および天災等の不可抗力的要因により、開催を延期、もしくは中止することがあります。セミナー代金をお支払い済みの場合には、代金を返金させていただきます。宿泊費・交通費等の補償はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

6.DOKODEMOセミナーについて:オンライン視聴に必要な設備・環境(視聴用機器、インターネット接続サービスへの加入、その他利用するための準備)は、お客様の費用と責任において行うものとします。お客様のインターネット接続不備等による視聴不良については一切の責任を負いかねます。著作権保護のため視聴用URLの複数人共有・投影による複数人での視聴、配布資料の複製・二次配布、動画データの録画保存は固く禁じます。

7.アーカイブ配信について:視聴の有無に関らず所定の視聴期間を徒過した場合、期間の延長等の措置はございません。予めご了承ください。

お知らせ ※お申込み時点で定員に達している、講師とご同業にあたる等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
※料金の中には資料代・消費税が含まれております。
※該当の下記受講形態の欄をご確認ください。

【会場受講】
※受付は30分前より開始いたします。
※欠席・遅刻の場合は必ずご連絡をお願いいたします。代理出席は受付いたします。

【オンライン受講】
※視聴方法詳細・アーカイブ配信付帯の有無については株式会社セミナーインフォ・ホームページ、該当のセミナーページでご確認ください。
※セミナーの視聴方法等に関するお問い合わせは株式会社セミナーインフォ・ホームページ「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。