ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  営業・マーケティング  商品開発/マーケティング  自社や他社の商品を活用した新商品のアイデア発想法

開催日 2019/12/10 (火) 開催地 東京都

多角的な視点から多数の新商品のアイデアを発想!

自社や他社の商品を活用した新商品のアイデア発想法

主催 株式会社スカイワード経営研究所 講師 大竹 裕幸 受講料 25,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
  言うまでもありませんが、企業が確実に売上を維持し増やしていくには、顧客・市場に強くアピールできる魅力的な新商品を前広に、継続的に提供していくことが不可欠です。そして、それは一重に、 新商品の元となる優れたアイデアを次々に発想できるかどうかに懸っています。
  しかし、その一方で、 商品開発のご担当者の中には、新商品のアイデアをうまく発想できずに悩んでいる方や、従来の方法では限界があったりマンネリ化して新しい方法を探している方が、おられるのではないでしょうか。そのようなご担当者には、このセミナーを是非お勧めします。
  また、新商品の開発にもっと積極的に取り組むため、効果的なアイデア発想法を導入したい、社員に学ばせたいという 製造業や流通業の会社 にもお勧めです。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

商品開発の目的およびターゲットの分野と顧客・市場に沿って、“ 多角的な視点から、体系的に、簡単・効率的に、多数の新商品のアイデアを発想 ”するスキルを身につけることができます。

セミナーの対象者はこんな方です

 ・ 商品開発のご担当者様、
 ・ 製造業や流通業の会社様、等
  特典
開催日時 2019/12/10 (火)     13:30~ 17:30     (受付  13:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2019/10/29  ~ 2019/12/06
主催会社 株式会社スカイワード経営研究所
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 16名
受講料 25,000円 (テキスト代と消費税込み)
開講場所 ・会場名: ふれあい貸し会議室 八重洲No11
・住所: 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-3-3  加藤ビル2階 
・交通アクセス: JR東京駅八重洲地下街21番出口より徒歩2分
講師
大竹 裕幸 講師写真

大竹 裕幸  (オオタケ ヒロユキ)

㈱スカイワード経営研究所 代表取締役

○ 大学卒業後、大手保険会社に入社し、国際部門、研究部門、財務部門等で勤務。2013年、定年退職。
○ 会社員としての仕事の傍ら、長年に亘って新製品・新サービスのアイデア発想法について調査研究し、独自の体系、方法論、ノウハウからなる『 新製品・新サービスのアイデア発想法 』を考案。  
○ その後、2013年に当社を創業、2014年9月に法人化。そして、同年11月、特許庁の外郭団体・発明推進協会より 『 中小企業のための新製品・サービス開発の極意 』を出版。  
○ 現在、経営の原点とも言える「 新商品・新サービスのアイデア発想 」の分野をコアとして、中堅・中小企業を中心に親身にサポート中。

○ 資格、登録 :
・ 財務省・経済産業省認定 経営革新等支援機関
・ 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の東京支部等にて、「専門的な知見とノウハウを有する生産性向上支援訓練の実施機関」として登録。
カリキュラム、
プログラム
≪当セミナーの特徴≫
【 1 】 アイデア発想の対象とする商品は、「 消費財 」です。「 生産財 」は対象ではありません。
【 2 】 当社のアイデア発想法では、下記のコンセプト図の通り「 顧客ニーズに対応する 」、「 自社のシーズを活かす 」、「 他社のシースを参考にする 」の三つの観点からアプローチします。しかしながら、当セミナーでは、対象のアプローチを2番目と3番目に絞ります。
【 3 】 当セミナーは、「 座学 」、「 一般演習 」、および「 実践 」で構成されます。
  「 座学 」と「 一般演習 」では、予備知識、『 アイデアの壁 』 を乗り越えるための秘訣、当社のアイデア発想法の基本、および 当社独自のノウハウが詰まった 10 の手法について、多数の事例を踏まえながら習得頂きます。(因みに、ご案内します 10 の手法には、ブレインストーミング、マインドマップ、ロジックツリーといった所謂 「 発想技法 」 は含まれていません。)
  その上で、「 実践 」 では、各々の手法毎に、参加者に事前に選定頂いた商品を活かして、新商品のアイデアを実際に発想して頂きます。発想したアイデアは、当セミナーに参加した直接的な成果として御社へお持ち帰り頂きます。(なお、一つの会社から複数名で参加される場合は、ペア/グループを組んで協力し合いながら、アイデアの発想に取り組んで頂くことができます。)
【 4 】 上記の繰り返しになりますが、参加者には、実践を通して新商品のアイデアを実際に発想して、御社へお持ち帰り頂きます。つまり、当セミナーは、「 新商品のアイデア発想法についての研修 」 という観点だけではなく、御社の 「 新商品開発の場 」 としてもご利用頂けるということです。
【 5 】 それに加えて、「 新商品・新サービスのアイデア発想法 」の分野で長年研究を深めてきました当社のセミナーならではの、どのマーケティング論の教科書やビジネス書にも載っていない “ 気づき ” も少なからず得て頂けると思います。

≪当セミナーの内容≫
Ⅰ.アイデア発想のための予備知識   
   1.新商品開発のプロセスとアイデアの発想 
   2.顧客ニーズ      
   3.商品の構造 (コンセプトと属性)
   4.新商品の差別化の視点と方法
Ⅱ.「アイデアの壁」を乗り越えるための10 の秘訣
Ⅲ.自社や他社の商品を活かしたアイデア発想 
1.当社のアイデア発想法の概要と基礎となる手法  【手法1】
2.アイデアの発想   
  (1)特定の言葉からのアプローチ   【手法2】~【手法4】
  (2)個々の切り口からのアプローチ 【手法5】~【手法10】
Ⅳ.補 足  
1.新商品開発の取組みの成果    
2.知的財産権に関する留意事項  
3.大手企業の「新商品のアイデアの源泉」と「PB商品開発」 
4.ロングセラー商品の発想のきっかけ
コンセプト図 セミナー コンセプト

セミナー参加費
支払い方法
受講料は、当日ご持参頂き、受付にてお支払いください。
お知らせ ・ 受講票は発行いたしません
・ 士業や経営コンサルタントの関係者は、参加をご遠慮ください
・ 講義中の録音、撮影、および、パソコンや携帯電話のご使用は堅くお断りいたします

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。