ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます

開催日 2020/11/06 (金) 開催地 東京都

トラブル回避のために人事担当者が押さえておきたい

『労働条件不利益変更の実務ポイント』 【半日】

主催 株式会社 労務行政 講師 三浦 聖爾 氏 受講料 17,600円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
~労働契約法及び裁判実務を踏まえ具体例を示しながら解説~

労働条件の不利益変更の手法には、
①個別合意により変更するもの、
②就業規則により変更するもの、
③労働協約により変更するものがあります。

労働組合が組織されていない企業において、
集団的に労働条件を変更するには、
就業規則の変更によるしかなく、
就業規則の不利益変更について理解することが重要となります。

本講座では、就業規則の不利益変更における合理性判断を含めた
実務的な問題に関し、裁判例を踏まえ、具体例を示しながら解説します。


【本講座のポイント】
①労働条件を不利益に変更する際の手法がわかります
②不利益変更における合理性の判断枠組みを裁判例に則して整理できます
③不利益変更が問題となる代表的事例を個別ケースにそって理解できます
  特典
開催日時 2020/11/06 (金)     13:30~ 16:30     (受付  13:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/11/04
主催会社 株式会社 労務行政
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 17,600円
開講場所 ・会場名: 株式会社 労務行政セミナールーム
・住所: 〒141-0031 東京都品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3F
・交通アクセス: 

セミナー マップ

講師
三浦 聖爾 氏 講師写真

三浦 聖爾 氏

加茂法律事務所  弁護士

2006年3月東京大学法学部卒業、2008年3月東京大学法科大学院修了。2010年12月弁護士登録(第一東京弁護士会所属)。2011年1月加茂法律事務所入所。労働法、会社法および倒産法の分野を中心に企業法務全般の業務に従事している。

カリキュラム、
プログラム
<主な内容>

Ⅰ 労働条件設定・変更の手法
  1.労働条件を規律する規範
  2.労働条件変更の手法
  3.労働条件設定・変更手法としての就業規則の重要性

Ⅱ 個別合意による労働条件の変更
  1.合意による労働条件の変更(労働契約法8条、9条)
  2.労働条件変更における同意の認定
  3.変更解約告知

Ⅲ 就業規則による労働条件の変更
  1.就業規則による労働条件の変更の概要(労働契約法10条)
  2.要件①(不利益変更該当性)
  3.要件②(変更後の就業規則の周知)
  4.要件③(変更の合理性)
  5.効果

Ⅳ 労働協約による労働条件の変更
  1.労働協約の成立要件
  2.労働協約の効力(規範的効力、有利原則の有無)
  3.協約自治の限界―労働条件の不利益変更―

Ⅴ 労働条件不利益変更が問題となる代表的事例
  1.賃金の変更(成果主義賃金制度の導入、退職金制度の変更等)
  2.労働時間・休日の変更

Ⅵ 企業再編と労働条件の変更
  1.企業再編が与える労働契約・労働条件への影響
  2.合併と労働条件の統一
  3.事業譲渡に伴う労働条件の変更
  4.会社分割による労働契約・労働協約の承継
セミナー参加費
支払い方法
受講される方の所属、役職、氏名を通信欄に必ずご記入ください。

お申込後、請求書と受講票をお送り致します。原則開催日の前日までにお振込みください。
お知らせ ※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、
参加費を全額請求させていただきます。


※こちらの講座は来場型集合研修になります
※WEBセミナーも同時開催しております
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。