ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  バックオフィス(総務・法務・人事・経理)  バックオフィス(その他)  【税理士・士業専門家のための】全世界共通プログラム「CCIM資格」不動産投資ビジネスと相続実務への活かし方

開催日 2024/07/09 (火) 開催地 東京都

【税理士・士業専門家のための】全世界共通プログラム「CCIM資格」不動産投資ビジネスと相続実務への活かし方

主催 株式会社ファルベ 講師 株式会社ファルベ &nb... 受講料 5,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
不動産投資の先進国である米国で権威ある称号「CCIM」。
その教育プログラムは世界28カ国で受け入れられ、14,000人のCCIMホルダーが活躍中!

CCIM資格とは?なぜ、税理士・士業専門家にCCIMが必要か!
CCIM 公式セミナーは、CCIM Institute(全米認定不動産投資顧問協会)認定の不動産投資に関する詳細な分析手法を学ぶ米国の高度な教育プログラムです。

CCIMは士業➡富裕層向け不動産投資ビジネスのプラチナチケット

相続・税務・会計・法務・建築などの現場で“富裕層ビジネス”“不動産投資”をキーワードにビジネスをより広げたいという士業の皆さんにとって、なぜCCIM(認定商業不動産投資顧問)資格が必要でどう役に立つのか?…という問いにお答えします。
また実際にCCIMを取得した三矢税理士に相続実務への活かし方についても解説していただきます。
  特典
 お知らせ
開催日時 2024/07/09 (火)     13:00~ 15:15     (受付  12:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2024/07/02
主催会社 株式会社ファルベ
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 20名
受講料 5,000円
開講場所 ・会場名: ビジョンセンター浜松町
・住所: 〒105-0013 東京都港区浜松町2-8-14 浜松町TSビルB1F,4F,5F,6F
・交通アクセス:  JR山手線・京浜東北線 「浜松町駅(南口-S5階段・金杉橋方面)」 徒歩3分、都営大江戸線・浅草線 「大門駅(A1出口)」 徒歩5分
講師
株式会社ファルベ 講師写真

株式会社ファルベ

猪俣 淳 氏 講師写真

猪俣 淳 氏  (株式会社アセットビルド 代表取締役)

1984年より、不動産・建築業界に籍を置く実務家。
BSTV「不動産王」コメンテーターをはじめ、「日経マネー」「SPA!」「FPジャーナル」ほか執筆・出演多数。
大手ハウスメーカー、全国紙・地方紙、不動産・建築・相続・会計税務等各協会などの依頼を受け全国で講演。
1. 建築・不動産・賃貸管理・相続・金融・保険等、不動産投資に関連する複数(32)資格保有者
2. 40年間現場経験を積むプロ、
3. 22年間の不動産投資家・大家経験
というそれぞれの立場をもつ、理論と実践を融合した異色の不動産コンサルタントとして活動中。

三矢 清史 氏 講師写真

三矢 清史 氏  (スリーアローズ税理士事務所 税理士)

不動産特化型税理士 1978年生まれ。
「税理士らしくない税理士」をモットーに活躍中。
提案業務に力を入れており、相続税のみならず所得税、法人税も考慮した総合的な節税対策を得意としている。
また日経相続・事業承継フォーラムでは4年連続で講演を担当。 銀行やハウスメーカー主催のセミナーでも講師を務める。
不動産分野を得意としており、税理士初のCRM取得者である。

カリキュラム、
プログラム
1. 相続や事業承継において「不動産投資」の切り口が必要になることありませんか?
2. いわゆる「不動産屋」とは一線を画す二つの資格
3. CCIMとは
4. 人に影響を与える4つのファクター
5. キャップレートの考え方
6. IRRの考え方
7. レバレッジの考え方
8. 投資基礎の考え方
9. 市場分析の考え方
10. テナント側の投資判断にまで視点を広げるCCIM
11. マイホーム購入・賃貸論争に答えを出すCCIM
12. CCIMのビジネスチャンス
13. なぜ税理士・士業専門家にCCIMが必要か
14. 税理士・士業専門家のCCIMの具体的な活かし方
セミナー参加費
支払い方法
事前に指定口座にお振込みいただきます。

※お申込み確認後お送りいたします「受講票」に振込先口座記載しております。

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。