ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  リスクマネジメント  法務/コンプライアンス/契約書  改正民法を踏まえた約款・利用規約見直しのトレンド

開催日 2020/02/28 (金) 開催地 東京都

~データを扱うビジネスで失敗しないための実務上の留意点~

改正民法を踏まえた約款・利用規約見直しのトレンド

主催 レクシスネクシス・ジャパン株式会社 講師 松尾 博憲 氏 受講料 19,800円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
2020年4月1日に民法の一部を改正する法律(改正民法)が施行されます。改正民法では、定型約款に関する規定が新設され、約款・利用規約の実務にも様々な影響を及ぼすことが予想されます。

本セミナーでは、改正民法の定型約款のルールを踏まえて、約款・利用規約に関する実務について、何をどう変えるべきかについて解説します。また、約款・利用規約に関する近時のトピックを紹介し、最新の動向を踏まえた約款・利用規約の見直しにつなげていただけるようにします。
  特典
 お知らせ
開催日時 2020/02/28 (金)     14:00~ 16:30     (受付  13:40 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/02/27
主催会社 レクシスネクシス・ジャパン株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 20名
受講料 19,800円
開講場所 ・会場名: トスラブ山王健保会館 (2階会議室)
・住所: 〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目5−6 トスラブ山王健保会館
・交通アクセス: 地下鉄銀座線・南北線 「溜池山王駅」 10番出口より 徒歩3分 地下鉄千代田線 「赤坂駅」 2番出口より 徒歩5分

セミナー マップ

講師
松尾 博憲 氏 講師写真

松尾 博憲 氏

長島・大野・常松法律事務所 弁護士

2005年弁護士登録(第一東京弁護士会所属)、09年~18年(16年~ 18年は非常勤)、法務省民事局にて勤務し、民法改正法の立案作業を担当。その経験を踏まえ、約款・利用規約・プライバシーポリシーの改訂を含む各企業の民法(債権法)改正対応について数多く助言している。

カリキュラム、
プログラム
1.改正民法の「定型約款」の規定の概要

2.約款・利用規約による契約締結プロセス
  ①約款・利用規約を契約内容とする旨の合意とは
  ②約款・利用規約を顧客に交付することの意味

3.約款・利用規約の内容の表示への対応

4.約款・利用規約中の条項の見直し
  ①消費者契約法と民法の不当条項規制との関係
  ②「当社所定の○○」との条項の位置づけ
  ③個別の条項ごとの留意点(免責条項・サービス提供の一時停止及び中止等)

5.約款・利用規約の変更手続

6.プライバシーポリシーへの影響
  ①プライバシーポリシーは「定型約款」か
  ②プライバシーポリシーへの「同意」のあり方への影響と近時の動向

7.約款・利用規約をめぐる近時のトピック
  ①不当条項を理由とする適格消費者団体の差止請求等
  ②約款・利用規約に関する裁判例の動向(約款の変更の有効性等)
セミナー参加費
支払い方法
※やむを得ずキャンセルされる場合は、開催日の前営業日18時までに、メールにてご連絡を必ずお願いします。開催日当日のキャンセルの場合は、受講料を全額ご請求します。営業日:平日(年末年始除く)

※代理出席も可能です

※お振込み後のキャンセルはお受け出来ません

※受講料はセミナー開催日までにお振込みください

※振込手数料はお客様のご負担にてお願いします

※請求書払いを選択された方へは、受講票送信日から約2週間で請求書を郵送します

※ご請求書払いの場合はセミナー終了後のお振込みも可能です
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。