ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  リスクマネジメント  法務/コンプライアンス/契約書  不祥事の予防・対応に必要なコンプライアンス体制

開催日 2019/10/29 (火) 開催地 東京都

~独占禁止法に関するものを例として~

不祥事の予防・対応に必要なコンプライアンス体制

主催 レクシスネクシス・ジャパン株式会社 講師 川村 宜志 氏 受講料 16,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
不祥事に起因した業績の悪化や株価の下落といった悪影響を防ぐためには、どのようなコンプライアンス体制を構築すべきか、また、万が一不祥事が生じた場合にいかなる対応を採るべきかは、企業にとっての重要課題となっています。

本セミナーにおいては、不祥事の予防・発見に必要なコンプライアンス体制や不祥事が生じた場合の対応について解説します。そのうえで、公正取引委員会による執行が強化されている独占禁止法を例にとり、具体的なコンプライアンス体制と有事の際の対応につきましても、併せてご紹介します。
  特典
開催日時 2019/10/29 (火)     15:00~ 17:00     (受付  14:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/10/28
主催会社 レクシスネクシス・ジャパン株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 50名
受講料 16,500円
開講場所 ・会場名: 牛島総合法律事務所 セミナールーム
・住所: 〒103-0028 東京都千代田区永田町2丁目11−1 山王パークタワー14階
・交通アクセス: 東京メトロ「溜池山王」駅7番出口直結

セミナー マップ

講師
川村 宜志 氏 講師写真

川村 宜志 氏

牛島総合法律事務所 パートナー弁護士

2001年弁護士登録(東京弁護士会)、2006年牛島総合法律事務所入所、2011年同事務所パートナー就任。不祥事対応、代表訴訟を含む会社関連訴訟、独占禁止法に関する当局対応その他の実務経験を踏まえた助言・法的対応等を得意とします。

カリキュラム、
プログラム
1.具体的なコンプライアンス体制を構築するためのポイント
 (1)現代社会における企業不祥事の特徴
 (2)構築すべきコンプライアンス体制の概要

2.不祥事を予防発見するための仕組みとはどのようなものか
 (1)企業トップによる方針の明確化
 (2)コンプライアンスプログラム・マニュアル・規程
 (3)組織の整備・コンプライアンス担当部署等の設置
 (4)コンプライアンス体制の周知・徹底
 (5)内部通報制度・外部からの通報窓口
 (6)監査部門による監査・調査 等

3.不祥事が生じた場合の対応はどのようなことをすればよいか
 (1)不祥事が生じた場合の対応の概要
 (2)初期調査の実施
 (3)本格調査の実施・再発防止策の策定

4.独占禁止法コンプライアンスはどのようなものか
 (1)独占禁止法の執行状況と独占禁止法の令和元年改正の概要
 (2)平時における独占禁止法コンプライアンス体制の要点
 (3)公正取引委員会の立入検査等への対応の要点


※ セミナープログラムは都合により変更の可能性がございます。
セミナー参加費
支払い方法
※やむを得ずキャンセルされる場合は、開催日の前営業日18時までに、メールにてご連絡を必ずお願いします。開催日当日のキャンセルの場合は、受講料を全額ご請求します。営業日:平日(年末年始除く)

※代理出席も可能です

※お振込み後のキャンセルはお受け出来ません

※受講料はセミナー開催日までにお振込みください

※振込手数料はお客様のご負担にてお願いします

※請求書払いを選択された方へは、受講票送信日から約2週間で請求書を郵送します

※ご請求書払いの場合はセミナー終了後のお振込みも可能です
お知らせ ※ 入場に関する重要なお願い
山王パークタワー1階の受付にて入館用の二次元コードをお渡しします。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。