ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  営業・マーケティング  商品開発/マーケティング  「アンケート調査法(アンケートの作成から集計・分析)」

開催日 2018/10/17 (水) 開催地 東京都

ビジネスに活用されるデータに対する実践的な分析能力の獲得を目指します。

「アンケート調査法(アンケートの作成から集計・分析)」

主催 株式会社データサイエンス研究所 講師 伊藤嘉朗 受講料 37,800円

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
セミナーの概要
・アンケートの基本的な作成方法、調査方法の種類及び特徴等、アンケート設計に係わる全般的な知識について学びます。また、調査における集計・分析手法を体系的に解説し、調査結果の集計方法、代表的な分析手法の考え方と分析手順、分析結果の解釈方法について学びます。
より理解を深めていただくために、演習には受講者各自1台ずつPCを用いた実践的な演習を行います。(PCはご用意致します。)

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

本格的なアンケートの設計、アンケート様式に対応した集計及び最適な分析力及び解釈能力


セミナーの対象者はこんな方です

・マーケティングリサーチ、市場調査担当の方
・アンケートの本格的な設計方法について学びたい方
・調査結果の集計及び各種分析手法について学びたい方
・商品企画、商品開発、広告・宣伝の担当者及び管理職の方
 (特に数学の知識は必要ありません。)
  特典
 お知らせ
開催日時 2018/10/17 (水)     10:00~ 17:00     (受付  09:40 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2018/10/15
主催会社 株式会社データサイエンス研究所
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 15名
受講料 37,800円
開講場所 ・会場名: (株)データサイエンス研究所 セミナールーム
・住所: 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-5-5 全国旅館会館B1F
・交通アクセス: 地下鉄 半蔵門線、有楽町線、南北線「永田町駅」4番出口 徒歩2分

セミナー マップ

講師
伊藤嘉朗 講師写真

伊藤嘉朗  (イトウヨシロウ)

株式会社データサイエンス研究所 所長 中央学院大学講師。
日本能率協会、産能大学、早稲田大学エクステンションセンター等講師を歴任。
専門分野は統計学、多変量解析。
数多くの企業・団体において、データ分析に関わる研修及びコンサルティングを実施。

カリキュラム、
プログラム
学習内容・分析事例
 どんなに優れた料理人でも、料理に合った食材を用意できなければ良い料理は作れません。逆にどんなに優れた食材でも調理方法が劣っていれば食材は台無しになってしまいます。
 アンケート調査も、料理と同様です。「どのような結果を得たいのか(示したいのか)」という「目的」を明確にしてから「データ」の収集方法の検討、すなわち、アンケート設計を行います。そして、得られたデータの種類・特徴に最適な集計及び分析方法を選択・実施することにより、目的に合った結果を得ることができます。

1.アンケートとは
 アンケートは見通しもなく行っても有意義な結果は得られません、まずは明確な目的を設定しましょう。

2.分析方法
 分析方法を学んでから、アンケートの設計をしましょう。
アンケートは結果を有効に活用してこそ意味があります。それぞれの分析方法の特徴と何が出来るかについて把握しましょう。
 ・データのまとめ方は4種類(程度を見る、違いを比較する、関係を把握する、グループにまとめる)
 ・「程度をみる」  基礎統計(平均、中央値、最頻値、最大値、最小値、分散、標準偏差)
 ・「違いを比較する」 t検定、カイ二乗検定
 ・「関係を把握する」 積率相関係数、順位相関係数、散布図、回帰分析
 ・「グループにまとめる」 クラスター分析、主成分分析

3.アンケートの種類とデータの種類
 ・質的変数と量的変数
 ・4つの尺度:名義尺度、順序尺度、間隔尺度、比率尺度
 ・データの取得方法:リッカート尺度、SD法、VAS、Yes/No、多肢選択法
 ・質問順の設定

4.アンケート設計の基礎
 回答者への負担をできるだけ少なくするために、より効率的、効果的な構成にする必要があります。
 ・項目の絞り込み、
 ・正しく項目が反映しているかを考える
 ・予備調査の重要性

5.アンケート設計のポイント
 さらに細かいアンケートの設計におけるポイントを説明します。優れたアンケートでも、結果に影響を及ぼしそうな要素は可能な限り事前に排除します。
 ・順序効果
 ・バイアス
 ・ターゲットの設定
 ・交絡効果

6.事例による実践トレーニング
 様々な事例からアンケートの設計、集計・分析方法について実践的に学びます。
 

(セミナーの内容は、受講者の希望・理解度等により変更される場合があります)
セミナー終了後、希望される方には様々なご相談に応じます。
セミナー参加費
支払い方法
・当日は、お名刺またはお名前の分かるもの(免許証等)をご持参の上、お越しください。



<お振込先>

 ・ジャパンネット銀行 すずめ支店

  普通預金 5556340

  (株)データサイエンス研究所



 ・みずほ銀行 赤坂支店

  普通預金 2225317

  (株)データサイエンス研究所



※請求書は原則発行しておりませんが、ご希望の場合は当社迄、請求書宛名、ご送付先をお知らせください。(info@datascience.co.jp)



*受講料のお支払いは、開催前日までにお願

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。