ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  バックオフィス(総務・法務・人事・経理)  人事/労務/能力開発  『公益通報者保護法改正までの「現実的」な実務対応』

開催日 2020/07/15 (水) 開催地 東京都

~13年ぶりの大改正に向けた準備をわかりやすく解説~

『公益通報者保護法改正までの「現実的」な実務対応』

主催 株式会社 労務行政 講師 山岸 純 氏 受講料 17,600円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
迫る法改正に向けて企業が準備すべき内部通報制度を徹底解説


内部通報者の保護を強化する公益通報者保護法の改正案が、いよいよ今国会に提出されます。

2006年4月の施行後、抜本的な改正は初めてとなります。昨今、企業の内部通報制度が十分に機能しなかったことが原因で不祥事に発展したと考えられる事例が相次ぎ、改正への要望が強まっていました。

本講座では、改正の内容だけでなく、実務において、具体的にどのような対応が求められ、どのような点を留意すべきかをわかりやすく解説します。


【本講座のポイント】
①内部通報制度の導入・運用の方法をわかりやすく解説します
②実務で起こり得る現実的な問題点を洗い出し、対応策を提示します
③法改正によって何が変わるのか。事前に準備しておくポイントを整理できます
  特典
開催日時 2020/07/15 (水)     13:30~ 16:30     (受付  13:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/07/07
主催会社 株式会社 労務行政
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 50名
受講料 17,600円
開講場所 ・会場名: 株式会社 労務行政セミナールーム
・住所: 〒141-0031 東京都品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3F
・交通アクセス: 

セミナー マップ

講師
山岸 純 氏 講師写真

山岸 純 氏

山岸純法律事務所   弁護士

東京弁護士会所属。宮内庁のほか、企業の内部通報窓口を務める。
企業法務関連の法律業務、特に公益通報者保護法、特定商取引法、景品表示法、不正競争防止法を得意とし、通販・訪問販売業界に関する法律業務に広く携わっている。

カリキュラム、
プログラム
<主な内容>

Ⅰ 法改正の重要ポイント
  1.法改正により保護される範囲の拡大
  2.制度導入が義務化される企業とその例外
  3.違反企業に対する不利益の強化(社名公表)
  4.その他

Ⅱ 内部通報制度に対する企業の考え方・思惑
  不正や不祥事を外部に漏らされたくない経営陣と、
  不正や不祥事を理解してほしい従業員の葛藤を理解することで、
  制度設計の本旨が見えてきます。

Ⅲ 内部通報制度の構築・内部規程
  「規程化」することの重要性を理解するとともに、
  具体的な「窓口」の設置先(内部か外部か)・設置方法・運用方法について
  解説します。

Ⅳ 具体的な「内部通報」への対処法
  「内部通報」が行われた場合の具体的な手順
  (通報受理、調査方法、通報者への報告等)を、
  実際に発生した事件を参考にしながら解説します。

Ⅴ 内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)
  2019年4月より開始された自己適合宣言登録制度(WCMS認証)の活用方法。
  登録・申請に向けた準備とその意味について解説します。
セミナー参加費
支払い方法
受講される方の所属、役職、氏名を通信欄に必ずご記入ください。

お申込後、請求書と受講票をお送り致します。原則開催日の前日までにお振込みください。
お知らせ ※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、
参加費を全額請求させていただきます。


※大阪会場にLIVE配信をしております
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。