ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  バックオフィス(総務・法務・人事・経理)  人事/労務/能力開発  1日でしっかり理解する 『退職金の基礎知識』WEBセミナー

開催日 2021/12/08 (水) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

~新しい時代の退職金のあり方~

1日でしっかり理解する 『退職金の基礎知識』WEBセミナー

主催 株式会社 労務行政 講師 宍倉 健作 氏 受講料 29,700円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
退職金制度の現状を正しく理解し、どのような退職金制度が自社に適しているのかを検討するきっかけとしていただきたいと考えます。

公的機関等から公表されているデータを基に『世間一般』の退職金の水準や退職金制度の勘所を確認し、自社退職金制度の「あるべき姿」の検討材料を提供します。

最後に、多様性や高年齢者の雇用継続などの人事労務上の重要課題から今後の退職金のあり方(ポイント制退職金制度に焦点をあてて)について考えていきます。


※本講座は、WEBセミナーです。


【本講座のポイント】

①退職一時金や退職年金 様々な制度の基本的な知識を知る
②開示されている退職金の支給データから「世間の退職金水準」を知る
③多様性・雇用延長などこれからの時代に求められる制度のあり方を検討する
  特典
開催日時 2021/12/08 (水)     10:00~ 15:30     (受付  09:45 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2021/12/06
主催会社 株式会社 労務行政
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 29,700円
開講場所 WEBセミナー
 
(Deliveru配信)
講師
宍倉 健作 氏 講師写真

宍倉 健作 氏

宍倉社会保険労務士事務所  代表 
特定社会保険労務士

1987年慶應義塾大学経済学部卒業。株式会社富士銀行、ドイツ銀行グループでそれぞれ10年以上勤務する。海外勤務経験も長く、金融及び外国の市場に精通している。2008年にドイツ銀行を退職するとともにコンサルティング会社を設立。人事制度・評価制度など企業のルールづくりを中心としたコンサルティングを数多く手がける。一方で、東京労働局の非常勤職員としての勤務経験を活かし、特定社会保険労務士として労務トラブルの対応にも力を入れている。

カリキュラム、
プログラム
Ⅰ.退職金制度の現状
  ・退職金制度は何のために導入しているのか
  ・一般的に導入されている退職一時金・退職年金の制度を知る
  ・退職金制度の就業規則での定め方を知る

Ⅱ.退職金制度と社会保障制度等の現状
  退職金制度に重要な影響のある各種制度を正しく理解する
  ・年金制度の基本
  ・改正される高年齢者雇用安定法が与える影響
  ・退職金の会計と税務

Ⅲ 自社のモデル退職金を考える
  ・公表されているデータから支給実態やモデル退職金を確認する
  ・データを基にモデル退職金テーブルの全体像をみる
  ・自社のモデル退職金を考える

Ⅳ これからの時代の退職金を考える
  ・退職金の「あるべき姿」を再検討する
  ・メトロコマース事件を読み解き同一労働同一賃金下での制度を考える
  ・多様性が求められる時代の退職金とは

Ⅴ ポイント制退職金制度を考える
  ・ポイント制退職金制度とは何か。メリットとデメリット
  ・ポイント制退職金制度の導入実態
  ・これからの時代における退職金制度とポイント制退職金
セミナー参加費
支払い方法
受講される方の所属、役職、氏名を通信欄に必ずご記入ください。

お申込後、請求書と受講票をお送り致します。原則開催日の前日までにお振込みください。
お知らせ ※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。


※本講座はWEBセミナーです。


WEBセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。
 ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。