ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます

開催日 2022/05/30 (月) 開催地 東京都

人的資本の情報開示義務に、企業はどう対応すれば良いのか?

『人的資本の開示実務』【半日】

主催 株式会社 労務行政 講師 保坂 駿介 氏 受講料 22,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
~ISO 30414の認証を目指す企業の実務とは?~

20年8月に、米SECが上場企業に人的資本の情報開示を義務付けて以降、日本でも’21年6月に改正されたCGコードの中で人的資本の開示を求める等、国内外で義務化が進みます。

岸田政権が掲げる「新しい資本主義」でも、人への投資が柱の1つとなりました。日本企業が伝統的に強みとする「人を育てて、事業を育てる」企業風土を対外的に示す好機であり、ISO 30414を活用して先行する企業の事例と共に、実務上の対応について解説します。ぜひご参加ください。

※講義内容は事例等を含めた内容に変更になる場合がございます。


【本講座のポイント】

①人的資本の情報開示が、実は企業にとってメリットである理由
②人事部やIR、ESG担当部門は何から手掛けるべきか?
③ISO 30414の認証取得を目指す企業の事例を通じた、実務と課題
  特典
開催日時 2022/05/30 (月)     13:00~ 16:00     (受付  12:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/05/26
主催会社 株式会社 労務行政
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 22,000円
開講場所 ・会場名: 株式会社 労務行政セミナールーム
・住所: 〒141-0031 東京都品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3F
・交通アクセス: 

セミナー マップ

講師
保坂 駿介 氏 講師写真

保坂 駿介 氏

株式会社HCプロデュース 代表取締役

国際協力銀行、ドリームインキュベータを経て、2021年に株式会社HCプロデュースを創業。日本人第1号のISO 30414コンサルタントとして、規格を策定した海外エキスパートと日々連携しつつ、日本の労務慣行を踏まえた人的資本の戦略的な情報開示を支援する。

カリキュラム、
プログラム
<主な内容>

Ⅰ 人的資本の情報開示の義務化の流れ
  国内外における、人的資本の情報開示を義務化する潮流とその背景を概観します。

Ⅱ 日本企業の取り組み
  人的資本の取り組みに対する日本企業の取り組みについて、
  ①学習、②トライアル、③実践、④認証取得等の様々な段階毎にご紹介します。

Ⅲ ISO 30414の認証取得方法
  ISO 30414を活用した人的資本の情報開示と、認証の取得方法について解説します。

Ⅳ 認証取得に向けた事例(X社の事例)
  日本国内でISO 30414の認証取得を目指す企業の事例について、
  具体的にご紹介します。
セミナー参加費
支払い方法
受講される方の所属、役職、氏名を通信欄に必ずご記入ください。

お申込後、請求書と受講票をお送り致します。原則開催日の前日までにお振込みください。
お知らせ ※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、
参加費を全額請求させていただきます。


※こちらの講座は来場型集合研修になります
※WEBセミナーも同時開催しております
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。