ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  バックオフィス(総務・法務・人事・経理)  人事/労務/能力開発  できる人を、いち早く、どう増やすか 『中長期人材育成計画のつくり方』

開催日 2019/02/15 (金) 開催地 東京都

~「できる人」を着実に増やす仕組み=『社内大学』を作ろう!~

できる人を、いち早く、どう増やすか 『中長期人材育成計画のつくり方』

主催 株式会社 労務行政 講師 望月 禎彦 氏 受講料 32,400円   

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
人手不足時代を乗り切るカギは、今いる人材を育てること。つまり、「採用中心」の戦略から「教育投資」への戦略展開が必要です。そのためには単発的な教育カリキュラムを並べるだけでなく、長期的視野に立った体系的な取り組みが不可欠になります。どうせやるなら、自社独自のメニューを取りそろえた「社内大学」を作りませんか。講師が強みとする「独自のコンピテンシー理論」を駆使し、「できる人を、いち早く、どう増やすか」、具体的な事例を交えて解説します。また、『社内大学』設立は、継続的な人材育成の基盤を作るとともに、人材の募集・採用時の大きなアピールポイントになるため、人手不足企業には特にお薦めです。
ぜひご参加ください。


【本講座のポイント】

①人事の3要素(採用・教育・評価)のうち、教育に特化した内容
②中長期人材育成に資する「社内大学」のつくり方を基本から学べる
③コンサル歴25年・300社超の指導歴を誇る講師が豊富な事例・実例を紹介
  特典
開催日時 2019/02/15 (金)     10:00~ 16:30     (受付  09:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/02/13
主催会社 株式会社 労務行政
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 10名
受講料 32,400円
開講場所 ・会場名: 株式会社 労務行政セミナールーム
・住所: 〒141-0031 東京都品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3F
・交通アクセス: 

セミナー マップ

講師
望月 禎彦 氏 講師写真

望月 禎彦 氏

人事政策研究所  代表

1960年生まれ。立教大学卒業後、ユニ・チャーム株式会社人事部を経て、92年人事政策研究所 設立。「行動」をベースにした独自のコンピテンシー理論を駆使し、『できる人』を着実に増やし、成果につなげることを得意とする。ノウハウを結実させたソフトウエア『コンピリーダー』のユーザー数は累計1000企業に上る。また、そのノウハウを体系的に提供する塾形式の『望月人事クラブ』を主宰し、全国各地に『できる人を増やす』活動を推進している。

カリキュラム、
プログラム
<主な内容>

Ⅰ オリエンテーション
  中長期人材育成計画=『社内大学』の事例紹介

Ⅱ 戦略的な人づくりの考え方
  1.人事理念 / ビジョン
  2.伸びる中堅企業の人事戦略(採用/教育/評価)
  3.組織/人事で最も大切なこと=経営戦略とのリンク

Ⅲ 『社内大学』を構築する   
  1.3つの領域の設計
    ①コアバリューの浸透→『らしさ』をどう作り、磨き上げるか
    ②階層別教育の推進 →「リーダーシップ」「マネジメント」を実務で鍛える
    ③専門性の深耕   →社内勉強会の仕組み化
  2.各領域の強化事例紹介
  3.サクセッションプラン(後継者育成計画)の立案
  4.運用上の留意点
    ①一人ひとりの持ち味/才能・技量を引き出す
    ②社長や部門長をどう巻き込むか
    ③教育施策の効果測定
    ④『社内大学』開校のためのスケジュール例

Ⅳ グループワーク
  1.「自社に取り入れられることは何か」
    『社内大学』構築のためのワークシート作成
  2.他社メンバーとすりあわせてみる

Ⅴ まとめ
  運用上のキーポイント→おもしろ、おかしく運用してみる
セミナー参加費
支払い方法
受講される方の所属、役職、氏名を通信欄に必ずご記入ください。

お申込後、請求書と受講票をお送り致します。原則開催日の前日までにお振込みください。
お知らせ ※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額請求させていただきます。

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。